真剣MLBしゃべり場
【MLB】MLBやプロ野球など野球に関する話題を中心に書いていきます【NPB】
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


人気blogランキング

ご協力お願いしますm(_ _)m

人気blogランキング


プロフィール

ばーねっと

Author:ばーねっと

野球好きの大学生です。ニックネームは来年からヤンキースに移籍する2008年アリーグ奪三振王のA.J.バーネットから決めました。

熱心に応援してるチームは特にありませんが、的外れな補強するチームは好きじゃありません。

メールはこちらからどうぞ!


お気に入りに追加


お気に入り選手

A.J.バーネット
ティム・ハドソン
ケン・グリフィー
J.D.ドリュー
ショーン・グリーン
スティーブン・ドリュー


カテゴリー

MLB-総合 (45)
MLB-球団 (60)
MLB-マリナーズ (13)
MLB-選手 (75)
MLB-A.J.バーネット (10)
MLB-T.ハドソン (13)
MLB-J.D.ドリュー (13)
MLB-日本人 (9)
MLB-06オフ (25)
MLB-データ (12)
MLB-PF (40)
NPB-総合 (32)
NPB-その他 (18)
WBC (5)
2006予想 (4)
2007予想 (23)
2008予想 (4)
俺流タイトル (21)
パワプロ風査定 (24)
ファンタジー (11)
未分類 (0)
全ての記事


月別アーカイブ

2009年02月 (2)
2009年01月 (5)
2008年12月 (10)
2008年11月 (7)
2008年10月 (6)
2008年07月 (7)
2008年06月 (9)
2008年05月 (11)
2008年04月 (1)
2008年03月 (8)
2008年01月 (1)
2007年11月 (4)
2007年10月 (7)
2007年09月 (6)
2007年08月 (9)
2007年07月 (14)
2007年06月 (13)
2007年05月 (13)
2007年04月 (19)
2007年03月 (22)
2007年02月 (14)
2007年01月 (26)
2006年12月 (23)
2006年11月 (22)
2006年10月 (17)
2006年09月 (20)
2006年08月 (22)
2006年07月 (17)
2006年06月 (4)
2006年05月 (5)
2006年04月 (3)
2006年03月 (7)
2006年02月 (24)
2006年01月 (30)
全ての記事


ブログ内検索


おすすめサイト(英語)


おすすめサイト(日本語)

MAJOR.JP
Yahoo!プロ野球
NPBオフィシャルサイト
NPB選手会公式HP
プロ野球選手成績
パリーグ予告先発投手
人気blogランキング
メジャーリーグ - ブログ村
FC2ブログランキング
テキトーMLB
管理者ページ


おすすめブログ


2007NPB成績その1

チーム打撃成績(3月)
チーム打撃成績(4月)
チーム打撃成績(5月)
チーム打撃成績(6月)
チーム打撃成績(7月)
チーム打撃成績(8月)
チーム打撃成績(9月)
チーム打撃成績(-4月)
チーム打撃成績(-5月)
チーム打撃成績(-6月)
チーム打撃成績(-7月)
チーム打撃成績(-8月)
チーム打撃成績(-9月)


2007NPB成績その2

チーム投球成績(3月)
チーム投球成績(4月)
チーム投球成績(5月)
チーム投球成績(6月)
チーム投球成績(7月)
チーム投球成績(8月)
チーム投球成績(9月)
チーム投球成績(-4月)
チーム投球成績(-5月)
チーム投球成績(-6月)
チーム投球成績(-7月)
チーム投球成績(-8月)
チーム投球成績(-9月)


2007NPB個人成績

個人打撃成績(-4月)
個人打撃成績(5月)
個人打撃成績(-5月)
個人投球成績(-4月)
個人投球成績(5月)
個人投球成績(-5月)


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


RSSフィード


FC2カウンター


     Since August 29, 2006


QRコード

QRコード



★☆おすすめカテゴリ☆★
  • パークファクター(PF)
    選手を正しく評価するのに必要不可欠なMLB30球団の本拠地のパークファクターをここ10年分掲載。しかもロードゲームでの有利不利も考慮しているというスグレモノww

  • 2008年のデータも公開中ア東ア中ア西ナ東ナ中ナ西

【2007/09/17 15:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | おすすめデータ
FC2ブログランキング  人気blogランキング  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 Permalink | Edit | スポンサー広告
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

プロ野球レポート-パリーグ編~レギュラーシーズン終了~
パリーグ順位表
試合勝利敗北引分勝率ゲーム差得点失点打率本塁打四死球OPS防御率
日本ハム13682540.603---567452.269135383.7413.05
西武13680542.5971.0645556.275131494.7633.64
ソフトバンク13675565.5734.5553472.25982453.6973.13
ロッテ13665701.48116.5502562.252111436.6973.78
オリックス13652813.39128.5481570.253106397.6823.84
楽天13647854.35633.0452651.25867426.6754.30

開幕前はロッテ、ソフトバンク、西武の3チームが優勝を争い、日本ハム、オリックスが4位争い、楽天がダントツの最下位になると予想してたけど、結果的には4位予想の日本ハムが1位、1位予想のロッテが4位。MLBと違ってプロ野球は予想するのが難しい・・・。

レギュラーシーズン1位通過を果たした日本ハムは交流戦が終わってから強さを発揮。それまでは好調な投手陣に対して打線は平均得点でリーグ4位タイと低調だったけど、リーグ戦再開以降は平均4.63得点と打線も好調に。投打が噛み合うとやっぱり強い、交流戦が終わってからの65試合で46勝19敗、勝率.708と驚異的な強さを誇り最終的には1位に輝きました。

投手陣はソフトバンク斉藤、西武松坂のような超大物はいないものの、一軍投手ほぼ全員が活躍し総合力で防御率トップを勝ち取りました。そんな投手陣とは対照的に打線は小笠原、セギノール、稲葉の強力クリーンアップが長打を連発。ホームラン数では小笠原がリーグトップ、セギノールと稲葉が5位タイにランクインし3人合わせて84本塁打。これはリーグ全体の13%となる数字でソフトバンクの本塁打数(82本)をも上回ってます。

西武は得点数ではダントツのトップ。2年目の片岡、移籍の福地、キャプテン赤田が活躍するなどで抜け目の無い打線が出来上がり、中島がケガで離脱していた間もその穴を感じさせず、シーズンを通して得点力は高いレベルにありました。一方、防御率はリーグ3位ながらも他の上位2チームとは大きな差が。球場差もあるから仕方ない部分もあるけど、投手陣全体として層が薄いことも大きな要因です。

ソフトバンクの敗因はずばり破壊力不足。ズレータが29本塁打を放つも、昨年46本で本塁打王に輝いた松中が27本マイナスで19本に。ボール球中心の攻めで甘い球が少なかったのは事実ですがチームとしてはもう少しパワーを発揮して欲しかったところ。2桁本塁打はこの2人だけでチーム本塁打は82本、城島の抜けた穴は大きかったようです。しかし、得点を比べてみると日本ハムよりわずか14点少ないだけでチームOPSが同じ.697のロッテより51点多く、効率の良さという点では合格。投手陣は若手先発陣を中心に実力のある選手が揃ってるので、強打者を獲得したら一気に強くなる気が・・・。

優勝予想に挙げたロッテは交流戦で2年連続の優勝を果たすなど、交流戦が終了した時点では41勝30敗で2位西武に1ゲーム差をつけて首位。このまま今年も優勝かと思われましたが、リーグ戦が再開すると5連敗。7月からは3ヶ月連続負け越しで気がつけば12球団でいち早く順位が決定する文句なしの4位ww去年3割をマークしたサブロー、フランコ、堀、今江が大きく成績を落とし、この4人の合計打率は.247・・・。渡辺俊介の不振も予想外でした。

交流戦が始まる前までは18勝16敗とまずまずも、交流戦で最下位(12勝24敗)に沈むと、その後も沈みっぱなし。合併して好きな選手半分取っただけでなくオフに中村、清原、セラフィニに6億円強も投資したくせに、残りの選手でスタートした楽天に2年後には4ゲーム差とは・・・。

創設2年目の東北楽天は連続最下位も勝率自体は.075アップ、5位が見えた時期もありました。投手陣は一場の成長、福盛の爆発、小倉の復活などがあり、防御率は大幅に改善。リーグ平均4.06に対して5.67だったのが同3.62に対し4.30に。打線は3割バッターを4人輩出したもののフェルナンデスと山崎武を除く選手では、3668打数で18本塁打、選手別でも磯部とリックの4本塁打が最高と長打力は全くありませんでした。カツノリ引退はプラスも大きな補強無しでは来期も厳しそうです。

リーグ全体の傾向としてはかなり投高打低なシーズンだったといえます。1試合あたりにチームが打った本塁打が0.775本というのは1966年以来の低水準でここ40年の間では最も本塁打の少なかったシーズンとなりました。投手戦が好きな俺としてはこの傾向が今後も続くことを願ってます。参考までにここ8年間のホームラン数の表をどうぞ。

最近8年間のパリーグの得点、本塁打数の推移
19992000200120022003200420052006
平均得点4.2814.8004.7243.9815.0125.1244.4583.922
平均本塁打0.9100.9301.2151.0351.1901.1531.0130.775
スポンサーサイト


【2006/10/01 17:04】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | NPB-総合
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する




この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
⇒http://burnett34.blog49.fc2.com/tb.php/83-f634a788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。