真剣MLBしゃべり場
【MLB】MLBやプロ野球など野球に関する話題を中心に書いていきます【NPB】
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


人気blogランキング

ご協力お願いしますm(_ _)m

人気blogランキング


プロフィール

ばーねっと

Author:ばーねっと

野球好きの大学生です。ニックネームは来年からヤンキースに移籍する2008年アリーグ奪三振王のA.J.バーネットから決めました。

熱心に応援してるチームは特にありませんが、的外れな補強するチームは好きじゃありません。

メールはこちらからどうぞ!


お気に入りに追加


お気に入り選手

A.J.バーネット
ティム・ハドソン
ケン・グリフィー
J.D.ドリュー
ショーン・グリーン
スティーブン・ドリュー


カテゴリー

MLB-総合 (45)
MLB-球団 (60)
MLB-マリナーズ (13)
MLB-選手 (75)
MLB-A.J.バーネット (10)
MLB-T.ハドソン (13)
MLB-J.D.ドリュー (13)
MLB-日本人 (9)
MLB-06オフ (25)
MLB-データ (12)
MLB-PF (40)
NPB-総合 (32)
NPB-その他 (18)
WBC (5)
2006予想 (4)
2007予想 (23)
2008予想 (4)
俺流タイトル (21)
パワプロ風査定 (24)
ファンタジー (11)
未分類 (0)
全ての記事


月別アーカイブ

2009年02月 (2)
2009年01月 (5)
2008年12月 (10)
2008年11月 (7)
2008年10月 (6)
2008年07月 (7)
2008年06月 (9)
2008年05月 (11)
2008年04月 (1)
2008年03月 (8)
2008年01月 (1)
2007年11月 (4)
2007年10月 (7)
2007年09月 (6)
2007年08月 (9)
2007年07月 (14)
2007年06月 (13)
2007年05月 (13)
2007年04月 (19)
2007年03月 (22)
2007年02月 (14)
2007年01月 (26)
2006年12月 (23)
2006年11月 (22)
2006年10月 (17)
2006年09月 (20)
2006年08月 (22)
2006年07月 (17)
2006年06月 (4)
2006年05月 (5)
2006年04月 (3)
2006年03月 (7)
2006年02月 (24)
2006年01月 (30)
全ての記事


ブログ内検索


おすすめサイト(英語)


おすすめサイト(日本語)

MAJOR.JP
Yahoo!プロ野球
NPBオフィシャルサイト
NPB選手会公式HP
プロ野球選手成績
パリーグ予告先発投手
人気blogランキング
メジャーリーグ - ブログ村
FC2ブログランキング
テキトーMLB
管理者ページ


おすすめブログ


2007NPB成績その1

チーム打撃成績(3月)
チーム打撃成績(4月)
チーム打撃成績(5月)
チーム打撃成績(6月)
チーム打撃成績(7月)
チーム打撃成績(8月)
チーム打撃成績(9月)
チーム打撃成績(-4月)
チーム打撃成績(-5月)
チーム打撃成績(-6月)
チーム打撃成績(-7月)
チーム打撃成績(-8月)
チーム打撃成績(-9月)


2007NPB成績その2

チーム投球成績(3月)
チーム投球成績(4月)
チーム投球成績(5月)
チーム投球成績(6月)
チーム投球成績(7月)
チーム投球成績(8月)
チーム投球成績(9月)
チーム投球成績(-4月)
チーム投球成績(-5月)
チーム投球成績(-6月)
チーム投球成績(-7月)
チーム投球成績(-8月)
チーム投球成績(-9月)


2007NPB個人成績

個人打撃成績(-4月)
個人打撃成績(5月)
個人打撃成績(-5月)
個人投球成績(-4月)
個人投球成績(5月)
個人投球成績(-5月)


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


RSSフィード


FC2カウンター


     Since August 29, 2006


QRコード

QRコード



★☆おすすめカテゴリ☆★
  • パークファクター(PF)
    選手を正しく評価するのに必要不可欠なMLB30球団の本拠地のパークファクターをここ10年分掲載。しかもロードゲームでの有利不利も考慮しているというスグレモノww

  • 2008年のデータも公開中ア東ア中ア西ナ東ナ中ナ西

【2007/09/17 15:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | おすすめデータ
FC2ブログランキング  人気blogランキング  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 Permalink | Edit | スポンサー広告
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

超俺流タイトル発表~ナリーグベストナイン~
さて超俺流ベストナイン、アリーグ編に続いてナリーグ編です。ローカルルールなどはアリーグ編で書いてあります。

●先発投手・・・ブランドン・ウェッブ(ARI)
シーズン最終登板で打ち込まれ惜しくも防御率トップを逃してしまいましたが、それでもアリゾナを本拠地としてる事を考えれば僅かな差ではありますがウェッブがトップでしょう。ちなみに次点はイニング数でトップのアローヨ、昨年のサイヤング賞投手カーペンターを抑えてオースワルトを選出。3年連続20勝は逃したものの終盤の追い込みで防御率のタイトルを獲得。
次点・・・ロイ・オースワルト(HOU)

●救援投手・・・斉藤隆(LAD)
ホフマンでもワグナーでもなく斉藤を選出。ホフマンはセーブ数こそ多いものの1イニング限定の登板がほとんどでチームのピンチを幾度となく救った斉藤の貢献度には及びません。ドジャースのプレーオフ進出に大きく貢献したのは間違いないでしょう。
次点・・・トレバー・ホフマン(SD)

●捕手・・・ブライアン・マッキャン(ATL)
圧倒的な攻撃力でマッキャンが受賞。ディフェンス面に課題が残りますが、打率.333、24本塁打、OPS.961は素晴らしいの一言。ピアザに次ぐ攻撃型捕手となれるか?ちなみに規定打席に到達してるのはロデューカだけでした。
次点・・・ポール・ロデューカ(NYM)

●一塁手・・・アルバート・プホルス(STL)
ハワードが本塁打を連発したとはいえここはプホルスに決まりでしょう。得点圏での驚異的な成績(打率.397、長打率.802)にも象徴されるようにチャンスで滅法強く、ここぞというところでチームを救ったのはいつもプホルスでした。それに球場を考えるとハワードの本塁打数は約10%マイナス(ここ3年間の本塁打のパークファクターは1.21)して考えなければなりません。守備力も差があります。
次点・・・ライアン・ハワード(PHI)

●二塁手・・・チェイス・アトリー(PHI)
3割30本塁打100打点100得点。二塁手としてこれだけ打てば打者天国を本拠地としている事、守備がイマイチな事をマイナスしても余裕です。ゴールドグラブを獲りそうなオーランド・ハドソンはアリゾナ効果もあってか打撃面でもキャリアハイを記録する活躍。
次点・・・オーランド・ハドソン(ARI)

●三塁手・・・デビット・ライト(NYM)
カブレラ、ローレン、アトキンス、アラミス・ラミレスと実力者が5人もいて激戦。迷いに迷いましたが、ここはライトの勝負強さを評価。カブレラは守備力の低さが、ローレンは出場数の少なさがネック。
次点・・・ミゲール・カブレラ(FLA)

●遊撃手・・・ラファエル・ファーカル(LAD)
シーズン序盤は打てないしエラー連発するしで期待を裏切ったけど、シーズンが進むに連れて上り調子に。終わってみれば自身初の打率3割を達成。守備では相変わらずエラーは多いものの守備範囲の広さとメジャー屈指の強肩で度々ファインプレーを披露。盗塁王のレイエス、新人のヘンリー・ラミレス、25本塁打のロリンズの3人も甲乙つけ難い活躍。
次点・・・ホセ・レイエス(NYM)、ヘンリー・ラミレス(FLA)

●左翼手・・・ジェイソン・ベイ(PIT)
40-40を達成したソリアーノは11失策17盗塁死と粗さが目立つので、ここは総合力で勝るベイで。ホリデーも素晴らしい成績ですが、クアーズの恩恵を差し引くと守備でアドバンテージがあるわけでもないのでこの2人には及びません。
次点・・・アルフォンソ・ソリアーノ(WAS)

●中堅手・・・カルロス・ベルトラン(NYM)
9月に入って数字を落としたもののそれまではMVP級の活躍。アンドリューは去年と違ってチャンスでは打てたもののOPSでベルトランに完敗。それに毎年ゴールドグラブを受賞してるけど若い時に比べたら体重増によるスピードダウンは明白。どう考えても過大評価されてると思います。球場差を考慮するとアンドリューとOPSでほぼ同等となるキャメロンは一歩及ばず。
次点・・・アンドリュー・ジョーンズ(ATL)

●右翼手・・・J.D.ドリュー(LAD)
期待通りの活躍とはいかなかったドリューさんでしたが他に良い選手がいないので消去法でのラッキー受賞wwといってもOPSも.891まで持ち直したし守備も上手いから良い選手なのは確かです。高い出塁率、少ない併殺打というようにアウトにならない能力は抜群で、得意のRC27(ある選手が9人いたら何点入るかの推定値)ではソリアーノやライトを上回りました。
次点・・・ブラッド・ホープ(COL)
・・・というわけで
 2006ナショナルリーグベストナイン
先発投手 ブランドン・ウェッブ  ARI
救援投手 斉藤隆         LAD
捕手   ブライアン・マッキャン ATL
一塁手  アルバート・プホルス  STL
二塁手  チェイス・アトリー   PHI
三塁手  デビット・ライト    NYM
遊撃手  ラファエル・ファーカル LAD
左翼手  ジェイソン・ベイ    PIT
中堅手  カルロス・ベルトラン  NYM
右翼手  J.D.ドリュー    LAD
この中で最もサプライズなのは斉藤です。マイナー契約だったのにここまで活躍するとは・・・斉藤は日本での最後の数年はそれほど活躍してたわけでないのに。横浜を自由契約になった大家もそれなりに活躍してるし日本人投手の優秀さ、新人投手は有利なことがわかります。来シーズンからMLBに移籍しそうな松坂も相当活躍しそう・・・。
スポンサーサイト


【2006/10/13 08:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | 俺流タイトル
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する




この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
⇒http://burnett34.blog49.fc2.com/tb.php/80-f4ff9f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。