真剣MLBしゃべり場
【MLB】MLBやプロ野球など野球に関する話題を中心に書いていきます【NPB】
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


人気blogランキング

ご協力お願いしますm(_ _)m

人気blogランキング


プロフィール

ばーねっと

Author:ばーねっと

野球好きの大学生です。ニックネームは来年からヤンキースに移籍する2008年アリーグ奪三振王のA.J.バーネットから決めました。

熱心に応援してるチームは特にありませんが、的外れな補強するチームは好きじゃありません。

メールはこちらからどうぞ!


お気に入りに追加


お気に入り選手

A.J.バーネット
ティム・ハドソン
ケン・グリフィー
J.D.ドリュー
ショーン・グリーン
スティーブン・ドリュー


カテゴリー

MLB-総合 (45)
MLB-球団 (60)
MLB-マリナーズ (13)
MLB-選手 (75)
MLB-A.J.バーネット (10)
MLB-T.ハドソン (13)
MLB-J.D.ドリュー (13)
MLB-日本人 (9)
MLB-06オフ (25)
MLB-データ (12)
MLB-PF (40)
NPB-総合 (32)
NPB-その他 (18)
WBC (5)
2006予想 (4)
2007予想 (23)
2008予想 (4)
俺流タイトル (21)
パワプロ風査定 (24)
ファンタジー (11)
未分類 (0)
全ての記事


月別アーカイブ

2009年02月 (2)
2009年01月 (5)
2008年12月 (10)
2008年11月 (7)
2008年10月 (6)
2008年07月 (7)
2008年06月 (9)
2008年05月 (11)
2008年04月 (1)
2008年03月 (8)
2008年01月 (1)
2007年11月 (4)
2007年10月 (7)
2007年09月 (6)
2007年08月 (9)
2007年07月 (14)
2007年06月 (13)
2007年05月 (13)
2007年04月 (19)
2007年03月 (22)
2007年02月 (14)
2007年01月 (26)
2006年12月 (23)
2006年11月 (22)
2006年10月 (17)
2006年09月 (20)
2006年08月 (22)
2006年07月 (17)
2006年06月 (4)
2006年05月 (5)
2006年04月 (3)
2006年03月 (7)
2006年02月 (24)
2006年01月 (30)
全ての記事


ブログ内検索


おすすめサイト(英語)


おすすめサイト(日本語)

MAJOR.JP
Yahoo!プロ野球
NPBオフィシャルサイト
NPB選手会公式HP
プロ野球選手成績
パリーグ予告先発投手
人気blogランキング
メジャーリーグ - ブログ村
FC2ブログランキング
テキトーMLB
管理者ページ


おすすめブログ


2007NPB成績その1

チーム打撃成績(3月)
チーム打撃成績(4月)
チーム打撃成績(5月)
チーム打撃成績(6月)
チーム打撃成績(7月)
チーム打撃成績(8月)
チーム打撃成績(9月)
チーム打撃成績(-4月)
チーム打撃成績(-5月)
チーム打撃成績(-6月)
チーム打撃成績(-7月)
チーム打撃成績(-8月)
チーム打撃成績(-9月)


2007NPB成績その2

チーム投球成績(3月)
チーム投球成績(4月)
チーム投球成績(5月)
チーム投球成績(6月)
チーム投球成績(7月)
チーム投球成績(8月)
チーム投球成績(9月)
チーム投球成績(-4月)
チーム投球成績(-5月)
チーム投球成績(-6月)
チーム投球成績(-7月)
チーム投球成績(-8月)
チーム投球成績(-9月)


2007NPB個人成績

個人打撃成績(-4月)
個人打撃成績(5月)
個人打撃成績(-5月)
個人投球成績(-4月)
個人投球成績(5月)
個人投球成績(-5月)


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


RSSフィード


FC2カウンター


     Since August 29, 2006


QRコード

QRコード



★☆おすすめカテゴリ☆★
  • パークファクター(PF)
    選手を正しく評価するのに必要不可欠なMLB30球団の本拠地のパークファクターをここ10年分掲載。しかもロードゲームでの有利不利も考慮しているというスグレモノww

  • 2008年のデータも公開中ア東ア中ア西ナ東ナ中ナ西

【2007/09/17 15:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | おすすめデータ
FC2ブログランキング  人気blogランキング  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 Permalink | Edit | スポンサー広告
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

MLB2006予想~ナショナルリーグ~
はいっ、続いてナリーグです。俺の好きな選手はナリーグの方が多い気がします。テレビ中継が少なくて残念ですが。

2006ナショナルリーグ順位予想
東地区中地区西地区
ブレーブスカージナルスドジャース
メッツブリュワーズジャイアンツ
フィリーズアストロズパドレス
ナショナルズレッズDバックス
マーリンズカブスロッキーズ
パイレーツ

ナリーグ順位予想でのポイントは・・・ずばりブリュワーズです。ブリュワーズを2位に推してる人はレアなんじゃないかな。4位にレッズ、5位にカブスってのもレアですね。

ナリーグも各チームごとに予想してみました・東地区

15年連続地区優勝を狙うブレーブス。
ファーカルが抜けてレンテリアが加入した遊撃以外はほぼ同じ顔ぶれ。フランコの抜けた穴はラローチのフル出場で、エストラーダの抜けた穴はマッキャン、アンドリューが爆発しない分はチッパーの試合数アップ、ソーサが爆発しない分はハドソンが真価を発揮してカバー。ハンプトン、ファインズワースの抜けた穴は・・・デバインの成長でカバーできるか??メッツが積極的に補強して戦力アップしてるだけにここ最近では最も厳しい年になりそう。

毎年大型補強もいつも失敗、メッツ。
昨年OPSリーグ3位のデルガドを獲得したのは大きい。これで不振だったベルトランが復調すればデルガド、フロイド、ライトと組む中軸はかなりの破壊力になる。ただ1番レイエスの出塁率。去年のようにちょうど3割ではリードオフ失格。対照的にベンソン、ソを放出した先発投手陣は疑問符がつく。リリーフ陣が良いわけではないので、ペドロの故障が頻発するようだと地区優勝は厳しい。

得点力はリーグトップの可能性も、フィリーズ。
リーグ2位の得点力を誇った打線はトーミが抜けロワンドが加入した。しかしトーミの抜けた穴は躍進中のハワードでカバーできる、むしろトーミは去年怪我でほとんど活躍してなかったのでハワードが開幕から出場する今シーズンはさらなる得点力をも見込める。が、こちらもメッツ同様投手陣が課題。マイヤーズが去年同様の活躍をし先発5番手がしっかり固定できればチャンスあり。

4位が確定的、ナショナルズ。
リーグ最下位の639得点だった打線はウィルソン、ウィルカーソンが抜けソリアーノが加入。そのソリアーノはレフトの守備で苦労するのはもちろん、期待された打撃でも期待外れに終わりそう。打者天国から投手天国に移籍した今シーズンは打率.260、25本塁打程度に終わる可能性も高い。投手陣もローアイザが退団、ローレンスとアヤラが故障と災難続き。昨シーズン達成した勝率.500が現実的な目標。

ただいま再建中、マーリンズ。
最下位はほぼ確実。100敗も有り得る。ウィリス、カブレラと期待の若手選手たちが見もの。どんなに良くても地区4位か。


・中地区

2年連続100勝中のカージナルス。
主力が何人か抜け確実に戦力ダウンもローレンが怪我から復帰しプホルス、エドモンズと組む中軸はトップクラスの破壊力を持つ。カーペンターが去年ほど活躍しなくても契約最終年で期待できるマルダーがいる。3年連続100勝は無理としても強力なライバルがいないこの地区では本命。

若手の成長が期待できるブリュワーズ。
得点でリーグ6位、防御率でリーグ5位も勝率5割に終わった原因はリーグ最低の守備率、失策数だった。その課題の守備力は、復活が期待できるコスキーだけでは物足りないかもしれない。しかし、ハーディやウィークスといった若手の成長、オーバーベイ放出を決断させたフィルダーの台頭も期待できるし、先発陣はカプアーノ、ブッシュ次第ではリーグトップクラスともなり得る。そうなるとカージナルスも弱体化しており地区優勝もある。

先発のコマ数に疑問、アストロズ。
ウィルソンが加入で課題の打線はパワーアップも、クレメンスの退団で投手力はダウン。さらに自己最高の成績をマークしたペティットの成績ダウンも予想される。開幕投手オースワルトの3年連続20勝に期待。

最高の打線に最低の投手陣、レッズ。
グリフィーがシーズンを通して健康を維持し完全復活を果たせば、大砲ダンと合わせて90本塁打も不可能ではない。さらにオープン戦好調の期待の若手エンカーナシオン三塁手が活躍し、カーンズがペーニャの穴を埋め、ミルトンがもうちょっとマシな投球をすれば面白い。さすがに優勝は無いかもしれないが3位くらいなら狙える。なんだかんだ言っても勝つには打ちまくるしか道は無い。

リーの去就が気になるカブス。
プライアーは故障が無ければエース級も今年もDLスタートで大きな期待は出来ない。マダックスも完全に衰え、計算できるのはザンブラーノのみ。首位打者のリーも去年ほどの活躍はさすがに厳しい。今年も低出塁率に泣きそう。

オフの補強が評価できないパイレーツ。
ケーシーにバーニッツを獲得でクレイグ・ウィルソンを控えにする意味はあるのか?チームの顔ベイ以外は小粒ぞろいで厳しい戦いが予想される。先発のデュークに注目。


・西地区

03年レッドソックスメンバーが目立つドジャース。
ファーカル、ガルシアパーラ、ミラー、バイエズなど今オフは積極的な補強が目立った。しかし、去年の低迷は主力に故障が相次いだためで、例え補強しなくても彼らが戻ってくれば十分戦える戦力だった。エース級が不在な先発陣、ガニエとバイエズしか実績がある投手がいないリリーフ陣と投手陣はイマイチなのは間違いない。それでも健康ならMVP級の働きが期待できるドリューの復帰、ファーカルの獲得など野手陣は明るい話題が多い。それにどの選手もある程度の攻撃力があるのが大きい。同地区に強いチームがいないのもラッキー。

全てはボンズ次第のジャイアンツ。
チームの得点力はボンズがどの程度試合に出れるかにかかってるといっても過言ではない。他ではジャイアンツ移籍後大爆発したウィンに注目。投手陣は故障に泣いたシュミット、新加入のモリスのベテラン組にロウリー、ケインと楽しみな若手が続く。リリーフは平均レベル。ボンズが健康なら優勝候補の筆頭。

去年は貯金2で地区優勝のパドレス。
広大な守備範囲を誇るキャメロンの加入は大きい。また打撃でも打率は低いがOPSはそこそこ。レンジャーズより遥かに投手向きのパドレスに入団したクリス・ヤングは注目。WBCで活躍した朴が結果を出せれば、ドジャースに近づける。

借金が心配、ダイヤモンドバックス。
何と言っても投手力が弱すぎる。頼れるのがウェッブ、バルベアデのみ。野手陣も大きな弱点こそ無いものの全体的にイマイチという印象は拭えない。

本拠地はマイルハイなロッキーズ。
今年もヘルトンと残りの24人という構図は変わらない。そのヘルトンもここ数年は徐々に成績が落ちてきている。最下位脱出が現実的な目標。
スポンサーサイト


【2006/04/02 17:35】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | 2006予想
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する




この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
⇒http://burnett34.blog49.fc2.com/tb.php/48-faa3d321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。