真剣MLBしゃべり場
【MLB】MLBやプロ野球など野球に関する話題を中心に書いていきます【NPB】
カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


人気blogランキング

ご協力お願いしますm(_ _)m

人気blogランキング


プロフィール

ばーねっと

Author:ばーねっと

野球好きの大学生です。ニックネームは来年からヤンキースに移籍する2008年アリーグ奪三振王のA.J.バーネットから決めました。

熱心に応援してるチームは特にありませんが、的外れな補強するチームは好きじゃありません。

メールはこちらからどうぞ!


お気に入りに追加


お気に入り選手

A.J.バーネット
ティム・ハドソン
ケン・グリフィー
J.D.ドリュー
ショーン・グリーン
スティーブン・ドリュー


カテゴリー

MLB-総合 (45)
MLB-球団 (60)
MLB-マリナーズ (13)
MLB-選手 (75)
MLB-A.J.バーネット (10)
MLB-T.ハドソン (13)
MLB-J.D.ドリュー (13)
MLB-日本人 (9)
MLB-06オフ (25)
MLB-データ (12)
MLB-PF (40)
NPB-総合 (32)
NPB-その他 (18)
WBC (5)
2006予想 (4)
2007予想 (23)
2008予想 (4)
俺流タイトル (21)
パワプロ風査定 (24)
ファンタジー (11)
未分類 (0)
全ての記事


月別アーカイブ

2009年02月 (2)
2009年01月 (5)
2008年12月 (10)
2008年11月 (7)
2008年10月 (6)
2008年07月 (7)
2008年06月 (9)
2008年05月 (11)
2008年04月 (1)
2008年03月 (8)
2008年01月 (1)
2007年11月 (4)
2007年10月 (7)
2007年09月 (6)
2007年08月 (9)
2007年07月 (14)
2007年06月 (13)
2007年05月 (13)
2007年04月 (19)
2007年03月 (22)
2007年02月 (14)
2007年01月 (26)
2006年12月 (23)
2006年11月 (22)
2006年10月 (17)
2006年09月 (20)
2006年08月 (22)
2006年07月 (17)
2006年06月 (4)
2006年05月 (5)
2006年04月 (3)
2006年03月 (7)
2006年02月 (24)
2006年01月 (30)
全ての記事


ブログ内検索


おすすめサイト(英語)


おすすめサイト(日本語)

MAJOR.JP
Yahoo!プロ野球
NPBオフィシャルサイト
NPB選手会公式HP
プロ野球選手成績
パリーグ予告先発投手
人気blogランキング
メジャーリーグ - ブログ村
FC2ブログランキング
テキトーMLB
管理者ページ


おすすめブログ


2007NPB成績その1

チーム打撃成績(3月)
チーム打撃成績(4月)
チーム打撃成績(5月)
チーム打撃成績(6月)
チーム打撃成績(7月)
チーム打撃成績(8月)
チーム打撃成績(9月)
チーム打撃成績(-4月)
チーム打撃成績(-5月)
チーム打撃成績(-6月)
チーム打撃成績(-7月)
チーム打撃成績(-8月)
チーム打撃成績(-9月)


2007NPB成績その2

チーム投球成績(3月)
チーム投球成績(4月)
チーム投球成績(5月)
チーム投球成績(6月)
チーム投球成績(7月)
チーム投球成績(8月)
チーム投球成績(9月)
チーム投球成績(-4月)
チーム投球成績(-5月)
チーム投球成績(-6月)
チーム投球成績(-7月)
チーム投球成績(-8月)
チーム投球成績(-9月)


2007NPB個人成績

個人打撃成績(-4月)
個人打撃成績(5月)
個人打撃成績(-5月)
個人投球成績(-4月)
個人投球成績(5月)
個人投球成績(-5月)


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


RSSフィード


FC2カウンター


     Since August 29, 2006


QRコード

QRコード



★☆おすすめカテゴリ☆★
  • パークファクター(PF)
    選手を正しく評価するのに必要不可欠なMLB30球団の本拠地のパークファクターをここ10年分掲載。しかもロードゲームでの有利不利も考慮しているというスグレモノww

  • 2008年のデータも公開中ア東ア中ア西ナ東ナ中ナ西

【2007/09/17 15:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | おすすめデータ
FC2ブログランキング  人気blogランキング  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008年05月 - 記事一覧
 スポンサーサイト 
2008/05/25   マリナーズ、先発陣が崩壊で今月3度目の5連敗 
2008/05/24   S.ドリュー、ついにブレイクの予感! 
2008/05/22   2008ファンタジーベースボール~A.J.バーネット獲得!~ 
2008/05/18   マーリンズ、H.ラミレスと6年契約!! 
2008/05/17   アリーグだけ何故か投高打低 
2008/05/16   もうすぐインターリーグ、今年もアリーグ優勢!? 
2008/05/11   2008ファンタジーベースボール~トレード成立~  
2008/05/10   ハラディ、18試合ぶりに7イニング投げきれずに降板 
2008/05/06   ミスター完投、ロイ・ハラディ!270イニング突破の可能性も!? 
2008/05/05   2008ファンタジーベースボール~5月3日終了時点~ 
2008/05/04   ハドソン、3安打完封勝利!! 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 Permalink | Edit | スポンサー広告
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

マリナーズ、先発陣が崩壊で今月3度目の5連敗
去年は88勝74敗という2003年以来の好成績を残したマリナーズ。ただ得点はリーグ7位と本拠地を考慮すると悪くはなかったものの、防御率はリーグ10位、特に先発陣の防御率はリーグ12位(ワースト3位)の5.16と問題があるのは明らかでした。

そんな2007シーズンを振り返って、球団はオフシーズンに入ると、オリオールズからリリーフ左腕G.シェリル+有望株A.ジョーンズらとの交換でE.ベダードを、FA市場からは球団史上投手最高額となる4年4800万ドルでC.シルバを獲得。E.ベダード(13-5、3.16)、F.ヘルナンデス(14-7、3.92)、M.バティスタ(16-11、4.29)、C.シルバ(13-14、4.19)、J.ウォッシュバーン(10-15、4.32)というローテーションを形成。

打率.290/23本塁打/99打点をマークしたJ.ギーエンが抜けた野手陣、73試合に登板し防御率2.36/WHIP0.99をマークしたJ.シェリルが抜けたリリーフ投手陣は去年に劣るとみられていましたが、オフの補強で逆にチームの強みとなった先発投手陣でそのマイナス分を補っても十分おつりが来るはずでした。

その先発投手陣、3,4月は開幕投手を務めたベダードがケガの影響で3試合にしか先発できなかったものの、ヘルナンデス&シルバの活躍もあって先発陣の防御率はリーグ2位の3.65と期待通りのスタートを切りました。

5月のマリナーズ先発投手陣
PitcherGSIPRERERAWL
E.Bedard528.122206.3513
F.Hernandez422.215145.5603
M.Batista523.021207.8313
C.Silva526.128268.8904
J.Washburn313.1191912.8312
Total22113.2105997.84315
しかし・・・5月になってからはその自慢の先発投手陣が崩壊。5月のマリナーズ先発投手陣は22試合で防御率7.84とどうしようもない状態

先発がここまで打ち込まれると当然勝てません。今日もヤンキース相手に12失点と大量失点し5連敗。5連敗は今月早くも3回目。5月のチーム成績も5勝18敗と大きく負け越し早くもペナントレース脱落かという感じです。
スポンサーサイト


【2008/05/25 20:08】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(4) | MLB-マリナーズ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

S.ドリュー、ついにブレイクの予感!
スティーブン・ドリューが調子を上げてきました。
シーズンの約30%が終了した現時点で打率.288/7本塁打/OPS.883となかなかの成績。

下表は、詳しい打撃成績と、このペースでシーズンを終えた成績です。

S.ドリューの打撃成績(5月23日終了時点)
SplitsGGSPAABRH2B3BHRRBIBBSODPAVGOBPSLGOPS
Season4342179163284711572012273.288.337.546.883
Projected1451426045509515937172468419110.288.338.545.883

この活躍はブレイクの前兆か?ただの偶然なのか?

2007年レギュラーシーズンでは月別のOPSを見ても9月の.759が最高(ポストシーズンでは7試合で打率.387/2本塁打/出塁率.406/長打率.677)なので、少なくても去年よりは大幅な成績アップが見込めそうです。

このペースだと打率.288/24本塁打/長打率.545ながら68打点ペースと少なめですが、これはここまでランナーを置いた場面であまり打ててない事が原因と考えられます。ランナーを置いた場面での打撃に関しては、4月は得点圏で打率.150/長打率.250と全く打てなかったのに対して、5月に入ってからは3ランホームランを2本マークするなど得点圏で打率.389/長打率.778。4月は25試合で8打点だったのが、5月の18試合では12打点を記録。チームの平均得点が5.89→4.35と26%もダウンしてる事を考えると、大幅なペースアップと言えます。

ただ、5月に入ってからは2番を打つことが多く、4月序盤に打った8番よりはマシですが、打点を稼ぐにはあまり良いスポットではありません。その代わり、得点は期待できたり、打席が多くなる影響で僅かながらホームラン増加も期待できます。150試合/打率.290/25本塁打/80打点/100得点/出塁率.350/長打率.550/OPS.900くらいのレベルもあるかもしれません。

【2008/05/24 13:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | MLB-選手
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008ファンタジーベースボール~A.J.バーネット獲得!~
ついにA.J.バーネットを獲得!T.ヘルトンと1対1で交換です。

Burnett Wolves
Opponent Team
A.J.Burnett (Tor, SP)Todd Helton (Col, 1B)

これで、“Bunett Wolves”のメンバーはこんな感じに。

2008 Burnett Wolves Roster (5月23日現在)
PosBattersTMPos
CJoe MauerMinC
1BDerrek LeeChC1B
2BOrlando HudsonAri2B
3BAramis RamirezChC3B
SSStephen DrewAriSS
LFMatt HollidayColLF
CFIchiro SuzukiSeaCF
RFVladimir GuerreroLAARF
UtilTorii HunterLAACF
UtilRyan LudwickStLLF, RF
BNMoises AlouNYMLF
DLRafael FurcalLADSS
PosPitchersTMPos
SPRoy HalladayTorSP
SPTim HudsonAtlSP
SPA.J. BurnettTorSP
SPBrad PennyLADSP
SPBrett MyersPhiSP, RP
RPChad BradfordBalRP
RPPedro FelicianoNYMRP
RPJuan CruzAriRP
RPBrian ShouseMilRP
RPMatt GuerrierMinRP
RPRon MahayKCRP
RPJamey WrightTexSP, RP


バーネットとヘルトン、たぶんこの2人だと通常のリーグでもヘルトンの方がバーネットよりやや上だと思うので、OBPが考慮される“Left elbow arthralgia”(所属しているリーグ名)ではヘルトンの方がフツーに上・・・??

うちのチーム的にはユーティリティー枠1つをヘルトンとM.アルーとR.ラドウィックが争う形で、最近はラドウィックが絶好調なので、まぁヘルトンいなくても良いかなぁと・・・。しかも、B.マイヤーズとB.ペニーが打たれまくってて先発を補強したかったし、消費イニング的にもだいぶマイナスだったので。現在、奪三振カテゴリーではダントツ最下位ですが、これで巻き返しを図りたいところです。

でも、トレードに踏み切った原因は何といってもバーネットが手に入る事!やっぱり好きな選手が多くいる方がやってて楽しいのし、俺的にはそこも重要な要素だと思ってます。いやー、これでだいぶ自分好みのチームになりました!

【2008/05/22 22:28】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | ファンタジー
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

マーリンズ、H.ラミレスと6年契約!!
契約詳細
2009年:550万ドル
2010年:700万ドル
2011年:1100万ドル
2012年:1500万ドル
2013年:1550万ドル
2014年:1600万ドル
マーリンズがH.ラミレスと6年7000万ドルで契約です。
契約の詳細は右表の通りになってます。

今シーズン終了後に年俸調停権を得る予定だったので、この6年契約は、年俸調停権を得てFAになるまでの3シーズンとFA権取得後の3シーズンをマーリンズで過ごすという契約になります。これまでのラミレスの活躍を考えると、FA前の3シーズンで40ミリオンくらい稼げそうな勢いなので、マーリンズ的には結構お買い得な契約といえると思います。

今シーズンのチーム年俸総額が21.8Mドルのマーリンズがこの契約に踏み切ったのは、2011年に新球場が開場する目処が立ったことが大きな要因のようです。ちなみに今シーズン終了後には、現在絶好調のD.アグラ、J.ハーミダ、M.ジェイコブス、J.ウィリングハム、S.オルセン、250万ドルでチーム最高給を誇るK.グレッグ、A.アメザガ、J.ミラー、M.トレーナーの9人が年俸調停権を取得します。

最近は、レイズがS.キャズミアーと、ブリュワーズがR.ブラウンと大型契約したりと、資金力の乏しい球団でも中心選手の囲い込みに成功していますね。これは、ほんとにここ最近の傾向で、このラミレスとの契約延長はMLBの戦力均衡策が上手く機能している証拠だと思います。

【2008/05/18 17:51】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-球団
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

アリーグだけ何故か投高打低
インディアンス先発陣が連続無失点を記録したり、レイズのチーム防御率が5点台じゃなくて4点台どころか3点台だったり、個人成績でもOPS1.000超えが一人もいなかったりと、今年のアメリカンリーグは投高打低の印象が強いです。今日からインターリーグが始まりましたが、昨日までのリーグ間のペナントレースの試合傾向をチェックしてみます!2008年のデータのみは現地時間5月15日のゲームが終わった時点でのデータとなっています。

アメリカンリーグの試合傾向
シーズン得点本塁打打率出塁率長打率OPS防御率
20084.3370.833.258.328.392.7204.08
20074.9000.993.271.338.423.7614.50
20064.9661.110.275.339.437.7764.56
20054.7571.075.268.330.424.7544.35
20045.0121.150.270.338.433.7714.63
20034.8601.101.267.333.428.7614.52

毎年4,5月は他の月に比べてやや投高打低の傾向が見られますが、2008年の現時点までの得点の少なさは月別の誤差ではとても説明できないレベルです。2003年~2007年の5年間と比較すると、打率で.013程度低下、本塁打は約25%減少、防御率は約0.42低下しています。今後、ある程度のリバウンドが予想されるとしても、既にシーズンの約25%を消化しているので、2008年アリーグはここ10年では最も投高打低名シーズンとなりそうです。

ついでにナショナルリーグについてもチェックです。

ナショナルリーグの試合傾向
シーズン得点本塁打打率出塁率長打率OPS防御率
20084.6230.939.260.334.409.7434.23
20074.7061.043.266.334.423.7574.43
20064.7631.097.265.334.427.7614.49
20054.4470.995.262.330.414.7444.22
20044.6401.099.263.333.423.7564.30
20034.6121.046.262.332.417.7494.28

これから交流戦を迎えDH制のあるゲームをこなすこと、アリーグ相手に打ち込まれること、6,7月になると乱打戦が増えること、などを考えるとこちらはほとんど例年通りと言えます。

【2008/05/17 17:57】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-総合
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

もうすぐインターリーグ、今年もアリーグ優勢!?
今週末からインターリーグが始まります。・・・と言っても、本格的に始まるのは6月13日からで、とりあえず3試合だけ行われて、またすぐに通常のペナントレースに戻ります。

ナリーグのインターリーグの成績
シーズン試合勝利敗北勝率
2007252115137.456
200625298154.389
2005252116136.460
2004252125127.496
2003252137115.544
通算270413171387.487

右表を見てもらったら分かると思いますが、ここ数年は明らかに苦戦してるナリーグ。特に2006年は勝率が.400にも満たないように完全にやられてます。

J.サンタナがアリーグからナリーグに移籍した事もあり、今年はナリーグの巻き返しかという評価もあります。他には、D.ヘイレンがナリーグへ、M.カブレラとE.レンテリアがアリーグへ移ってます。そう考えると、そんなに変わらない気も・・・。

ここで、注目のシリーズを挙げてみます!

  • メッツ@ヤンキース
    サブウェイシリーズってやつです。通算ではヤンキースが35勝25敗と勝ち越し。


  • アストロズ@レンジャーズ
    テキサス州対決。アストロズ22勝、レンジャーズ20勝とほぼ互角。


  • ナショナルズ@オリオールズ
    ベルトウェイ(ワシントンD.C.の環状道路)シリーズとでも呼べば良いのか・・・。ナショナルズとしてワシントンに来てから、恒例のシリーズとなってます。見所は・・・特にありません・・・。


  • ドジャース@エンジェルス
    フリーウェイシリーズ。通算ではエンジェルスが35勝27敗とリード。


  • パドレス@マリナーズ
    由来がよくわからないけど、毎年恒例のシリーズ。キャンプ地(ピオリア)が一緒だから??
    両チームとも下馬評は高かったものの、現在はともにリーグ最低勝率と苦戦。


  • アスレチックス@ブレーブス
    2戦目に元ビッグ3のT.ハドソンが登板予定。アスレチックス相手に投げるのは初です。


最後に・・・めちゃくちゃテキトーですが、たぶん今年も結局はアリーグ優勢な気がします

【2008/05/16 12:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(1) | MLB-総合
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008ファンタジーベースボール~トレード成立~
Summary
 Web Site: Yahoo! Sports Fantasy Baseball
 League: Left elbow arthralgia
 Team: Burentt Wolves
 Report Date: May 10, 2008
 Rank: 3rd of 14team
Detail of Points and Roster ⇒ Click!!

ここ最近模索していたW.タベラスのトレードをまとめることができました
トレードの内容はこんな感じです。

Burnett Wolves
Opponent Team
Aramis Ramirez (ChC, 3B)
Mike Cameron (Mil, CF)
Willy Taveras (Col, CF)
Edwin Encarnacion (Cin, 3B)
Matt Cain (SF, SP)

タベラスはほとんどベンチだったので、うちのチームからすると、M.ケイン+E.エンカルナシオン⇔A.ラミレスという感じです。M.ケインを諦める事によって、サードをグレードアップできたのではと思ってます。まぁ元々、M.ケインはD.ローとの交換だったので、ロー+エンカルナシオン⇔A.ラミレスと言えるかも・・・。

エンカルナシオンはトレードした時点ではOPSも.950くらいあって今後も成長の可能性も十分秘めていて、もしかするともしかしたらラミレスと同等orそれ以上の成績を残すかもしれません。ただ、期待外れに終わるかもしれない。

ファンタジーベースボールをやっている人は、ルーキーや若手に興味のある人が多いようです(サイトとかを見てもそういう傾向が顕著)が、俺はある程度期待通りの結果を残してくれるだろう実績のあるベテラン選手が好き(ロースターを見てもわかってもらえると思います)みたいで、打率.300/30本塁打/100打点/90得点あたりの成績が高確率で期待できるラミレスが魅力的に思えました。

このトレードで、とりあえず打者はさらに強化されました。セカンド以外の8つのポジションとユーティリティーの1枠(T.ハンター)は完璧です。これでT.ヘルトンが数年前のような活躍をすれば良いんですが、彼の長打力の衰えはもうどうしようもないみたいです。

投手は・・・マイヤーズに期待したいところだけど、アリゾナでのDバックス戦では7失点と炎上。こんなことだろうと思ったのでベンチに置いときましたが。そこで、streamingっていうらしい戦法をG,メッシュさんで早速試してみましたが、5失点2奪三振と何の役にも立たず・・・。

うちのリーグでやっておられる方もいるようですが、先発投手を優秀な1,2番手だけに限定して、イニング数を無理に使わない方法もアリかもしれません。こうすれば、一般的にリリーフ投手のほうが防御率は良いので、防御率のカテゴリーでは上位に来ることが期待できます。勝ち星、奪三振ではやや不利になりますが。あと、質の低い先発投手による防御率、WHIPの低下も防ぐ事ができます。ただ、俺はリリーフより先発の方が断然好きなんでこの作戦は採りませんが・・・。

続きを読む

【2008/05/11 00:18】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | ファンタジー
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ハラディ、18試合ぶりに7イニング投げきれずに降板
2回連続でハラディに関する投稿です。

前回の記事でハラディのイニングイーターぶりについて書きましたが、10日のインディアンス戦では18個のアウトしか取れずに降板してしまいました。7イニング未満で降板したのは、去年の8月3日のレンジャーズ戦で6イニングで降板して以来、実に18先発ぶりのことです。

今日のハラディも途中までは素晴らしいピッチングだったんですけどね・・・4回2アウトからV.マルティネスに安打を許すまでノーヒットピッチング。ただ、いつもと違ったのは奪三振が多く、球数が多くなってしまった事。6回終了時点で球数は既に101球。ちなみに、この試合の登板前までは1イニングの平均投球数が13.1球でMLBベストでした。

●6回終了時点での投球内容(5月10日、vsインディアンス戦)
投球回被安打失点自責点与四球奪三振投球数S - B防御率
6.03002(敬遠1)910168 - 332.71

そして、7回。
7回裏のインディアンスの攻撃の最初の4打者の結果です。

打者Pitch-By-Pitch状況得点
T.ハフナーストライク(見逃し)、レフト前ヒットノーアウト1塁1-0
R.ガーコボール、レフト前ヒットノーアウト1,2塁1-0
A.カブレラボール(バントの構えなのに・・・)×3、ボール(四球)ノーアウト満塁1-0
C.ブレイクストライク(見逃し)、2点タイムリー2塁打(レフトオーバー)ノーアウト2,3塁1-2

で、この後、リリーフ投手が打たれて、2,3塁に残したカブレラ、ブレイクが共にホームイン。結局4失点となり、今シーズン早くも5敗目(3勝)がついてしまいました。やっぱり、A.カブレラがバントの構えを見せていたにもかかわらずストレートの四球を与えてしまったのが痛かったと思います。

結局、今日の投球内容はこんな感じに。

●投球内容(5月10日、vsインディアンス戦)
投球回被安打失点自責点与四球奪三振投球数S - B防御率
6.06443(敬遠1)911173 - 383.29

しかし、ブルージェイズは、攻撃力が弱いです・・・(-_-'')

【2008/05/10 13:07】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-選手
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ミスター完投、ロイ・ハラディ!270イニング突破の可能性も!?
今の野球では珍しくなった完投。

2008年を見てもここまでMLB全体で23完投、投手が打席に入るナリーグに至ってはわずか5完投です。2007年のMLBを見ても、10試合以上の完投を記録したのは、ブルージェイズ(11完投)だけです。そんな中、この前のホワイトソックス戦で8回途中で降板するまで、4試合連続完投中だったのがそのブルージェイズのエース、ロイ・ハラディ。2007年も、ブルージェイズの11完投のうち7完投はハラディによるものです。ちなみに、7試合以上の完投を記録したチームは、他にはインディアンスとホワイトソックス(ともに9完投)の2チームだけです。

もちろん、完投するだけじゃありません。注目すべきはその安定感。今シーズンはここまで7試合に先発してますが、最低でも7回は投げています。積み重ねた投球イニングは57.0イニング。もちろんMLBトップ、1試合平均にすると8イニングを超えてます。この調子で行くと、35先発するなら285.0イニング、34先発なら277.0イニングに到達する勢いです。ちなみに、2000年代の最高記録は、2003年にハラディ自身が記録した266.0イニングとなってます。

さすがに280イニングは厳しいかもしれませんが・・・2007年も最後の14先発で111.0イニング(平均にすると約8.0イニング)投げていて、キャリアハイの266.0イニングを更新する可能性は十分ありそうです。それにケガのイメージが少しあるかもしれませんが、2007年の離脱は虫垂炎によるもの、2005年の離脱は打球を当て骨折、と再発の可能性が少ないものです。

元々は特別応援していたわけではなかったのですが、ファンタジーベースボールで2年連続うちのチームに在籍していて、最近ちょっと応援し気味なんです・・・。まっそんなわけで今後も注目です!

【2008/05/06 16:58】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(4) | MLB-選手
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008ファンタジーベースボール~5月3日終了時点~
MLBが開幕してから1ヶ月ちょっと。

ここでファンタジーベースボールのチームの経過をまとめてみました。参加しているリーグはロードさんがコミッショナーを務める‘Left elbow arthralgia’です。

まずは5月3日までの我がチームのポイントとロースターの確認です。

Fantasy Baseball 途中経過 (5月3日現在)
RHRRBISBAVGOBPWSVKHLDERAWHIPTotal


2008 Burnet Wolves Roster - Batters (5月3日現在)
PosBattersTMPosJoinRHRRBISBAVGOBP
CJoe MauerMinCD5180120.326.393
1BDerrek LeeChC1BD4288232.352.433
2BOrlando HudsonAri2BD13173172.272.328
3BEdwin EncarnacionCin3BD14157151.280.369
SSRafael FurcalLADSSD6334158.381.466
LFMatt HollidayColLFD1195175.299.393
CFIchiro SuzukiSeaCFD3212911.280.331
RFVladimir GuerreroLAARFD2143141.257.339
UtilTorii HunterLAACFD7174173.313.363
UtilTodd HeltonCol1BD9153100.276.391
BNWilly TaverasColCFD12180313.253.339
BNMark ReynoldsAri3BFA247243.226.314
BNMoises AlouNYMLFFA0010.333.500

2008 Burnet Wolves Roster - Pitchers (5月3日現在)
PosPitchersTMPosJoinWSVKHLDERAWHIP
SPRoy HalladayTorSPD8203103.261.07
SPTim HudsonAtlSPD10402702.951.01
SPBrad PennyLADSPD11502003.191.32
SPMatt CainSFSPTrade103704.081.44
SPBrett MyersPhiSP, RPWaiver203704.701.36
RPChad BradfordBalRPFA20751.541.11
RPJamie WalkerBalRPD1610644.501.20
RPJuan CruzAriRPFA101351.541.20
RPBrian ShouseMilRPFA20443.721.14
RPMatt GuerrierMinRPFA101044.111.50
DLDenny BautistaDetRPFA00834.051.88

現在の‘Burnett Wolves’の順位は3位!ここ数日は3位と4位をうろちょろしています。
では、野手と投手に分けてここまでの状況とこれからの展望を分析してみます。

●野手
○得点-1位、本塁打-3位T、打点-6位、盗塁-1位、打率-2位、出塁率-2位

野手の合計ポイントは74.5ポイントでトップと1ポイント差の2位。得点が2位と13点差、3位とは33点差とダントツトップ。打率、出塁率も3位以降にそれなりの差をつけ2位。この3部門に関しては、期待できると思っていました。何といっても今年のBurnett Wolvesはバッターに資源を集中させてるので。ドラフト時には7順目まで全員野手でした。

そして以外なのが盗塁。現在13盗塁でMLBトップのタベラスをほとんど出場させてないのに、イチローが11盗塁、ホリデーが意外と走って5盗塁とかで何故かトップ。ヘルトン以外は少しは盗塁も期待できると思ってたけど、まさかトップに立つとは。ってかタベラス、基本的にいつもベンチなので、うちのチームでポイント加算されたのは1盗塁だけ。盗塁王をタダで放出は有り得ないし、誰かとトレードしたいところ。

今後の展開をプレーヤーごとに考えると、既に急ブレーキのレイノルズだけでなく、ファーカル、リー、エンカルナシオンもそのうち調子を落としてくるでしょうから、そこをホリデー、イチロー、ゲレーロ、マウアー、ヘルトンの上昇でカバーしたいところです。出場すれば結果を残すアルーもDLから復帰。

カテゴリー別で考えると・・・現時点で明らかに下がりそうなのが盗塁。基本的にイチロー、ファーカル、おまけでハンターくらいしか盗塁を稼げる選手はいないので。ホリデーが30盗塁するわけないし・・・。ホームランはそんなに期待出来ないけど、打点に関しては貪欲にもっと上を狙いたいです。得点、打率、出塁率は本気でトップを狙えるはず。

●投手
○勝利-2位T、セーブ-14位、奪三振-14位、ホールド-7位T、防御率-9位、WHIP-9位T

現在の先発投手の顔ぶれは、ハラディ、ハドソン、ペニー、ケイン、マイヤーズと決して悪くありません。ケインはローとトレードで獲得したんですが、そのローだってうちのチームにいた時は良い働きをしてくれていました。フツーに考えたら勝利、防御率、WHIPでは上位に入る力はありそうです。では、どうして防御率とWHIPがこんなに弱いのか?答えはリリーフ陣です!

イニング防御率WHIP
先発178.23.021.21
リリーフ71.05.701.87
合計249.23.791.40

クローザーはいないし、S.シールズのような優秀なセットアッパーは確かにいないけど・・・これはさすがに酷すぎる。開幕からずっと在籍しているリリーフ投手は既にJ.ウォーカーのみになりました(笑)なので、このリリーフ次第では防御率、WHIPに関しては期待できるはず・・・。

今後の予想は、ローとケインを交換した事で、勝利は前より期待できなくなりました。現在5勝のペニーの下降分は、ここまで不運続きのハラデーに運が味方することにして相殺。そして、カギを握りそうなのがウェーバーで獲得したB.マイヤーズ。彼が防御率を3点台にもってこれるようだと、フィリーズ打線を考えれば15勝は堅い。そして、ケインと同様、奪三振も期待できます。セーブは諦めたとして、奪三振まで最下位では困ります。

あと、個人的にシーズン途中の入れ替えが他カテゴリーに比べて最も効果的だと思っているのがホールド。如何にチームの情勢を見極めて、タイミングよく選手を獲得できるかです。

●総合
○順位-3位/14チーム
何といってもここまでケガ人が全く出てないのが高順位の要因だと思います。特にマウアーはケガが怖い怖い。今後はとりあえずこの順位を守っていきたいところ。後はタベラスをどう扱うか?センターはイチロー、ハンターと2人もいるし、ユーティリティーの枠はハンターで1つ使うから、残り1つをヘルトンとアルーと争わなければなりません。ほんとは3人とも出したいくらいだけど・・・。タベラスが欲しい人は連絡くださいm(_ _)m

【2008/05/05 00:06】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(4) | ファンタジー
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ハドソン、3安打完封勝利!!
レッズ相手に3安打無四球10奪三振で完封勝利!
完封勝利は2007年9月16日のワシントンでのナショナルズ戦以来です。

その前の直近3試合中2試合は、3回4失点で降板。特に4月16日のマーリンズ戦では速球のスピードが80台半ばにしか到達せず、故障の可能性も心配されていました。21日のナショナルズ戦でも、6.2イニングで2失点(自責点は1)で3勝目をマークしたものの、10本のヒットを打たれたり、見方のファインプレーに助けられたり、と何とか抑えたという感じでした。被打率/被長打率を比較しても、開幕直後の3試合は.167/.181でしたが、その後の3試合は.397/.603でした。

そんな中、完封勝利というのも十分素晴らしいですが、許したランナーはシングルヒットによる3人だけと内容も完璧でした。これで防御率も2.95と再び2点台に。現在リーグ12位で、トップ10入りも目前です。

それにしても今年のハドソンは登板によって好不調の波が激しいですね。7試合中、5試合でクオリティースタートQSをマークしていますが、この5試合での成績は36.2イニング/防御率1.47/WHIP0.79/打率.195/長打率.227と素晴らしい内容。一方、QSをマークできなかった2試合では6イニング/防御率12.00/WHIP2.33/打率.406/長打率.688と有り得ない内容(笑)

それと気になる事が一つ。4月26日のメッツ戦でも3回(4失点だし60球だからもっと投げさせても良いと思うけど)で早々降板させられたように、昨年からそんなに球数が多くないのに降板させられるケースが目立ちます。開幕戦のナショナルズ戦でも初回に2失点しながらその後はパーフェクトに抑えていたのに7回78球で降板。

2007年以降の41先発登板で100球以上投げたゲームは13試合、1試合平均の球数も91.9球に止まっています。まぁブレーブスに移籍してからは球数が100球を超えると打ち込まれるというデータもあるので、交代させられちゃうのも仕方ないっちゃ仕方ないんですが・・・。

次回の登板予定は現地時間7日のホームでのパドレス戦。変更が無ければe2byスカパーでも録画で見れる予定。相手投手はR.ウルフだし、パドレスも調子悪いみたいだから、苦手としているA.ゴンザレス(8打数5安打2本塁打)に打たれなければ、勝利の可能性はかなり高いはず!

そして、アトランタ・ブレーブス!
29試合で得失点差はプラス32と、これだけ見たらかなり強いはずなんですが、9試合の1点差ゲームでは全敗・・・ちなみに僅差のゲームに弱いというこの傾向はここ数年変わりません。

【2008/05/04 16:36】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-T.ハドソン
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。