真剣MLBしゃべり場
【MLB】MLBやプロ野球など野球に関する話題を中心に書いていきます【NPB】
カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


人気blogランキング

ご協力お願いしますm(_ _)m

人気blogランキング


プロフィール

ばーねっと

Author:ばーねっと

野球好きの大学生です。ニックネームは来年からヤンキースに移籍する2008年アリーグ奪三振王のA.J.バーネットから決めました。

熱心に応援してるチームは特にありませんが、的外れな補強するチームは好きじゃありません。

メールはこちらからどうぞ!


お気に入りに追加


お気に入り選手

A.J.バーネット
ティム・ハドソン
ケン・グリフィー
J.D.ドリュー
ショーン・グリーン
スティーブン・ドリュー


カテゴリー

MLB-総合 (45)
MLB-球団 (60)
MLB-マリナーズ (13)
MLB-選手 (75)
MLB-A.J.バーネット (10)
MLB-T.ハドソン (13)
MLB-J.D.ドリュー (13)
MLB-日本人 (9)
MLB-06オフ (25)
MLB-データ (12)
MLB-PF (40)
NPB-総合 (32)
NPB-その他 (18)
WBC (5)
2006予想 (4)
2007予想 (23)
2008予想 (4)
俺流タイトル (21)
パワプロ風査定 (24)
ファンタジー (11)
未分類 (0)
全ての記事


月別アーカイブ

2009年02月 (2)
2009年01月 (5)
2008年12月 (10)
2008年11月 (7)
2008年10月 (6)
2008年07月 (7)
2008年06月 (9)
2008年05月 (11)
2008年04月 (1)
2008年03月 (8)
2008年01月 (1)
2007年11月 (4)
2007年10月 (7)
2007年09月 (6)
2007年08月 (9)
2007年07月 (14)
2007年06月 (13)
2007年05月 (13)
2007年04月 (19)
2007年03月 (22)
2007年02月 (14)
2007年01月 (26)
2006年12月 (23)
2006年11月 (22)
2006年10月 (17)
2006年09月 (20)
2006年08月 (22)
2006年07月 (17)
2006年06月 (4)
2006年05月 (5)
2006年04月 (3)
2006年03月 (7)
2006年02月 (24)
2006年01月 (30)
全ての記事


ブログ内検索


おすすめサイト(英語)


おすすめサイト(日本語)

MAJOR.JP
Yahoo!プロ野球
NPBオフィシャルサイト
NPB選手会公式HP
プロ野球選手成績
パリーグ予告先発投手
人気blogランキング
メジャーリーグ - ブログ村
FC2ブログランキング
テキトーMLB
管理者ページ


おすすめブログ


2007NPB成績その1

チーム打撃成績(3月)
チーム打撃成績(4月)
チーム打撃成績(5月)
チーム打撃成績(6月)
チーム打撃成績(7月)
チーム打撃成績(8月)
チーム打撃成績(9月)
チーム打撃成績(-4月)
チーム打撃成績(-5月)
チーム打撃成績(-6月)
チーム打撃成績(-7月)
チーム打撃成績(-8月)
チーム打撃成績(-9月)


2007NPB成績その2

チーム投球成績(3月)
チーム投球成績(4月)
チーム投球成績(5月)
チーム投球成績(6月)
チーム投球成績(7月)
チーム投球成績(8月)
チーム投球成績(9月)
チーム投球成績(-4月)
チーム投球成績(-5月)
チーム投球成績(-6月)
チーム投球成績(-7月)
チーム投球成績(-8月)
チーム投球成績(-9月)


2007NPB個人成績

個人打撃成績(-4月)
個人打撃成績(5月)
個人打撃成績(-5月)
個人投球成績(-4月)
個人投球成績(5月)
個人投球成績(-5月)


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


RSSフィード


FC2カウンター


     Since August 29, 2006


QRコード

QRコード



★☆おすすめカテゴリ☆★
  • パークファクター(PF)
    選手を正しく評価するのに必要不可欠なMLB30球団の本拠地のパークファクターをここ10年分掲載。しかもロードゲームでの有利不利も考慮しているというスグレモノww

  • 2008年のデータも公開中ア東ア中ア西ナ東ナ中ナ西

【2007/09/17 15:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | おすすめデータ
FC2ブログランキング  人気blogランキング  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2007年06月 - 記事一覧
 スポンサーサイト 
2007/06/25   インターリーグ、4年連続アメリカンリーグが勝ち越し 
2007/06/21   ダイヤモンドバックス、首位の座まであと少し 
2007/06/16   この夏のトレードされそうな大物打者を分析(2)~M.タシェアラ~ 
2007/06/14   この夏のトレードされそうな大物打者を分析(1)~A.ダン~ 
2007/06/11   インターリーグ、今年もアメリカンリーグが圧倒!! 
2007/06/09   J.D.ドリュー、2本塁打に自己最高7打点の大活躍!! 
2007/06/09   バーネット、狙うは奪三振王&許盗塁MLB記録 
2007/06/08   インターリーグいよいよ本格化~ナリーグ巻き返しなるか~ 
2007/06/08   交流戦前半戦はパがセを圧倒 
2007/06/05   T.ハドソン、そろそろ調子を取り戻してくれ・・・ 
2007/06/03   バッテリーが大喧嘩~C.ザンブラーノ vs M.バレット~ 
2007/06/02   プロ野球レポート2007-セリーグ編~5月終了時点~ 
2007/06/02   プロ野球レポート2007-パリーグ編~5月終了時点~ 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 Permalink | Edit | スポンサー広告
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

インターリーグ、4年連続アメリカンリーグが勝ち越し
今日でついにインターリーグも終了。
今年もここ数年の傾向通りにアリーグ優勢の結果となりました。

2007年インターリーグ結果
GWLWPRSRAAVGHROBPSLGOPSERA
AL252137115.54413521172.281267.347.437.7844.38
NL252115137.45611721352.268271.332.423.7555.04
Total504252252.50025242524.274538.339.430.7704.71

まぁこれでもナリーグは悪いとは言えないと思います、はい。残念ながらそれくらい差はあるかなぁと。2つ以上貯金を記録したチームはアリーグで9チームなのに対してナリーグではカブスとロッキーズの2チームだけ。最も成績が良かったのはタイガースとエンジェルスで14勝4敗。逆に最も成績が悪かったのは2005年ワールドシリーズ制覇のホワイトソックスで4勝14敗。

タイガースは18試合で128得点と1試合平均7.11得点と打線が爆発。気が付けばシーズンの平均得点もリーグトップの6.09に、2位のヤンキースに0.64差というダントツっぷりです。去年も15勝3敗だったのでこれで2年続けて交流戦で好成績をマークしたことに。いやーそれにしてもT.ハドソンがあたらなくて良かった・・・中4日でいけば今日のタイガース戦だったので。そして中5日となる明日の登板はナショナルズ戦!

エンジェルスも平均6.56得点とタイガース同様に打線が爆発。本塁打こそ10本でしたが打率.330/26盗塁とまさにエンジェルスらしい攻撃でした。主砲のV.ゲレーロこそ不調でしたが、C.フィギンス、R.ウィリッツ、H.ケンドリック、C.コッチマンといった選手たちが活躍。インターリーグ期間中の4人トータルの打率はなんと.400!

ホワイトソックスは投打が噛み合わず大きく負け越し。5月27日以降だと5勝21敗と酷い状態です。ワイルドカード争いトップのインディアンスと12.5ゲーム差&最下位ロイヤルズと1.5ゲーム差で、今シーズン終了後になるM.バーリーやJ.ダイなどの主力選手の放出が噂されてます。

対戦相手が強すて不利だと不満をこぼしたC.ジョーンズが所属するブレーブスはチッパーの不安が的中する形で4勝11敗と見事に玉砕されました。ここ5試合でわずか1点と打線が不振でインターリーグ期間中も平均3.2点しか取れませんでしたが、その最大要因はA.ジョーンズの49打数3安打で長打は0という大不振。シーズン終了後にはFAになるだけに頑張り所なんですけどね・・・。

まぁそんなわけで明日からはリーグ戦再開。インターリーグだとあんまり差が付くと嫌なのでどうしてもナリーグのチーム応援しちゃいます(例えばドジャースvsデビルレイズでドジャース応援したり・・・ほんとはナ西ではダイヤモンドバックスに頑張ってほしいんです)が、明日からは純粋にペナントレース争いに注目できそうです(笑)
スポンサーサイト


【2007/06/25 21:33】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-総合
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ダイヤモンドバックス、首位の座まであと少し
交流戦が再開され、レッドソックスに1勝2敗、ヤンキースに3連敗と強豪チームに苦戦しましたが、その後はオリオールズに3連勝、デビルレイズに2勝1敗と再び勝ち星を重ねています。現時点での首位パドレスとわずか0.5ゲーム差の2位。この地区は混戦で結構面白いですね。とりあえず順位表チェック!!

ナショナルリーグ西地区順位表(6月20日終了時点)
GWLGBWPRSRAEx-WPR/G-PF
パドレス704129---.586316238.6270.821
Dバックス7342310.5.575313307.5091.051
ドジャース7140311.5.563305286.5291.037
ロッキーズ7137344.5.521323328.4931.249
ジャイアンツ71304111.5.423295299.4940.973

得失点差的にはパドレス以外はほぼ互角なんですけどねぇ・・・ジャイアンツは借金11もあるしDバックス、ドジャースはそれぞれ貯金11と9。そういえばDバックスもドジャースもクローザーが安定してます。いやまぁ相関の度合は知りませんが・・・。ってか上位3チーム全て投手力が強みです。ナショナルリーグの防御率ランキングは1位パドレス、2位ドジャース、3位ダイヤモンドバックスとなってます。

ダイヤモンドバックスはやっぱり攻撃力が弱いです。ナリーグ打者天国ランキングでクアーズフィールドに次ぐ2位をGABPと争うチェイスフィールドを本拠地としながらの平均得点ワースト4位ですからね。OPS.800を超えてるのは2人(E.バーンズ.884、O.ハドソン.861)しかいません。

特に酷いのはS.ドリューで打率.237/3本塁打/OPS.637。ショートと言えども打者有利の本拠地なわけだしもうちょっと打ってくれないと。せめてOPS.750くらいはマークして欲しいです。守備は頑張ってるようですけどね。まぁこれからに期待。

そしてリードオフマンとして期待されていたC.ヤング。10本塁打は合格点ですが出塁率は.286。.252という低打率に加えわずか8四球というのが痛いです。ってか1番打者に向いてないです(笑)7番あたりに置いといて打点を稼いでもらいましょう。

ついでにS.ドリューの選手紹介を作ってみました。情報が少ないのでどうしてもテキトーになってしまいますが。何か意見がありましたらこの記事のコメントにでも書いちゃってくださいm(_ _)m

【2007/06/21 21:29】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-球団
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この夏のトレードされそうな大物打者を分析(2)~M.タシェアラ~
トレード候補大物野手の徹底分析、初回のA.ダンに続いて第2弾はM.タシェアラ。打つだけではなくゴールドグラブも受賞している言わずと知れたレンジャーズの中心選手です。

では、まずはダンと同じく成績チェック。修正した打撃成績についての詳しい説明はダンのとこを見てください。

M.タシェアラの2004年以降の実際の打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
2004 Tex145 625 545 153 34 2 38 68 12 10 117 2 0 4 1 6 .281 .370 .560 .929
2005 Tex162 730 644 194 41 3 43 72 5 11 124 3 0 4 0 18 .301 .379 .575 .954
2006 Tex162 727 628 177 45 1 33 89 12 4 128 6 0 2 0 17 .282 .371 .514 .886
2007 Tex61 262 222 67 18 1 12 37 7 2 55 1 0 0 0 4 .302 .405 .554 .959

M.タシェアラの2004年以降の修正した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
2004 Tex145 625 543 146 33 2 36 70 12 10 118 2 0 4 1 6 .270 .362 .533 .895
2005 Tex162 730 636 189 41 2 39 80 6 11 129 3 0 4 0 18 .297 .383 .552 .936
2006 Tex162 727 625 171 42 1 32 92 12 4 127 6 0 2 0 17 .274 .368 .498 .866

ダンと同じくこちらも打者有利の本拠地という事でそれなりに成績は恩恵を受けてますね。まぁ違うチームへ移籍となるとほとんどの場合で打撃成績が落ちるのは避けられないでしょう。

それでも中立な球場でプレーしても打率.285/出塁率.380/長打率.525くらいの成績は残せるはず。目立った弱点もありません。ゴールドグラブを2年連続受賞中の守備はあんまり詳しくわかりませんが、少なくとも平均よりやや上なのは間違いないでしょう。

どのチームに入っても確実に戦力アップになります。まぁその分代償もかなり大きくなりそうですが。俺のオススメは気がつけば3位になってしまっているブレーブス。S.ソーマンをトレード要員にして・・・なんてどうでしょう?

【2007/06/16 02:36】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-選手
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この夏のトレードされそうな大物打者を分析(1)~A.ダン~
トレード期限まであと1ヵ月半ということでトレードに関する噂も徐々に出始めてきました。大物打者で名前が挙がるのはレンジャーズ(3位アスレチックスと12.5ゲーム差の最下位)の主砲M.タシェアラとレッズ(ナリーグで唯一勝率.400未満で5位アストロズと1.5ゲーム差の最下位)の大砲A.ダン。レッズは同地区ライバルが弱いのでまだペナントを諦めるかどうか分かりませんが、レンジャーズは売り手に決まりです。

二人の大物がいますが、まずはレッズのダンから見ていきます。上が実際の打撃成績で、下が年度差や本拠地球場差を考慮して最近6年間の平均的なシーズンを平均的な球場でプレーした場合のデータです。

A.ダンの2004年以降の実際の打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
2004 Cin161 681 568 151 34 0 46 108 11 5 195 0 0 6 1 8 .266 .388 .569 .956
2005 Cin160 671 543 134 35 2 40 114 14 12 168 2 0 4 2 6 .247 .387 .540 .927
2006 Cin160 683 561 131 24 0 40 112 12 6 194 3 1 7 0 8 .234 .365 .490 .855
2007 Cin64 259 225 56 11 2 15 31 1 2 85 1 0 7 1 8 .249 .344 .516 .859

A.ダンの2004年以降の修正した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
2004 Cin161 681 568 157 36 0 42 108 11 5 188 0 0 6 1 8 .276 .396 .562 .957
2005 Cin160 671 542 131 31 3 38 115 14 12 169 2 0 4 2 6 .242 .385 .518 .903
2006 Cin160 683 567 128 24 0 34 106 11 6 185 3 1 7 0 8 .226 .352 .450 .802

やはり本塁打天国のGABPをホーム球場としている事で打撃成績は本塁打を中心にかなり恩恵を受けています。さらに今年も含め成績が下降気味なことも見逃せません。現在の打撃力は打率.240/出塁率.360/長打力.490といったレベルと言えます。アリーグに移籍となるともっとダウンするかも・・・。

さらに守備力は外野手の中ではかなり低い部類で、もはやその魅力は長打力オンリーとなっています。まぁアリーグだとDHで起用という選択肢もありますが。ただ、爆発力はあるのでもし好調ならチームを引っ張れる存在になります。ここまでDHで起用された打者の合計本塁打数がわずか2本のツインズなんかフィットすると思うんですけどね・・・。

ちなみに契約は2008年の球団側にオプション契約がありますが、トレードされた場合はこのオプションはなくなるらしいです。なのでトレードで獲得するチームは今シーズン限りで契約が切れると考えたほうが良いです。

【2007/06/14 12:22】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(5) | MLB-選手
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

インターリーグ、今年もアメリカンリーグが圧倒!!
ナショナルリーグの巻き返しに期待していたインターリーグですが、やはりアリーグとナリーグでは明らかに戦力差があるようですね。

現地10日の試合でも、タイガースがメッツ相手に15得点、ヤンキースがパイレーツ相手に13得点、ブルージェイズがドジャース相手に11得点、そしてロイヤルズまでもがフィリーズ相手に17得点、と相変わらずアリーグの攻撃陣がナリーグ投手陣を圧倒しアリーグが10勝4敗と大きく勝ち越しました。

これが今シーズンのインターリーグのここ(現地6月10日)までの結果です。

GWLWPRSRAAVGHROBPSLGOPSERA
NL843351.393488372.25290.319.406.7255.55
AL845133.607372488.291104.356.459.8154.12

うーん、去年並みに差があります。もう少しナリーグにも頑張ってもらわないと・・・。やっぱ.470~.530くらいの範囲に収まって欲しいです。

【2007/06/11 23:12】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | MLB-総合
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

J.D.ドリュー、2本塁打に自己最高7打点の大活躍!!
やっと打ってくれました・・・8日のアリゾナでのダイヤモンドバックス戦で2本の3ラン本塁打とタイムリー二塁打で7打点の大活躍。

それでも打率.235/4本塁打/24打点とまだまだ酷い数字ですが、これを機にいよいよ長らく続いたスランプから脱出したいところです。まぁA.ソリアーノ、A.プホルス、L.バークマン、B.アブレイユなども徐々に打ち出してるし、ドリューだってそろそろ打ち出さないとさすがにヤバイし。

それと、Dバックス良いですね。J.D.の弟のスティーブン・ドリューもいるしC.ヤングなんかも結構好きなタイプ。E.バーンズやO.ハドソンなどの中堅野手組、R.ジョンソン、B.ウェッブの両エースを中心とした先発投手も良い。M.レイノルズあたりも面白い。最近はあんまり応援してるチームというのは無かったですが、今年はDバックスファンでいこうかなぁと・・・まっすぐやめるかもですが(^_^;)

【2007/06/09 20:51】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | MLB-J.D.ドリュー
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

バーネット、狙うは奪三振王&許盗塁MLB記録
A.J.バーネットが奪三振マシーンになってます!!7日の試合でも三振の奪いやすいデビルレイズ相手に7回で13奪三振(←のリンクをクリックすれば動画が見れます)。前回登板の1日のホワイトソックス戦でも12奪三振だったので2試合連続2桁奪三振となりました。アリーグの奪三振ランキングでもE.ベダードを1つ上回りトップに立ちました。

バーネットの投球成績
データ順位
防御率4.0126
完投21-T
イニング85.16
被本塁打133
与四球382
与死球82
奪三振961
盗塁221
被打率.2133

最近のバーネットは信じられないくらい三振奪いまくってます。5月以降の8試合で57.1イニングを投げ奪三振は77個。9イニングあたり12.09個のペースです。最近7試合は6試合でクオリティスタート(6イニング以上投げ自責点が3点以下)をマークしてるように投球内容も安定-52.1イニング/防御率3.10-してきています。

ただこの7試合で70個、平均10個も三振を奪ってる割りには防御率3.10というのは大したことないですねww完全に一発病になってるし・・・盗塁され放題だし・・・ほんと色々課題だらけです。

それにしても防御率がリーグ26位の4.01と実に平凡な割には数多くのカテゴリーで上位にランクインしてますww平凡なレベルの投手なのにこんなに多くのカテゴリーに顔を出せるのはたぶんバーネットだけですww

特に盗塁なんて22回試みられて全て成功されてます。2位はT.ウェイクフィールドで16盗塁-4盗塁刺、3位はC.ゴーディンで12-0、4位はブラントンとラッキーでそれぞれ10-2と10-3、とバーネットはダントツのトップです。これではせっかくゴロ/フライ比率が1.85でリーグ4位とゴロを打たせても併殺打が取れません・・・(-_-)

ちなみに投手の盗塁に関するデータが残ってる1999年以降で1シーズンで最も盗塁を多く許したのは2001年の野茂で52個。ここまでのペースだとわずかに上回るかなぁというとこです。

正直なところバーネットがここらへんの課題を克服してワンランク上の投手になる可能性はそんなに高くないと思いますが、どうせ平凡なら小さくまとまらずこのまま派手に目立っていって欲しいですww

【2007/06/09 03:03】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-A.J.バーネット
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

インターリーグいよいよ本格化~ナリーグ巻き返しなるか~
プロ野球の交流戦は後半戦に突入しましたが、MLBはいよいよインターリーグが本格的に始動します。5月半ばにどういうわけか1カードだけ既に開催されましたが、残り5カードは集中的に行われます。

ナリーグのインターリーグの成績
シーズン試合勝利敗北勝率
2007421824.429
200625298154.389
2005252116136.460
2004252125127.496
2003252137115.544
2002252129123.512
2001252120132.476
2000251115136.458
1999251135116.538
1998224110114.491
199721411797.547
通算成績245212021250.490

やはり気になるのはここ数年話題になってるアリーグの優勢ぶり。右表がインターリーグの通算成績です。これを見ると昨年の大敗を含めてここ数年のナリーグの低迷がわかります。

さらにインターリーグだけでなくオールスターでも現在9連敗中、ワールドシリーズでも過去10年で4勝6敗と負け越してます。

そして今シーズンも一足先に行われたシリーズで18勝24敗と負け越し。敗因は投手陣で防御率5.74とボッコボコに打たれました。ちなみにアリーグの防御率は4.27と実に平均的。打撃成績も打率ナリーグは打率.253/40本塁打なのに対してアリーグは打率.292/62本塁打と完全に圧倒されてます。

とは言ってもまだ6分の1を消化しただけ。これからどんどん巻き返していってほしいです。

【2007/06/08 23:24】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-総合
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

交流戦前半戦はパがセを圧倒
交流戦は前半戦終了 「実力のパ」が本領発揮

交流戦初日にパリーグのチームの6戦全勝でスタートしてここまでパリーグの41勝27敗、勝率だと.603。確かに結構差が出てます。

ちなみに今年が交流戦3年目ですが過去2年間はこんな感じ。

 2005年 パリーグ105勝-セリーグ104勝-引き分け7
 2006年 パリーグ108勝-セリーグ107勝-引き分け1

2年ともパリーグが1つだけ勝ち越してますが、まぁ互角だと言えます。今年はこれまで明らかに差がありますがほんとにパリーグが強いのかな?オフの移籍などを振り返ってみても2年前や去年と比べてパリーグが強くなってるという感じはないけど。

あっでも日本シリーズは2002年に巨人が日本一になって以来ずっとパリーグのチームが日本一になり続けてます。

後半戦はセリーグのチームにもうちょっと頑張ってもらいたいです。俺としてはやっぱバランスが取れてるほうが良いので。MLBはどう考えてもアリーグがナリーグより強そうだけど・・・。

質問 パリーグがセリーグを圧倒してるのは・・・
成績通りパリーグの方が圧倒的に強い
パリーグの方が若干強い+調子の良さ
単なる偶然、完全に調子が良いだけ



【2007/06/08 00:33】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | NPB-総合
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

T.ハドソン、そろそろ調子を取り戻してくれ・・・
今シーズン初めて、T.ハドソンの登板をTV(CSのスカパー)観戦しました。地元アトランタでのマーリンズ戦。

フィリーズに次ぐリーグ2位の1試合平均4.90得点をマークしている強力打線-本拠地を考慮するとナリーグ一の得点力とも-ですが、相手先発投手はW.オーバーミュラー、昨年はオリックスに在籍していたくらいの格下の投手。ハドソンがここ最近イマイチなのである程度の失点は覚悟してましたが、まぁ勝つだろうと思ってました。

結果は4-6で敗戦。ハドソンは6回/7安打/3四球/6失点(5自責点)で負け投手となってしまいました。1回こそ2三振を含む三者凡退で上々のスタートを切りましたが、その後はボール先行の苦しいピッチング。107球のうちストライクはわずか61球(57%)でした。

捕れそうな打球が抜けたり、2アウト1,2塁でJ.ハーミダから三振を奪ってチェンジのはずが振り逃げとなって2アウト満塁→次打者のA.ブーンに不用意な初球を2点タイムリーを浴びたり、とやや不運な面もありましたが・・・。まぁこれはどうしようもありません。

最も悔やまれるのがH.ラミレスへの敬遠四球。3-2で迎えた1アウト1,2塁からD.アグラがシングルヒットで満塁になるはずが、レフトが打球処理をミスって3-3の同点で1アウト2,3塁。ここでH.ラミレスに対して0-2となったところで敬遠。次のバッターは主砲のM.カブレラですよ!結局カブレラは犠飛で、ラミレスはブーンのタイムリーでホームイン。あのエラーがなければ敬遠も無かったのに・・・勿体無い!というかカブレラの前に敬遠は有り得ない!

まぁそんな感じで5自責点。約2週間前には1.77だった防御率もここ4登板で一気に3点台(3.09)にまで跳ね上がってしまいました。それにしても投球内容の割りに失点が多いです。被打率.237はリーグ11位、出塁率.288はリーグ7位長打率.308はリーグ2位の数字。なのに防御率は13位です。併殺打に仕留めるケースも少なくないし、盗塁され放題ということもないんですけどね・・・。A.J.バーネットみたいに17盗塁(0盗塁刺)も許してたら投球内容の割りに防御率悪くても仕方ないですが。

オフにハドソンの復活の可能性は低いと書きましたが、やはりこのまま徐々に防御率が悪くなってしまうのでしょうか・・・??そんな気もしますが投球内容の良さを見ると防御率2点台&18勝くらいの活躍は十分期待できます!!

【2007/06/05 23:55】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-T.ハドソン
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

バッテリーが大喧嘩~C.ザンブラーノ vs M.バレット~
Yahoo!JAPANのトピックスにも載っちゃうほどの関心を呼ぶニュースだったようです。俺もMLB.comで記事見たんですけど動画を見ずにいられませんでしたwwバッテリーで乱闘って・・・。

去年A.J.ピアジンスキーと殴り合いの喧嘩をしたM.バレットと気性が荒いことで知られ今シーズン不調でストレスが溜まってるであろうC.ザンブラーノというまぁこんな事件が有り得なくも無いコンビですね。ちなみに普段はザンブラーノが登板するときはH.ブランコ(現在DL入り)が専属キャッチャーとしてマスクを被っていたようです。

それにしてもザンブラーノはダメですね。とにかくボッコボコです。ノーコンなのは昔からですが、今までは2005年がリーグ3位の被打率.212、2006年がリーグ2位の.208、2007年開幕前の通算でも.224と安打を打たれにくい投手として有名だったんですが今シーズンはここまで.289。ホームランも4年間で861イニングで64本と9イニングあたり0.67本だったのが、今シーズンは73.2イニングで13被本塁打と9イニングあたり1.59本と約2.4倍になってます。さらに奪三振率も開幕前まで通算7.97だったのが今シーズンは6.23と大幅に低下。

唯一良くなってるデータは併殺打で既に11本記録してます。まぁこれはたぶんランナー出しまくってるせいだと思いますがww

開幕前には契約延長なんて話も出てましたが、この乱調のせいで市場価値は大きく下がってしまいました。カブスとしては様子見をして良かったというとこですが・・・いやまぁそんなとこで読みが当たっても嬉しくないでしょうがww

【2007/06/03 02:09】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-選手
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

プロ野球レポート2007-セリーグ編~5月終了時点~
はいっ、次はセリーグです。
パリーグのとこにも書きましたが月別の詳しいデータはこちら。やや見にくいですが。

セリーグ順位表(5月終了時点)
チーム試合勝利敗北引分勝率勝差得/試失/試*勝率打率本塁打OPS防御率
1巨人5231210.596--4.943.17.692.27768.7883.02
2中日5229221.5691.54.794.06.575.26957.7663.62
3広島5023261.4696.53.704.18.444.24945.6833.83
4横浜4621250.45773.854.59.420.26435.7204.47
5阪神5022271.4497.53.244.26.377.25837.6874.11
6ヤクルト4716310.34012.53.514.60.379.25639.7004.45

セリーグ順位表(5月)
チーム試合勝利敗北引分勝率勝差得/試失/試*勝率打率本塁打OPS防御率
1中日2616100.615--4.96 4.04 .593.260 29 .759 3.74
2巨人2515100.6000.55.08 3.36 .681.269 36 .793 3.18
3広島2412111.5222.54.17 5.00 .417.260 20 .700 4.33
4阪神2410140.41752.88 4.46 .309.255 22 .700 4.33
5横浜227150.31873.68 4.86 .375.276 18 .748 4.90
6ヤクルト247170.29283.42 3.96 .433.259 19 .694 3.88

●球団別レポート
■読売・ジャイアンツ (3位予想)
相変わらず投打ともに圧倒的な力を発揮。ただ4月同様接戦は苦手のようで2点差以内の試合では2勝7敗と大きく負け越し。本拠地の影響もあるとは思いますが本塁打数はダントツです。

■中日・ドラゴンズ (1位予想)
福留が打率.188/0本塁打とまさかの大スランプ。ウッズが打つのはもはや当然だとすると、その穴をカバーした選手はずばり中村ノリ!!7本塁打/21打点も素晴らしいですが打率.297/出塁率.387/長打率.604/OPS.991は全盛期を思い起こさせる数字です。

■広島東洋カープ (6位予想) 
2桁失点の試合が3試合(14,16,12失点)あったせいで得失点は大きくマイナスでしたが何とか貯金1で3位浮上。阪神が意外に弱いのでもしかするとプレーオフ進出も。ただ最近主軸の調子が下降線で打線がやや低調なのが心配。

■横浜・ベイスターズ (5位予想)
一時は20勝14敗であわや首位というとこまできましたがそこから8連敗を含む1勝11敗で一気に4位転落。そして昨日の試合も負けてしまい5位に転落してしまいました。敗因は投壊。

■阪神・タイガース (2位予想)
1試合平均0.92本塁打で打率.255なのでそこまで打ってないわけでもないですが打線の繋がりが悪く平均得点は2.88点と得点力不足に苦しみました。投手陣もパッとせず・・・そんな中で借金4に食い止めた事だけは評価できます。

■東京ヤクルト・スワローズ (4位予想)
投手陣が復調してきたと思ったら今度は投打の噛み合わせが悪く5月だけで借金10、昨日の時点でも5位横浜に5ゲーム差と最下位街道まっしぐら。そもそも古田さんのプレイングマネージャーは無理があるような・・・。

●月間MVP
▲投手部門・・・内海(巨)  5試合/3勝1敗/31.0イニング/防御率2.61
本命不在・・・。グライシンガー、小笠原(中)と迷いましたが、この2人は対戦相手に恵まれていたのに対して内海は中日と2試合、ソフトバンクと1試合戦ったことを評価しました。

▲野手部門・・・ウッズ(中)  打率.368/11本塁打/29打点/出塁率.468/長打率.782
これじゃ面白くないけど仕方ないです。ウッズで決まりです。

●総評(試合傾向など)
こちらもパリーグ同様に4月に比べると打高投低の傾向が見られました。まぁ得点はあんまり変わんないですが交流戦序盤でパリーグに圧倒されたので失点が増えてるんです。

【2007/06/02 01:19】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | NPB-総合
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

プロ野球レポート2007-パリーグ編~5月終了時点~
やや遅れてしまいましたが5月のプロ野球レポートです、どうぞ!
ちなみに今回は5月だけの成績表もつけてみました。この他にも月別の個人成績やチーム成績など色んなデータも作りましたので良かったらどうぞ。左サイドの下の方にあります。

パリーグ順位表(5月終了時点)
チーム試合勝利敗北引分勝率勝差得/試失/試*勝率打率本塁打OPS防御率
1ロッテ5130174.638--4.613.39.637.27041.7513.03
2ソフトバンク5631232.5742.54.393.38.618.25958.7063.01
3日本ハム5327233.5404.53.723.79.491.26028.6693.60
4楽天5225261.49074.295.23.410.25149.7004.63
5西武5224262.4807.54.004.04.496.26348.7243.92
6オリックス5319313.38012.53.774.42.429.25450.6993.83

パリーグ順位表(5月)
チーム試合勝利敗北引分勝率勝差得/試失/試*勝率打率本塁打OPS防御率
1ロッテ231661.727--5.39 3.00 .745.291 18 .809 2.81
2日本ハム221570.68213.91 3.41 .562.264 11 .680 3.30
3楽天231490.6092.54.70 4.96 .475.256 23 .701 4.65
4ソフトバンク2613121.5204.53.96 3.31 .582.264 27 .708 3.21
5西武238150.3488.53.96 4.43 .448.256 28 .738 4.48
5オリックス248151.3488.53.67 5.17 .348.240 24 .676 4.48

●球団別レポート
■千葉ロッテ・マリーンズ (2位予想)
投打ともに絶好調だった5月。渡辺俊、成瀬が4勝0敗、小林宏が3勝0敗と先発投手の柱が抜群の安定感を見せれば、野手でも西岡(打率.380/出塁率.452)&早川(打率.355/出塁率.438)の1,2番コンビがきっちり出塁して中軸の福浦(打率.325/長打率.482)&ベニー(打率.361/長打率.569)が返すという攻撃パターンを確立。とにかく圧倒的な強さでした。

■福岡ソフトバンク・ホークス (1位予想)
5月も当初はなかなかの滑り出しを見せ早くも首位固めかと思いきや後半に入り打線が湿りがちで結局13勝12敗の貯金1。川崎、斉藤和の復帰が待たれます。

■北海道日本ハム・ファイターズ (4位予想)
開幕前に懸念された得点力が相変わらずイマイチで大量点が期待できないので投手陣が崩れると勝てませんが、投手陣が3点以内に抑えた試合では12勝1敗と守り勝つ野球が機能し始めました。ちなみに現在9連勝中。

■東北楽天・ゴールンデンイーグルス (6位予想)
最下位間違い無しだと思ってた楽天がまさかの月間勝率.609!どうやら低く評価しすぎてたようです。いやそれでもそのうち落ちてくるとは思いますが・・・。今月の勝因は何といっても山崎武の狂い咲き。

■西武・ライオンズ (3位予想)
やはり松坂の抜けた投手陣が弱点のようです。4月好調だった両エースは涌井は4勝1敗/防御率2.63、西口は0勝3敗/防御率7.79と明暗がくっきり。

■オリックス・バファローズ (5位予想)
10連敗⇒1勝⇒6連敗⇒7連勝⇒3連敗と連勝連敗ばっかり。というか主に連敗wラロッカ、ローズはそれぞれOPS1.059、.987と相変わらず打ってますがそれ以外の選手が打てず。昨日も2人揃ってホームランを打ちましたが3点しか取れず敗北。

●月間MVP
▲投手部門・・・杉内(ソ) 5試合/5勝0敗/40.2イニング/防御率0.89
同じく防御率0.89の成瀬も頑張りましたが、やはりここは杉内で決まり。2年前に沢村賞を受賞した姿を取り戻した!?

▲野手部門・・・山崎武(楽) 打率.342/12本塁打/27打点/出塁率.474/長打率.918/OPS1.391
文句なしでこの人でしょう。それにしても一体何が起こったのかという感じ。まぁそのうちペースダウンすると思いますが40本塁打も現実的な数字となってきました。

●総評(試合傾向など)
今月は4月に比べると平均得点が上昇(4.03→4.26)しました。打率はそれ程変わりませんでしたが、本塁打数が1.625→1.922と約15%アップ。今シーズントータルでみると、去年よりは打高投低の傾向が見られます。

【2007/06/02 00:32】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | NPB-総合
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。