真剣MLBしゃべり場
【MLB】MLBやプロ野球など野球に関する話題を中心に書いていきます【NPB】
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


人気blogランキング

ご協力お願いしますm(_ _)m

人気blogランキング


プロフィール

ばーねっと

Author:ばーねっと

野球好きの大学生です。ニックネームは来年からヤンキースに移籍する2008年アリーグ奪三振王のA.J.バーネットから決めました。

熱心に応援してるチームは特にありませんが、的外れな補強するチームは好きじゃありません。

メールはこちらからどうぞ!


お気に入りに追加


お気に入り選手

A.J.バーネット
ティム・ハドソン
ケン・グリフィー
J.D.ドリュー
ショーン・グリーン
スティーブン・ドリュー


カテゴリー

MLB-総合 (45)
MLB-球団 (60)
MLB-マリナーズ (13)
MLB-選手 (75)
MLB-A.J.バーネット (10)
MLB-T.ハドソン (13)
MLB-J.D.ドリュー (13)
MLB-日本人 (9)
MLB-06オフ (25)
MLB-データ (12)
MLB-PF (40)
NPB-総合 (32)
NPB-その他 (18)
WBC (5)
2006予想 (4)
2007予想 (23)
2008予想 (4)
俺流タイトル (21)
パワプロ風査定 (24)
ファンタジー (11)
未分類 (0)
全ての記事


月別アーカイブ

2009年02月 (2)
2009年01月 (5)
2008年12月 (10)
2008年11月 (7)
2008年10月 (6)
2008年07月 (7)
2008年06月 (9)
2008年05月 (11)
2008年04月 (1)
2008年03月 (8)
2008年01月 (1)
2007年11月 (4)
2007年10月 (7)
2007年09月 (6)
2007年08月 (9)
2007年07月 (14)
2007年06月 (13)
2007年05月 (13)
2007年04月 (19)
2007年03月 (22)
2007年02月 (14)
2007年01月 (26)
2006年12月 (23)
2006年11月 (22)
2006年10月 (17)
2006年09月 (20)
2006年08月 (22)
2006年07月 (17)
2006年06月 (4)
2006年05月 (5)
2006年04月 (3)
2006年03月 (7)
2006年02月 (24)
2006年01月 (30)
全ての記事


ブログ内検索


おすすめサイト(英語)


おすすめサイト(日本語)

MAJOR.JP
Yahoo!プロ野球
NPBオフィシャルサイト
NPB選手会公式HP
プロ野球選手成績
パリーグ予告先発投手
人気blogランキング
メジャーリーグ - ブログ村
FC2ブログランキング
テキトーMLB
管理者ページ


おすすめブログ


2007NPB成績その1

チーム打撃成績(3月)
チーム打撃成績(4月)
チーム打撃成績(5月)
チーム打撃成績(6月)
チーム打撃成績(7月)
チーム打撃成績(8月)
チーム打撃成績(9月)
チーム打撃成績(-4月)
チーム打撃成績(-5月)
チーム打撃成績(-6月)
チーム打撃成績(-7月)
チーム打撃成績(-8月)
チーム打撃成績(-9月)


2007NPB成績その2

チーム投球成績(3月)
チーム投球成績(4月)
チーム投球成績(5月)
チーム投球成績(6月)
チーム投球成績(7月)
チーム投球成績(8月)
チーム投球成績(9月)
チーム投球成績(-4月)
チーム投球成績(-5月)
チーム投球成績(-6月)
チーム投球成績(-7月)
チーム投球成績(-8月)
チーム投球成績(-9月)


2007NPB個人成績

個人打撃成績(-4月)
個人打撃成績(5月)
個人打撃成績(-5月)
個人投球成績(-4月)
個人投球成績(5月)
個人投球成績(-5月)


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


RSSフィード


FC2カウンター


     Since August 29, 2006


QRコード

QRコード



★☆おすすめカテゴリ☆★
  • パークファクター(PF)
    選手を正しく評価するのに必要不可欠なMLB30球団の本拠地のパークファクターをここ10年分掲載。しかもロードゲームでの有利不利も考慮しているというスグレモノww

  • 2008年のデータも公開中ア東ア中ア西ナ東ナ中ナ西

【2007/09/17 15:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | おすすめデータ
FC2ブログランキング  人気blogランキング  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

MLB-PF - 記事一覧
 スポンサーサイト 
2008/12/18   2008年パークファクター~ナリーグ西地区~ 
2008/12/18   2008年パークファクター~ナリーグ中地区~ 
2008/12/14   2008年パークファクター~ナリーグ東地区~ 
2008/12/14   2008年パークファクター~アリーグ西地区~ 
2008/12/14   2008年パークファクター~アリーグ中地区~ 
2008/12/14   2008年パークファクター~アリーグ東地区~ 
2008/03/09   2007年シーズン30球場パークファクター(分析) 
2008/03/04   2007年シーズン30球場パークファクター(順位) 
2008/03/04   2007年シーズン30球場パークファクター 
2007/02/02   パークファクタPF-得点編 
2006/01/30   球場特性(PF)-オリオールパーク・アット・カムデンヤーズ/オリオールズ 
2006/01/29   球場特性(PF)-フェンウェイパーク/レッドソックス 
2006/01/28   球場特性(PF)-ヤンキースタジアム/ヤンキース 
2006/01/27   球場特性(PF)-ロジャースセンター/ブルージェイズ 
2006/01/26   球場特性(PF)-トロピカーナフィールド/デビルレイズ 
2006/01/25   球場特性(PF)-USセルラーフィールド/ホワイトソックス 
2006/01/24   球場特性(PF)-ジェイコブスフィールド/インディアンス 
2006/01/23   球場特性(PF)-コメリカパーク/タイガース 
2006/01/22   球場特性(PF)-カウフマンスタジアム/ロイヤルズ 
2006/01/21   球場特性(PF)-メトロドーム/ツインズ 
2006/01/20   球場特性(PF)-エンジェル・スタジアム/エンジェルス 
2006/01/19   球場特性(PF)-マカフィー・コロシアム/アスレチックス 
2006/01/18   球場特性(PF)-セーフコ・フィールド/マリナーズ 
2006/01/17   球場特性(PF)-アメリクエスト・フィールド/レンジャーズ 
2006/01/16   球場特性(PF)-ターナーフィールド/ブレーブス 
2006/01/15   球場特性(PF)-ドルフィンズスタジアム/マーリンズ 
2006/01/14   球場特性(PF)-シェイスタジアム/メッツ 
2006/01/13   球場特性(PF)-シチズンズバンクパーク/フィリーズ 
2006/01/12   球場特性(PF)-RFKスタジアム/ナショナルズ 
2006/01/11   球場特性(PF)-リグレーフィールド/カブス 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 Permalink | Edit | スポンサー広告
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008年パークファクター~ナリーグ西地区~
2008年シーズンのパークファクター
TeamAVG2B/AB3B/ABHR/ABSLGBB/PASO/ABR/OUT
ARI1.060 1.217 1.366 1.056 1.089 0.955 0.946 1.141
COL1.068 1.022 1.328 1.249 1.102 0.911 0.899 1.120
LAD0.921 0.896 0.451 0.887 0.895 0.926 1.128 0.847
SD0.903 0.790 0.936 0.755 0.856 1.022 1.050 0.778
SF1.011 1.121 1.784 0.990 1.041 1.023 0.956 1.044

  • チェイス・フィールド-アリゾナ・ダイヤモンドバックス
    打者天国として有名な球場で、2008年は得点PFでナショナルリーグで最も打者寄りのデータを残した。砂漠地帯にあるため空気が乾いていて、クアーズフィールド程ではないもの標高がやや高いといいうように、打者有利の要素がたくさん。三振が取りにくく、ヒットが出やすく、二塁打、三塁打、ホームランも出やすい。ランディー・ジョンソンは偉大でした。


  • クアーズ・フィールド-コロラド・ロッキーズ
    2007年にフェンウェイパークに次いで2位だった以外は開場以来全てのシーズンで打率PFでトップの位置に君臨する。標高が1マイルの高地に位置するため気圧が低く、ボールが思うようにコントロールできず、さらにバットに当たった後は良く飛んでいく。ただ、MLBも色々な工夫を施しており以前に比べると打者天国っぷりは際立たなくなってきている。


  • ドジャースタジアム-ロサンゼルス・ドジャース
    2005年までは広大なファールゾーンが要因で長らくMLB屈指の投手天国として知られてきたが、2006年に改修を行った際にファールゾーンが狭くなり、2006年と2007年のシーズンでは打者寄りのデータを示すなどもはや投手有利の球場ではなくなった・・・はずだったが、2008年は一転して得点PFと打率PFでリーグで2番目の投手寄りのデータを示した。3年平均のデータだとごく中立的な球場に部類される。


  • ペトコ・パーク-サンディエゴ・パドレス
    MLB1の投手天国。ヒットが出にくく、ホームランも出にくく、三振も獲りやすい。全ての部門でバランス良く投手寄りで、チェイスフィールドの逆バージョンのような感じである。しかも、DHの無くレベルの劣るナショナルリーグということで、パドレスの投手には要注意。ピービーもアリーグ東地区に移籍したらどうなることやら・・・??


  • AT&Tパーク-サンフランシスコ・ジャイアンツ
    オープンして極めて投手よりのデータを示していたが、ここ最近はホームランこそ出にくいもののもはや投手有利の球場と言えなくなってきている。歪な形状のため三塁打が出やすいのが特徴。2007年のオールスターゲームではイチローがランニングホームランを打った。

MLB屈指の打者天国が2つ、MLB屈指の投手天国が1つ。数年前まではドジャースタジアムとAT&Tパークも投手天国だったので、もっと綺麗に分かれてたんですけどね。
スポンサーサイト


【2008/12/18 02:12】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(1) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008年パークファクター~ナリーグ中地区~
2008年シーズンのパークファクター
TeamAVG2B/AB3B/ABHR/ABSLGBB/PASO/ABR/OUT
CHC1.042 0.988 0.679 1.166 1.050 0.958 1.022 1.093
CIN1.012 1.018 1.038 1.217 1.060 1.013 0.999 1.071
HOU1.017 1.102 0.918 1.152 1.055 1.007 1.034 1.046
MIL0.979 0.877 1.366 0.912 0.957 1.126 1.080 0.954
PIT1.001 1.038 0.912 0.857 0.973 0.961 0.899 0.884
STL0.981 0.889 1.017 0.935 0.960 0.988 0.973 0.955

  • リグレー・フィールド-シカゴ・カブス
    打率も高くなりやすくホームランも出やすく完全に打者有利の球場。ナショナルリーグ中地区では、打者天国の座をグレートアメリカンボールパークと争う。


  • グレートアメリカン・ボールパーク-シンシナティ・レッズ
    この地区でリグレーフィールドと並んで打者有利の球場。アウトを取る難易度は平均レベルだが、ナショナルリーグで最もホームランの出やすい球場である。


  • ミニッツメイド・パーク-ヒューストン・アストロズ
    打者有利の球場のイメージが強いが、実はホームランが出やすいだけで、得点が特に入りやすいということは無い。


  • ミラー・パーク-ミルウォーキー・ブリュワーズ
    打率がやや稼ぎにくく、ホームランはやや出やすい。そして、どういうわけか三振と四球が多発する球場である。トータルで考えると中立的な球場。


  • PNCパーク-ピッツバーグ・パイレーツ
    ホームランの出にくさでペトコパークにつぐ第2位の座をAT&Tパーク(ジャイアンツ)と争う。特に左中間が深く右打者がホームランを打つのはかなり難しい。打率はほんの少しだけ稼ぎやすいが、それでも投手有利の球場と言える。


  • ブッシュ・スタジアム-セントルイス・カージナルス
    2006年にオープンしてから3年経過。打率は平均だがホームランが出にくく、投手有利の球場であることがわかってきた。


【2008/12/18 01:47】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(1) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008年パークファクター~ナリーグ東地区~
2008年シーズンのパークファクター
TeamAVG2B/AB3B/ABHR/ABSLGBB/PASO/ABR/OUT
ATL1.027 0.991 1.151 0.978 1.016 1.057 0.994 1.032
FLA0.971 0.952 1.476 0.871 0.953 1.043 1.160 0.969
NYM0.938 0.948 0.519 1.086 0.956 1.084 1.051 0.937
PHI1.018 0.945 0.742 1.004 0.997 0.978 0.979 1.037
WAS1.003 1.002 1.083 0.936 0.990 0.998 0.935 1.026

  • ターナー・フィールド-アトランタ・ブレーブス
    黄金時代は圧倒的な投手力で勝ってきたためか、本拠地のターナーフィールドも投手有利のイメージで語られることが多い。しかし、実際のところは極めて中立的な球場である。


  • ドルフィン・スタジアム-フロリダ・マーリンズ
    去年は得点で打者有利の傾向を示したが、オープンして以来、打率&ホームランでは常に投手有利のデータを、得点でも昨年以外は全て投手有利のデータを示している。そして、三塁打は常に打者有利のデータという何とも分かりやすい球場。完全に投手寄り。


  • シェイ・スタジアム-ニューヨーク・メッツ
    今年はホームランのPFが打者有利だったが、これは1995年以来のことで、ほんとは完全に投手有利の球場。来年から新球場。


  • シチズンズ・パーク-フィラデルフィア・フィリーズ
    言わずと知れたホームラン天国だが、今年のホームラン量産っぷりはイマイチだった。


  • ナショナルズ・パーク-ワシントン・ナショナルズ
    2008年からオープン。球状の特性について判断を下すのにはまだ早いが、とりあえず1年目は中立的な球場であるというデータを残した。


【2008/12/14 14:30】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008年パークファクター~アリーグ西地区~
2008年シーズンのパークファクター
TeamAVG2B/AB3B/ABHR/ABSLGBB/PASO/ABR/OUT
LAA1.025 0.992 0.836 0.936 0.997 0.829 0.936 1.024
OAK0.955 0.948 0.548 0.981 0.946 0.971 0.988 0.900
SEA0.988 0.922 1.200 0.902 0.966 1.014 1.077 0.928
TEX1.053 1.027 2.046 1.198 1.097 1.015 1.009 1.142

  • エンジェルスタジアム-ロサンゼルス・エンジェルス
    左右非対称だが、トータルで考えるとこれといった特徴は無い。ホームランは少しだけでにくく、打率はやや高くなりやすいが、基本的には中立的な球場。


  • マカフィー・コロシアム-オークランド・アスレチックス
    ファールゾーンが極端に広く打率が低くなりやすいため、投手有利の球場。


  • セーフコ・フィールド-シアトル・マリナーズ
    アリーグで最も投手有利の球場と言えるかも。ボールが見にくいためなのか三振が非常に多いのが特徴で、開場以来全てのシーズンで打率&得点でマイナスのパークファクターを記録してきている。


  • レンジャーズ・ボールパーク-テキサス・レンジャーズ
    アリーグ打者天国の座をフェンウェイパークと争う。乾燥した空気でボールが飛びやすいのか、外野自体は大きめだが本塁打が出やすく、また二塁打&三塁打も多く生まれる。


【2008/12/14 14:20】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008年パークファクター~アリーグ中地区~
2008年シーズンのパークファクター
TeamAVG2B/AB3B/ABHR/ABSLGBB/PASO/ABR/OUT
CWS0.964 0.902 0.573 1.309 1.021 1.063 1.076 1.087
CLE1.015 1.011 0.666 0.830 0.964 1.155 0.999 0.997
DET1.060 0.965 1.097 1.164 1.071 0.887 0.938 1.086
KC1.003 1.091 0.826 0.800 0.967 0.984 0.892 0.935
MIN0.969 1.015 0.987 0.925 0.967 0.883 0.989 0.905

  • USセルラーフィールド-シカゴ・ホワイトソックス
    ホームラン天国2008年MLBトップの座は僅差でカムデンヤーズに譲ってしまったが、MLBで最もホームランの出やすい球場。ホワイトソックスの選手のホームラン数は13%ほど削って考えた方が良い。今年のC.クェンティンの36本塁打だと31本塁打という具合に。


  • プログレッシブ・フィールド-クリーブランド・インディアンス
    たぶんごく標準的な球場。


  • コメリカパーク-デトロイト・タイガース
    以前は投手有利の球場と言われていたが、ここ2年は打者有利のデータが出ている。


  • カウフマン・スタジアム-カンザスシティ・ロイヤルズ
    2004年にフェンスを後方に10フィート下げて以降ホームランが激減。今やアリーグで最もホームランが出にくい。ただ投手有利というわけではない。


  • メトロドーム-ミネソタ・ツインズ
    ホームランが出にくいだけでなく、ボールが見辛いのか四球が少なく三振が多いこともあり、投手有利。


【2008/12/14 14:10】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2008年パークファクター~アリーグ東地区~
2008年シーズンのパークファクター
TeamAVG2B/AB3B/ABHR/ABSLGBB/PASO/ABR/OUT
BAL1.027 0.977 0.574 1.312 1.064 0.944 0.958 1.044
BOS1.054 1.535 1.002 0.859 1.063 1.081 0.936 1.094
NYY0.985 1.000 1.046 0.986 0.988 1.003 1.021 1.035
TOR0.966 1.062 1.741 0.915 0.986 1.071 1.099 0.934
TB0.988 0.868 1.273 0.905 0.960 1.086 1.009 1.006

  • カムデンヤーズ-ボルティモア・オリオールズ
    基本的にはニュートラルな部類に入るはずだが、2008年はどういうわけかメジャーで最も本塁打が出やすい球場。


  • フェンウェイ・パーク-ボストン・レッドソックス
    言わずと知れた打者有利の球場。ファールゾーンが極端に狭くグリーンモンスターもあるためヒットが出やすい。また、グリーンモンスターの影響で二塁打が多く、2004年以降5年連続で二塁打が最も出やすい。


  • ヤンキースタジアム-ニューヨーク・ヤンキース
    例年通りのニュートラルな結果に。新ヤンキースタジアムも基本的に同じ形状ですが、ファールゾーンがやや狭くなるとか・・・。


  • ロジャース・センター-トロント・ブルージェイズ
    投手有利の傾向は2008年だけで基本的にはむしろ打者有利の球場。打率は平均的だが、人工芝のため長打が多く、外野もそんなに大きくないためホームランも出やすい。


  • トロピカーナ・フィールド-タンパベイ・レイズ
    ファールゾーンが比較的広いためか毎年打率が低くなる傾向があり、ほんの少しだけ投手有利。


【2008/12/14 14:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2007年シーズン30球場パークファクター(分析)
この前の2007年パークファクターのデータについて気になった点をいくつか。

Progressive Field (Cleveland Indians)
2003~2006年までは得点PFでMLB30球団中の順位が28→16→27→21と推移し、投手有利の傾向を見せていましたが、2007年に限って言えばアメリカンリーグで最も得点の入りやすいというデータを残しました。まぁ元々2002年以前は打者有利の球場として知られてましたし、実際のところは平均的な球場と言えるのでは・・・?

Comerica Park (Detroit Tigers)
こちらもProgressive Fieldと同様、2007年に突如打者有利の傾向を見せました。
2000年の開場以来、一貫して投手有利の傾向を見せていました。特に本塁打に関してはその傾向が顕著で、2003年にレフトフェンスをホーム方向に20フィート近づけてもからも22→24→17→27となってましたが、2007年はMLBで8番目にホームランの出やすい球場でした。また、得点PFに関しても初めて1.0を超え打者寄りでした。

Angel Stadium of Anaheim (Los Angeles Angels)
またまた2007年にいきなり打者有利に。まぁこっちもProgressive Fieldと同様にここ数年期間限定的に投手有利だっただけで、元々はそんなこともなかった。ちなみに、長谷川がこの球場は空気が乾いていて本塁打が出やすいと嘆いてましたが、確かに彼がエンジェルスに在籍してた時はその通りでしたが、最近はむしろ出にくいです。

Rangers Ballpark in Aalington (Texas Rangers)
2002~2004年くらいの頃はアリーグで最も打者有利の球場と言えましたが、最近はその勢いがやや衰えつつあり、2007年に至っては得点PFでまさかの1.0を下回る始末。まぁこれはボルティモアで行われたオリオールズとの試合で30得点あったせいも多少はありますが、それを抜いたとしても1.0をほんの少し上回る程度です。

Dolfhin Stadium (Florida Marlins)
1995年から2006年までの12年間、常に投手有利の傾向を示していましたが、2007年は得点PFで1.027を記録したようにほんのちょっと打者寄りに。ただ、1996年以降、打率PFと本塁打PFで常に1.0を下回っているように、打者の個人成績にとっては確実にマイナス影響を与える本拠地です。

Minute Maid Park (Houston Astros)
2007年に関しては、Petco Park(SD)、RFK Stadium(WAS)に次いで、ナショナルリーグで3番目に得点PFが低かった。2005年に関しても得点PFで1.0を下回っており、ここ5年間の平均で見ても、1.0を下回っている。本塁打が出やすいのは間違いないが、二塁打や四球が少なく、投手有利の球場と言うには語弊がありそうです。

Busch Stadium (St. Louis Cardinals)
2006年にオープンして今年で3年目に突入。去年までの2年間を見る限り、やや投手有利の球場と言えそうです。本塁打に関しては、完全に投手寄り(出にくい)と言って良さそう。

こうやって見てみると、2007年に突如打者有利の傾向を示した球場が結構ありますね。
各球場を簡単に分類すると以下のような感じでしょうか・・・?右に行くほど打者有利です。

アリーグ: SEA--OAK、DET、TB--CLE、MIN、NYY、BAL、TOR--CWS、BOS、KC、TEX
ナリーグ: SD--FLA、NYM--STL、ATL、HOU、MIL--CIN、PHI、LAD、CHC--ARI--COL

【2008/03/09 02:11】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2007年シーズン30球場パークファクター(順位)
続いてさっきのパークファクターPFの順位編です。

続きを読む

【2008/03/04 20:07】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2007年シーズン30球場パークファクター
遅ればせながら2007年のMLB全30チームのホームゲームのパークファクターPFです。

続きを読む

【2008/03/04 20:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パークファクタPF-得点編
一般的に良く使われてる得点に関するパークファクターPFは

A = (ホームでの得点+ホームでの失点)/(ホーム試合数)
B = (ロードでの得点+ロードでの失点)/(ロード試合数)
PF = A/B

というように求められてるものが多いですが、これだとイニング数による不都合が生じてしまいます。延長戦はもちろん、ホームチームが勝ってる場合も9回裏の攻撃が無くなるのでPFがムダに低くなる事になります。

というわけで試合数の部分を打数-安打にしてPFを計算してみました。ほんとはイニング数で割るのが最適ですがホームロード別のイニング数のデータが見つからないので・・・。それと併殺、盗塁失敗、牽制、犠打などによっても当然アウトは増えますが、データが手に入らないのとそんなに頻繁に起こることじゃないので省略しても問題ないと判断しました。

ここで2006年のセーフコフィールドを例にとると・・・

ホーム:81試合、353得点、372失点、5527打数1436安打
ロード:81試合、403得点、420失点、5759打数1604安打

なので、

A = ( 353 + 372 ) / ( 5527 - 1436 ) = 0.1772
B = ( 403 + 420 ) / ( 5759 - 1604 ) = 0.1981
PF2 = A / B = 0.8945

これだけじゃロードゲームの有利不利(例えばロッキーズの打者はロードでクアーズフィールドで試合をすることはないので他チームの選手に比べてロードゲームの成績が悪くなるのは当然)があるので、これを考慮します。RoadPFとすると

RoadPF = #Team / ( #Team - 1 + PF2 )

でだいたい計算できます。ここで#Teamというのはそのリーグの球団数です。マリナーズの所属するアメリカンリーグは14球団ですがインターリーグがあることを考慮して、#Team = 14 + 2 =16とします。すると

RoadPF = 16 / ( 16 - 1 + 0.8945 ) = 1.0066

となるので、最終的なPFは

PF = PF2 * RoadPF = 0.8945 * 1.0066 = 0.900

で求められます。つまり2006年のセーフコフィールドのPFは0.900ということになります。

では、最近10年間の各球団の本拠地のパークファクターPF一覧をどうぞ。

アメリカンリーグ最近10年間のパークファクター
Team2006200520042003200220012000199919981997
BAL0.987 0.881 1.066 0.898 0.949 0.857 0.917 0.979 0.897 0.997
BOS1.044 1.026 1.127 1.127 0.985 1.017 1.033 1.118 1.016 0.985
NYY0.925 1.051 0.924 0.945 0.961 1.017 1.065 0.823 0.952 0.915
TOR1.039 1.035 1.127 1.101 0.997 1.154 1.030 1.038 1.013 0.935
TB1.038 0.969 0.893 0.975 0.972 0.981 0.978 1.008 1.048 ---
CWS1.028 1.071 1.123 0.982 1.080 1.033 1.120 0.938 1.030 0.942
CLE0.960 0.898 0.977 0.856 1.011 1.021 1.024 1.066 1.176 0.981
DET0.966 0.945 0.928 0.854 0.853 0.995 0.950 1.028 1.016 1.008
KC1.147 0.961 0.917 1.255 1.318 1.176 1.077 1.011 1.083 1.091
MIN0.965 1.027 1.032 1.024 0.970 1.028 1.136 1.073 0.996 1.019
LAA0.918 0.923 0.961 0.867 0.933 1.130 1.050 0.985 0.936 1.081
OAK0.928 1.059 1.013 0.873 1.106 0.903 0.916 0.989 0.859 1.061
SEA0.900 0.943 0.836 0.955 0.864 0.877 0.820 1.059 0.990 1.024
TEX1.052 1.083 1.202 1.215 1.247 0.989 1.084 1.083 1.154 1.048

ナショナルリーグ最近10年間のパークファクター
Team2006200520042003200220012000199919981997
ATL0.961 1.095 0.984 0.958 1.039 1.035 1.014 0.901 1.028 0.981
FLA0.904 0.900 0.893 0.866 0.943 0.931 0.919 0.836 0.885 0.957
NYM0.888 0.967 0.969 0.973 0.874 0.868 0.883 0.905 0.938 1.000
PHI1.089 1.156 1.012 0.907 0.823 0.939 1.028 1.013 1.165 0.962
WAS0.929 0.873 0.908 1.340 1.024 1.122 0.987 1.075 0.793 1.052
CHC1.064 0.994 1.121 0.971 0.940 0.952 0.809 1.127 1.027 1.113
CIN1.165 1.113 0.849 0.989 1.165 0.962 1.162 0.976 1.022 1.075
HOU1.035 0.967 1.014 1.107 1.084 1.099 1.143 0.896 0.978 0.884
MIL0.995 1.021 1.016 1.017 0.921 1.018 0.888 1.013 1.038 0.984
PIT0.972 1.012 0.918 0.969 1.102 0.978 0.958 1.020 1.031 1.057
STL0.930 1.022 0.954 0.941 0.877 1.004 1.008 0.965 0.982 0.933
ARI1.153 1.081 1.061 1.223 1.159 1.152 1.042 0.960 1.022 ---
COL1.155 1.249 1.402 1.225 1.436 1.458 1.615 1.581 1.534 1.309
LAD1.077 0.912 0.916 0.895 0.832 0.814 0.842 0.942 0.836 0.836
SD0.849 0.807 0.852 0.814 0.833 0.814 0.812 0.914 0.733 0.859
SF1.001 0.977 1.107 0.986 0.842 0.821 0.855 0.779 0.958 0.929


だいたいこんなもんかって感じですが、オリオールズの本拠地カムデンヤーズはちょっと意外な結果に。投手有利という雰囲気じゃないですが実は結構投手有利なようです。2005年なんてリーグで最も点が入りにくかったみたいだし。

今までは打者の成績補正ばっかでしたが、これでやっと投手にも手を出せそうww後はリーグ間修正と年度差修正・・・

【2007/02/02 17:03】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(1) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-オリオールパーク・アット・カムデンヤーズ/オリオールズ
オリオールパーク・アット・カムデンヤーズのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20061.021 0.876 0.611 1.162 1.024 0.920 0.921
20050.957 0.847 0.711 0.966 0.940 1.191 0.947
20041.011 1.023 0.710 1.037 1.011 0.949 0.889
20030.979 0.950 0.569 1.035 0.977 1.058 0.988
20020.977 0.792 0.487 1.188 0.984 1.013 0.945
20010.949 0.815 0.869 0.895 0.918 0.989 1.008
20000.950 0.732 0.643 1.066 0.937 1.071 1.045
19991.000 0.784 0.783 0.983 0.963 1.033 1.008
19980.959 0.880 0.623 1.008 0.954 0.869 0.971
19970.989 0.801 0.401 1.201 0.993 0.936 1.017

全体的に小さいため、三塁打は出にくくホームランは出やすいが、ライト方向だけはフェンスが高くなっているので左打者はそれほどでもない。安打の出やすさは平均で二塁打は若干出にくいため、結果的には打者向きでも投手向きでもない中立な球場。


【2006/01/30 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-フェンウェイパーク/レッドソックス
フェンウェイパークのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20061.038 1.338 1.000 0.739 0.996 0.945 0.974
20050.977 1.305 0.894 0.906 0.998 1.079 1.026
20041.078 1.289 0.607 0.962 1.063 0.966 0.990
20031.086 1.171 1.205 0.904 1.056 1.034 0.845
20021.016 1.199 0.651 0.834 0.987 0.981 1.053
20011.024 1.115 1.051 1.005 1.032 0.972 1.013
20001.072 1.049 1.394 0.734 0.992 0.914 0.993
19991.057 1.115 0.944 0.837 1.010 0.996 0.999
19981.057 1.143 1.029 0.895 1.026 0.955 1.068
19971.020 1.181 1.049 0.833 1.001 1.006 1.022

レフトには有名な高さ11メートルの巨大壁、グリーンモンスターがそびえ立つ。このため2006年はリーグで最もホームランが出にくかったようにホームランは出にくい。その分平凡なレフトへの飛球が安打(とくに二塁打)となることも多く、結果的には打者有利の球場となっている。

【2006/01/29 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-ヤンキースタジアム/ヤンキース
YearAVG2B/AB3B/ABHR/ABSLGBB/PASO/ABR/OUT
20060.966 0.982 0.516 1.097 0.987 0.973 0.939 0.925
20051.056 0.876 1.108 1.076 1.040 0.888 1.029 1.051
20040.974 0.899 0.568 1.034 0.970 0.957 1.070 0.924
20030.973 0.863 0.723 0.964 0.952 0.946 0.992 0.945
20020.961 0.905 0.846 1.058 0.973 0.940 1.056 0.961
20010.981 0.997 0.588 1.240 1.029 1.018 0.950 1.017
20001.005 0.977 0.744 1.203 1.039 1.014 1.003 1.065
19990.921 0.898 0.631 0.848 0.893 1.042 1.055 0.823
19980.989 1.083 0.604 0.908 0.971 0.929 1.013 0.952
19970.984 0.939 1.225 0.974 0.981 0.920 0.998 0.915

左中間はデス・バレー(死の谷)と呼ばれているようにかなり深いが、右翼から右中間にかけてはかなり浅く、ライト方向への打球が多い選手に有利な形状となっている。ファールエリアが広いわけでもなく原因は良くわからない(ボールが何らかの理由で見づらい??)がとにかく安打がやや出にくい。そして四球も出にくい。長打に関しては本塁打は出やすいが二塁打&三塁打は出にくい。結果的にはやや投手有利な部類に入る。

【2006/01/28 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(4) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-ロジャースセンター/ブルージェイズ
ロジャースセンターのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20061.004 0.990 1.839 1.221 1.061 0.939 1.015
20051.031 1.055 1.087 1.226 1.073 0.884 1.030
20041.042 1.063 1.176 1.100 1.060 1.078 0.987
20031.033 1.205 0.873 1.139 1.072 1.033 1.022
20021.007 1.179 0.824 1.101 1.043 0.973 0.972
20011.020 1.159 0.944 0.962 1.022 1.145 1.011
20000.998 1.163 0.842 1.057 1.029 0.972 0.963
19991.008 1.206 0.587 0.896 0.994 0.993 0.966
19980.959 1.117 0.790 0.959 0.975 1.058 1.014
19970.971 0.970 1.415 0.820 0.948 0.996 0.976

ほとんど土が無い人工芝だらけの球場であるため、内外野ともに打球の球足が速い。打率の面ではファールエリアが広いという点もあるのだが、それ以上に人工芝効果が大きく打率は稼ぎやすい。二塁打、三塁打といったホームラン以外の長打はさらに稼ぎやすい。このようにゴロ系の投手にはかなり不利な環境である。また、球場の大きさ自体も狭いためホームランもかなり出やすく、本塁打のパークファクターではUSセルラーに次ぐ第2位の座をアーリントンと争っている。

【2006/01/27 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-トロピカーナフィールド/デビルレイズ
トロピカーナフィールドのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.980 0.943 1.560 1.160 1.026 1.087 1.035
20050.989 0.895 1.217 0.883 0.960 0.981 1.053
20040.934 0.899 1.031 0.973 0.941 1.014 1.015
20030.993 1.015 1.008 0.832 0.960 1.064 1.036
20020.997 0.974 1.236 0.854 0.966 0.969 1.023
20011.021 1.184 1.798 0.914 1.030 0.910 1.013
20000.987 1.072 1.133 1.049 1.014 1.004 0.988
19990.994 1.028 1.209 0.985 1.001 0.990 1.049
19980.995 1.008 0.698 1.298 1.037 0.925 0.941

外野フェンスが複雑な形状をしているため三塁打が出やすい。ファールエリアの広さは標準レベルだが最近オープンした新球場に比べると大きいため、全球場の平均に比べると打率が稼ぎにくいというデータが出ている。このためやや投手有利の球場ということになる。

【2006/01/26 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-USセルラーフィールド/ホワイトソックス
USセルラーフィールドのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.990 0.900 0.647 1.259 1.033 1.084 0.975
20051.000 0.950 0.869 1.382 1.072 1.095 1.020
20041.060 0.954 0.853 1.332 1.112 0.989 0.996
20030.982 0.970 1.060 1.322 1.057 0.973 1.021
20021.023 0.953 0.692 1.205 1.050 1.026 0.946
20011.001 0.945 0.695 1.212 1.033 1.074 0.982
20001.011 0.971 1.137 1.257 1.064 1.047 1.005

メジャーで最も本塁打が出やすい球場。とにかく外野フェンスまでの距離が短い。本塁打が出やすく投手が警戒して投げる影響なのか四球の数も多くなっている。二塁打や三塁打こそ出にくいが他球場ならフェンス手前でキャッチされるような外野への飛球がホームランになってしまうため結果的に打率の面でも打者有利で、投手にとっては厳しい環境である。
ホームランに関しえはホワイトソックスの野手の本塁打数は15%程度マイナスして考えるべきである。例えば20本塁打の選手なら17本、40本塁打の選手なら34本という具合に。

【2006/01/25 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-ジェイコブスフィールド/インディアンス
ジェイコブスフィールドのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.968 1.006 0.816 0.895 0.953 1.079 1.029
20050.958 1.074 0.392 0.904 0.944 1.036 1.010
20040.978 1.133 0.811 0.772 0.942 1.131 1.044
20030.942 0.954 0.608 0.744 0.887 1.020 1.081
20020.976 1.017 0.500 1.036 0.976 0.961 1.101
20011.021 1.034 0.548 1.249 1.053 0.999 1.017
20001.024 0.995 1.227 1.101 1.043 0.983 0.933
19991.057 0.992 0.927 1.142 1.066 1.010 1.029
19981.106 1.066 0.889 1.004 1.072 1.028 0.926
19970.997 0.993 0.683 0.867 0.957 1.011 1.038

2001年までは完全に打者有利なデータを弾き出していたのに、2002年以降は投手有利であるというデータを示している、不思議な球場。特にここ4年間は本塁打がかなり出にくい状況になっている。投手有利といいたいところだが、1998年はかなり極端に打者寄りというデータがあったりと判断に困る厄介な球場。

【2006/01/24 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-コメリカパーク/タイガース
コメリカパークのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.999 0.911 1.137 0.803 0.945 1.002 0.911
20051.014 0.878 1.644 0.924 0.993 1.019 0.970
20040.997 0.830 1.754 0.879 0.968 0.979 0.926
20030.945 0.827 1.128 0.852 0.916 0.927 0.997

2003年シーズン前にそれまでフェアゾーンだった左中間フェンス手前にラッキーゾーンのような感じでブルペンを作った。それにより以前よりホームランが出るようになったものの、依然としてホームランが出にくく投手有利の球場である。センターがかなり深く三塁打はよく出る。

【2006/01/23 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-カウフマンスタジアム/ロイヤルズ
カウフマンスタジアムのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20061.066 1.163 1.174 0.969 1.060 1.090 0.955
20051.003 1.127 0.891 0.757 0.963 0.979 0.903
20040.985 0.960 1.394 0.725 0.927 0.989 0.953

2004年からフェンスを10フィート(3メートル)下げた。これにより本塁打は狙い通り出にくくなった。しかし、メジャーで打者が最もボールを見やすい球場として有名で、三振が取りにくくヒットも出やすい。トータルで見るとほぼ中立。

【2006/01/22 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-メトロドーム/ツインズ
メトロドームのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.983 0.956 1.543 0.850 0.962 0.820 1.053
20050.986 0.977 0.838 0.970 0.977 0.916 1.092
20041.004 0.959 0.744 0.919 0.973 0.937 1.074
20031.008 1.031 1.261 0.988 1.013 1.031 1.108
20020.987 1.134 1.733 0.754 0.963 1.047 0.985
20011.012 1.132 1.209 0.876 1.000 0.937 1.086
20001.059 1.090 1.466 0.927 1.046 0.970 1.017
19991.014 1.323 1.111 0.956 1.040 1.077 1.024
19981.025 1.088 1.282 0.945 1.025 1.080 1.036
19971.007 1.061 0.956 0.887 0.988 0.913 1.040

ここ10年間ホームランのパークファクターは常に1を下回っており、ホームランの出にくい球場だといえる。以前は球足が速くヒットが出やすかったが、人工芝を深めにしてからはそれほどではない。ホームランが出にくいせいで投手有利な部類に入る。また、この球場で試合をするとツインズ投手陣が与える四球が激減する。

【2006/01/21 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-エンジェル・スタジアム/エンジェルス
エンジェルスタジアムのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20061.023 0.942 0.803 0.811 0.960 0.962 1.012
20050.966 1.002 0.981 0.923 0.962 0.992 1.003
20041.003 0.857 0.586 1.042 0.979 0.944 0.994
20030.988 1.050 0.765 0.806 0.945 0.952 0.992
20020.978 0.981 1.041 0.797 0.939 1.012 0.980
20011.048 1.025 0.666 1.084 1.044 0.981 0.939
20001.045 0.987 0.518 1.096 1.036 1.003 0.944
19990.987 1.014 0.957 1.132 1.020 1.062 0.999
19980.958 0.914 1.374 0.854 0.938 1.002 1.031
19971.013 1.028 0.630 1.283 1.060 0.979 1.017

右中間は膨らみが無い分フェンスが高いのでホームランが出にくい。ただ外野自体が広いわけではないので三塁打はやや出にくくなっている。安打の出やすさは標準レベルのため、結果的には投手優位の球場である。

【2006/01/20 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-マカフィー・コロシアム/アスレチックス
マカフィーコロシアムのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.986 1.075 0.943 0.867 0.968 0.920 0.916
20051.011 1.113 0.801 0.900 0.994 0.990 0.904
20040.984 0.992 0.701 1.091 1.003 1.049 0.950
20030.952 1.007 0.651 1.022 0.967 0.908 0.993
20021.012 1.032 0.889 1.161 1.043 1.047 1.067
20010.941 0.897 0.703 0.996 0.943 1.016 1.016
20000.930 0.868 0.978 0.983 0.936 0.993 1.036
19990.984 1.012 0.917 0.918 0.969 0.985 0.910
19980.948 0.896 0.874 0.906 0.931 0.911 0.984
19971.045 1.052 0.603 1.029 1.029 1.011 0.893

ファールエリアが極端に広いため投手有利と考えられているが、実際のところはそうでもない様子。左中間、右中間の膨らみがないため三塁だは出にくい。

【2006/01/19 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-セーフコ・フィールド/マリナーズ
セーフコフィールドのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.937 0.954 0.953 0.930 0.938 1.101 1.101
20050.990 0.939 0.597 0.823 0.935 1.005 1.110
20040.900 1.062 0.501 1.062 0.945 1.068 1.145
20030.939 0.717 1.358 1.053 0.941 1.073 0.996
20020.950 0.865 1.108 0.821 0.913 1.125 1.074
20010.933 0.920 0.537 0.850 0.901 0.968 0.993
20000.880 0.838 0.471 0.843 0.855 1.095 1.154

アリーグで最も投手有利な球場。ボールが見づらいためかインプレー率が低く、四球、三振ともに多い。当然、安打も出にくく打率も稼げない。外野が広いためホームランも出にくいが、フェンスの形は比較的素直な形状なので守りやすいのだろう、二塁打や三塁打も出にくくなっている。
マリナーズの打者を平均的な本拠地を持つチームでの成績に換算する場合は、打率、長打率ともに3~4%アップさせる必要がある。これを適用するとイチローの打率は毎年.010程アップする。

【2006/01/18 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-アメリクエスト・フィールド/レンジャーズ
アメリクエストフィールドのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20061.001 1.099 0.771 1.038 1.016 1.016 0.992
20051.032 1.023 1.749 1.233 1.089 0.981 0.929
20041.063 1.057 1.567 1.058 1.072 0.979 0.922
20031.089 1.142 1.369 1.174 1.123 0.935 0.989
20021.085 1.100 1.163 1.319 1.143 1.002 0.973
20011.018 0.975 1.652 0.954 1.008 0.977 0.934
20001.020 1.098 0.862 1.225 1.067 1.073 0.913
19991.044 0.954 1.383 1.030 1.037 0.997 0.933
19981.076 1.148 1.701 0.996 1.082 0.921 0.929
19971.053 0.963 1.468 1.070 1.053 1.020 0.912

フェンスまでの距離は遠く外野は全般的に広いが、砂漠地テキサスに位置するため空気が乾燥していて打球が飛びやすい。2006年は傾向が比較的穏やかだったものの、安打、二塁打、三塁打、本塁打の全てが出やすくメジャー屈指の打者有利の球場だと言える。四球の出易さは標準レベルで三振は取りにくい。

【2006/01/17 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-ターナーフィールド/ブレーブス
ターナーフィールドのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20061.027 0.996 0.735 0.935 0.992 0.921 1.051
20051.045 1.105 1.327 0.881 1.021 1.005 0.965
20040.977 0.942 0.754 1.122 0.996 1.014 1.101
20030.976 0.851 1.032 0.916 0.947 1.078 0.953
20021.006 1.065 0.987 1.054 1.022 0.931 0.940
20011.018 0.935 0.720 1.012 1.000 0.954 0.963
20001.030 0.967 0.821 0.941 0.997 1.039 0.964
19990.954 0.976 0.863 0.941 0.952 0.882 0.998
19981.048 1.066 1.346 0.962 1.036 1.012 1.002
19970.995 0.931 1.248 0.858 0.965 1.090 0.999

これといった特徴は見当たらない。まさに中立の一言。

【2006/01/16 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-ドルフィンズスタジアム/マーリンズ
ドルフィンズスタジアムのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.961 0.985 1.394 0.900 0.964 1.105 1.080
20050.956 0.886 1.126 0.834 0.931 1.121 1.188
20040.958 0.938 1.028 0.992 0.964 1.054 1.083
20030.938 0.805 1.573 0.745 0.897 1.030 1.103
20020.976 1.056 1.473 0.755 0.951 1.117 1.106
20010.961 0.916 1.552 0.977 0.974 1.028 1.137
20000.969 0.959 1.137 0.865 0.949 1.011 1.088
19990.940 0.974 1.434 0.711 0.909 1.063 1.017
19980.940 0.949 1.089 0.913 0.940 0.993 1.045
19970.972 0.870 1.051 0.949 0.958 1.150 1.016

外野フェンスまでの距離が遠くホームランが出にくい。外野が広いだけでなくフェンスの形がやや特殊なためにフェンス際に飛んだ打球の処理が難しく三塁打は出やすい。ヒットも出にくく、かなり投手有利の球場である。三振、四球ともに多い。

【2006/01/15 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-シェイスタジアム/メッツ
シェイスタジアムのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.939 1.004 0.852 0.888 0.932 1.017 1.008
20051.003 0.947 0.716 0.890 0.963 1.003 0.971
20041.019 0.965 0.475 0.803 0.946 0.971 0.986
20031.019 1.107 0.562 0.834 0.973 1.012 1.009
20020.945 0.863 0.950 0.990 0.945 0.964 1.036
20010.939 0.897 1.125 0.894 0.927 0.987 1.076
20000.953 0.956 0.523 0.857 0.918 0.938 1.080
19990.954 0.858 0.793 0.882 0.920 0.965 1.055
19980.957 0.946 1.321 0.884 0.948 1.018 1.023
19971.001 1.070 0.985 0.883 0.983 1.026 1.032

風の影響なのか本塁打が出にくいのが特徴。三塁打も出にくいので全体的にみると投手有利の球場。

【2006/01/14 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-シチズンズバンクパーク/フィリーズ
シチズンズバンクパークのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20061.025 1.046 0.678 1.209 1.058 0.978 1.024
20051.087 1.079 1.362 1.249 1.128 0.917 0.894
20040.980 0.869 1.330 1.123 1.007 1.005 1.007

右中間、左中間の膨らみがほとんど無くナリーグで最も本塁打が出やすい球場。ファールエリアが狭いため打率も稼ぎやすい。かなり打者有利の球場である。

【2006/01/13 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-RFKスタジアム/ナショナルズ
RFKスタジアムのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20060.960 0.865 1.339 0.864 0.933 0.880 0.962
20050.893 0.945 1.078 0.814 0.890 1.003 1.087

センターが125メートル。左中間と右中間が117.3メートルと深く本塁打が出にくい。またファールエリアも広大で多くのファールフライを生み出す。ペトコパークとリーグで1,2を争う投手有利の球場。

【2006/01/12 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

球場特性(PF)-リグレーフィールド/カブス
リグレーフィールドのパークファクター
シーズン打率二塁打率三塁打率本塁打率長打率四球率三振率
20061.003 1.068 1.327 1.189 1.062 0.906 1.088
20050.991 1.042 1.078 1.036 1.010 0.955 1.008
20041.025 0.997 0.914 1.301 1.083 0.985 0.932
20030.988 0.969 0.878 0.950 0.975 1.111 1.114
20020.931 0.909 0.657 1.243 0.988 1.017 1.108
20010.966 0.917 0.663 0.939 0.944 1.056 1.086
20000.946 0.804 0.520 0.865 0.897 0.977 1.033
19991.066 1.110 0.930 1.143 1.085 1.013 0.972
19981.028 1.067 0.946 1.029 1.030 1.032 0.987
19971.030 0.819 0.774 1.396 1.056 1.062 1.047

風が強いため、風向きによって試合展開は大きな影響を受ける。トータルで見ると本塁打が出やすく打者有利の球場。

【2006/01/11 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-PF
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。