真剣MLBしゃべり場
【MLB】MLBやプロ野球など野球に関する話題を中心に書いていきます【NPB】
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


人気blogランキング

ご協力お願いしますm(_ _)m

人気blogランキング


プロフィール

ばーねっと

Author:ばーねっと

野球好きの大学生です。ニックネームは来年からヤンキースに移籍する2008年アリーグ奪三振王のA.J.バーネットから決めました。

熱心に応援してるチームは特にありませんが、的外れな補強するチームは好きじゃありません。

メールはこちらからどうぞ!


お気に入りに追加


お気に入り選手

A.J.バーネット
ティム・ハドソン
ケン・グリフィー
J.D.ドリュー
ショーン・グリーン
スティーブン・ドリュー


カテゴリー

MLB-総合 (45)
MLB-球団 (60)
MLB-マリナーズ (13)
MLB-選手 (75)
MLB-A.J.バーネット (10)
MLB-T.ハドソン (13)
MLB-J.D.ドリュー (13)
MLB-日本人 (9)
MLB-06オフ (25)
MLB-データ (12)
MLB-PF (40)
NPB-総合 (32)
NPB-その他 (18)
WBC (5)
2006予想 (4)
2007予想 (23)
2008予想 (4)
俺流タイトル (21)
パワプロ風査定 (24)
ファンタジー (11)
未分類 (0)
全ての記事


月別アーカイブ

2009年02月 (2)
2009年01月 (5)
2008年12月 (10)
2008年11月 (7)
2008年10月 (6)
2008年07月 (7)
2008年06月 (9)
2008年05月 (11)
2008年04月 (1)
2008年03月 (8)
2008年01月 (1)
2007年11月 (4)
2007年10月 (7)
2007年09月 (6)
2007年08月 (9)
2007年07月 (14)
2007年06月 (13)
2007年05月 (13)
2007年04月 (19)
2007年03月 (22)
2007年02月 (14)
2007年01月 (26)
2006年12月 (23)
2006年11月 (22)
2006年10月 (17)
2006年09月 (20)
2006年08月 (22)
2006年07月 (17)
2006年06月 (4)
2006年05月 (5)
2006年04月 (3)
2006年03月 (7)
2006年02月 (24)
2006年01月 (30)
全ての記事


ブログ内検索


おすすめサイト(英語)


おすすめサイト(日本語)

MAJOR.JP
Yahoo!プロ野球
NPBオフィシャルサイト
NPB選手会公式HP
プロ野球選手成績
パリーグ予告先発投手
人気blogランキング
メジャーリーグ - ブログ村
FC2ブログランキング
テキトーMLB
管理者ページ


おすすめブログ


2007NPB成績その1

チーム打撃成績(3月)
チーム打撃成績(4月)
チーム打撃成績(5月)
チーム打撃成績(6月)
チーム打撃成績(7月)
チーム打撃成績(8月)
チーム打撃成績(9月)
チーム打撃成績(-4月)
チーム打撃成績(-5月)
チーム打撃成績(-6月)
チーム打撃成績(-7月)
チーム打撃成績(-8月)
チーム打撃成績(-9月)


2007NPB成績その2

チーム投球成績(3月)
チーム投球成績(4月)
チーム投球成績(5月)
チーム投球成績(6月)
チーム投球成績(7月)
チーム投球成績(8月)
チーム投球成績(9月)
チーム投球成績(-4月)
チーム投球成績(-5月)
チーム投球成績(-6月)
チーム投球成績(-7月)
チーム投球成績(-8月)
チーム投球成績(-9月)


2007NPB個人成績

個人打撃成績(-4月)
個人打撃成績(5月)
個人打撃成績(-5月)
個人投球成績(-4月)
個人投球成績(5月)
個人投球成績(-5月)


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


RSSフィード


FC2カウンター


     Since August 29, 2006


QRコード

QRコード



★☆おすすめカテゴリ☆★
  • パークファクター(PF)
    選手を正しく評価するのに必要不可欠なMLB30球団の本拠地のパークファクターをここ10年分掲載。しかもロードゲームでの有利不利も考慮しているというスグレモノww

  • 2008年のデータも公開中ア東ア中ア西ナ東ナ中ナ西

【2007/09/17 15:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | おすすめデータ
FC2ブログランキング  人気blogランキング  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

MLB-06オフ - 記事一覧
 スポンサーサイト 
2007/02/07   ホームラン倍増のビル・ホール、ブリュワーズと4年間の契約延長 
2007/01/30   カージナルス、P.ウィルソンと1年100万ドルで再契約 
2007/01/29   マリナーズ、ウィーバー兄を獲得 
2007/01/24   アスレチックス、先発候補のサールースをレッズへ放出 
2007/01/24   大家、1年150万ドルの格安契約でブルージェイズ入り 
2007/01/20   ニクソンはインディアンスへ、ウェルズはパドレスへ 
2007/01/17   年俸調停、球団と選手がそれぞれ希望額を提出 
2007/01/11   マルダーはカージナルス残留&残りFA選手チェック 
2007/01/05   ランディ・ジョンソン、Dバックスへ復帰 
2006/12/31   2006オフシーズンFA契約ワースト5 
2006/12/30   2006オフシーズンFA契約ベスト5 
2006/12/29   ジト、投手史上最高となる7年1億2600万ドルでジャイアンツへ 
2006/12/24   MLB2006オフシーズンのトレード分析(2) 
2006/12/17   バーノン・ウェルズ、7年1億2600万ドルで契約延長 
2006/12/14   マリナーズまたもや迷走、ナショナルズからビドロを獲得 
2006/12/13   ジャイルズ弟やピネイロも、新たに28人がFAに 
2006/12/12   MLB2006オフシーズンのトレード分析(1) 
2006/12/06   40歳マダックスは投手有利のサンディエゴに移籍 
2006/12/06   レッドソックス、ドリュー&ルーゴを獲得 
2006/12/05   マリナーズが狙ってる!?ルイス・ゴンザレスは危険! 
2006/11/23   ピエーレ、5年4400万ドルでドジャースに移籍 
2006/11/23   マシューズ、5年5000万ドルでエンジェルスに移籍 
2006/11/22   ソリアーノ、8年1億3600万ドルの超大型契約でカブスに移籍 
2006/11/01   パドレス、キャメロンのオプション契約を行使、ピアザは破棄 
2006/10/26   43歳モイヤー、フィリーズと2年契約 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 Permalink | Edit | スポンサー広告
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ホームラン倍増のビル・ホール、ブリュワーズと4年間の契約延長
ブリュワーズのビル・ホール。ついこの前年俸調停を避け4年2400万ドルで契約を延長しました。去年は遊撃手としてメジャー最多の27本塁打(シーズン合計では35本塁打)を放ちチームMVPに。この35本塁打というのはそれまでのキャリアハイ17本塁打の倍以上でした。マイナー時代の成績を見ると581試合で36本塁打、長打率.388と長打力はあまり感じられません。というわけでホームラン急増の理由を探ってみます。

やはり何といっても秘訣はフライの割合が大きく増えたことが大きいです。下表を見てもわかるようにフライの割合FB%とゴロ/フライ比率G/Fが大きく増加した昨年に長打力系の数字が大きくアップしてます。それと四球の割合が増えてるように選球眼がアップしたのも大きいのかもしれません。

Hall's Power number
YearABHRAB/HRISOPFB%G/FBB/PA
2004390943.3.13636.8%1.14 4.9%
20055011729.5.20434.5%1.20 7.2%
20065373515.3.28347.9%0.69 10.5%

あとホール選手の特徴はセンター方向への本塁打が多いこと。昨シーズンの35本塁打のうち16本がセンターへのホームランです。身長は6フィートとメジャーリーガーにしてはあまり大きくないですがパワフルな感じの体格です。

昨シーズンのホームラン量産は本物なのか?ポジションも今までは二塁、三塁、遊撃といった内野中心でしたが、今シーズンからはセンターにコンバートされる予定です。今後も昨シーズン並の活躍をするとなると安い買い物になりますが・・・。

ちなみにESPNの「ブリュワーズはホールと4年2400万ドルで契約すべきだったか?」というアンケートだと現在18510票のうちYESが44%、NOが56%となってます。ブリュワーズの地元ミルウォーキがあるウィスコンシン州は87%がYESとなってますが。俺はまだ27歳と若く今後もそれなりの活躍をするんじゃないかと思うのでYESに投票しときました。
スポンサーサイト


【2007/02/07 21:52】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

カージナルス、P.ウィルソンと1年100万ドルで再契約
条件は1年100万ドル。この金額を見て安っと思ったのは俺だけ?何といっても2003年の打点王wwまぁ実力的には打率.260/出塁率.310/長打率.430+そこそこ下手な守備ww、とレギュラーとしてはビミョーですねwwやっぱり守備が下手ならもうちょっと打ってもらわないと。打力が落ちた今のウィルソンでは評価が低いのも無理はないか・・・

いやいや、それでもお買い得だと思います。終盤復調の兆しを見せたもののシーズントータルで打率.246/出塁率.276/長打率.365しか打てなかったホワイトがツインズと結んだ契約は1年275万ドル、完全に落ち目で2006年はAdj-OPS.742(ちなみにウィルソンは.716、ホワイトは.640)のルイス・ゴンザレスがドジャースと結んだ契約は1年735万ドルですからね。

カージナルスでの主な起用法は、左投手先発時のダンカンの代役とエドモンズ休養日の代役がメインになるでしょう。実際、左打ちのダンカンは昨年右に対してOPS1.034とかなり打ってますが左はOPS.539と苦手にしていて、右打ちのウィルソンは左投手相手にこの2年でOPS.858→.907と良く打ってます。ってわけでダンカンとの使い分けはかなり効果的!

それと、公式サイトによるとこれでカージナルスの補強はほぼ終了のようです。先発投手が未知数ですが投打の軸がしっかりしていて今年も強そう。

【2007/01/30 23:10】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

マリナーズ、ウィーバー兄を獲得
大家など色んな選手の獲得が噂されていましたがウィーバーと基本合意したようです。契約年数は1年、年俸は基本給が2006年と同額となる832.5万ドル&出来高が最高100万ドルとなってます。割高感はありますが1年契約とリスクは小さいので、契約評価は並レベルとしときます。

ぶっちゃけウィーバーは一流投手には程遠いしマリナーズにしても今はあんまり応援してないけど・・・やっぱり気になっちゃいます、マリナーズネタ。イチローが移籍した2001年から数年は応援していたので。キャメロンが移籍したりチームの補強方針が好きじゃなくなったのでやめてしまいましたが。

これで先発ローテはヘルナンデス、ウォシュバーン、バティスタ、ラミレス、ウィーバーと一応メンバーは揃いました。

しかし、ウィーバーは果たして本当に役に立つのか?今回はそれについてちょっと考えてみます。何といっても去年のレギュラーシーズンの防御率はMLBワースト4位の5.76なので・・・(-_-)
ここでウィーバーの過去の実績をチェックしてみると・・・

ウイーバーの過去3年間の投球成績
YearTMGGSIPHRERHRBBSOWLERAAVGOBPSLGOPS
2004LAD343422021910398196715313134.01.260.323.399.720
2005LAD3434224220111105354315714114.22.256.305.435.737
2006Tot313117221311711034471078145.76.303.354.523.873

ヤンキース時代は先発を外されたりと散々でしたがドジャース時代の2年間はまずまず。しかしエンジェルスとカージナルスに在籍した昨年はトータルで打率.303/長打率.523とまさにボコボコでした。

アリーグへの移籍となると当然防御率の悪化が考えられますが、投手天国のセーフコを本拠地とすることを考えると他のアリーグの球団にいくよりはマシな数字となるはず。まずはERA+、ウィーバーのここ3年間のERA+は103→96→76なので今シーズンの予想は87くらい?

ただ、ここで忘れてはいけないのが去年のプレーオフでの活躍。5試合に先発して防御率2.43とカージナルスの世界一に大きく貢献しました。この活躍を合わせると2006年の防御率は5.27まで改善されます。こうすると2006年のERA+は83程度になるので、予想ERA+を91とします。

セーフコを基準とした場合の平均防御率は4.30くらいと予想されるので、この場合ウィーバーの2007年の予想防御率は4.73となります。というわけで・・・MLBデビュー以来8年間で240先発と故障には強いので200イニングくらいは期待できますが、防御率は4.60~4.90くらいとなりそうです。

絶対弱いだろうと思ってたマリナーズですが・・・このウィーバーを5番手として、ウォシュバーン、バティスタが防御率4.00~4.30、ラミレスが4.15~4.45くらいの活躍をしてヘルナンデスが大化けすれば先発ローテは案外いける!?ライバル球団も弱いのでひょっとすれば優勝という可能性も・・・。

こっちも更新しました、マリナーズの2007戦力分析。ZiPSによる予想成績つき!

【2007/01/29 00:26】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(6) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

アスレチックス、先発候補のサールースをレッズへ放出
ケネディー、ハルジー、ゴーディンとともに先発5番手の座を争う予定だったサールースがレッズにトレードされちゃいました・・・交換相手はレッズ2Aでクローザーを務めるデービット・シャファーという右投手。

このシャファーという投手ですが昨シーズンは44試合で防御率2.36とまずまずですが、リリーフ専門でこの数字だと年齢も25歳ということで正直あんまり期待出来そうにありません。

まぁサールースもサールースで去年の対戦相手OPS.870とボコボコに打たれていて防御率4.75というのは若干ラッキーだったのかもしれませんが。それでも2004年は主に先発で159.2イニングで防御率4.17という活躍をした投手ですからね・・・投手がやや余り気味というチーム事情があるとはいえちょっと勿体無かった気がします。投手の弱いレッズでは先発ローテ入りできそうなので本人にとっては良い機会になりそうですが。

そしてオファーを出していたと言われていたアースタッドはホワイトソックスへ。ポドセドニックがケガしたから?でもケガは6~8週間だからほとんど関係ないかな。右打ちのアンダーソン、左打ちのアースタッドでセンターをやるとか。あっでもマコビアックもいるのか・・・。

そういえば2001年オフのウィンターミーティング、ホワイトソックスとエンジェルスで「アースタッド⇔ガーランド+シングルトン+マイナーリーガー2選手」ってトレードが成立しかけてました。確か両チームのGMの間では合意したけどエンジェルスの上層部によって破談になったはず。

【2007/01/24 22:53】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(4) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

大家、1年150万ドルの格安契約でブルージェイズ入り
身体検査を残していてまだ正式決定ではないようですが、まぁほぼ決まりかと。契約年数は1年。活躍次第で150万ドルのボーナスが貰えますが基本給は150万ドル。大家の実力を考えるとかなり割安だと思います。パイレーツなどもっと良い条件を提示していた球団もあったようですが、今シーズン活躍して評価を上げたい&優勝を狙えるチームで投げたい、ということでしょう。

というわけで今オフにFA契約した投手の実績を比較してみます。チェック項目は投球イニングとERA+(リーグ平均防御率を100としたときの指標、パークファクター考慮済み)で期間は最近3年間と最近5年間で、契約したチームとその内容もつけときました。

今オフの中堅レベルのFA投手の実績比較
PlayerAge3year5yearContract
IPERA+IPERA+TeamYearsDollars
Suppan32572.3 108 984.3 105 MIL4$42,000,000
Ohka30362.0 104 753.7 114 TOR1$1,500,000
Lilly31505.3 103 783.7 104 CHC4$40,000,000
Hernandez37375.3 99 521.3 104 NYM2$12,000,000
Padilla29462.3 99 876.7 106 TEX3$33,750,000
Marquis28603.0 93 758.0 90 CHC3$21,000,000
Meche28457.7 90 644.0 92 KC5$55,000,000
Eaton29393.0 89 609.3 90 PHI3$24,500,000
Ortiz33490.0 86 887.3 91 MIN1$3,100,000

大家は全9投手のうち最近3年間の投球イニングは最も少ない362イニングしか投げていませんが、ERA+ではスーパンに次ぐ2位。2002年以来の5年間で見るとERA+では他をそこそこ引き離しての堂々のトップ。まぁつまり故障が多いのは否定できませんが防御率は期待できるということです。

ついこの前までは先発がハラディー、バーネット、チャシンの3人しかいないというブルージェイズでしたが、ここ数日でトムソンと大家の2人が加入。トムソンも50万ドル+活躍次第で最高350万ドルのボーナスという割安な感じの契約。ブルージェイズは上手くやったなぁと言う感じです。打線もトーマスの獲得でパワーアップしてるので今年こそ優勝かも・・・。

【2007/01/24 21:55】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ニクソンはインディアンスへ、ウェルズはパドレスへ
まずはニクソンのインディアンス入りから。契約は1年300万ドル。ケガが多く長打力も下降傾向にありますが、四球を選ぶ能力は依然高く.370くらいの出塁率は見込めます。併殺打も少なくアウトになりにくいのが強み。守備も平均をちょっと上回るくらい。ただ左投手に極端に弱いのが問題。

左翼のレギュラー候補、デルーチも左が超苦手。左投手の時にはほとんど出番すら与えられてませんが。他の外野手をみてみると、右打者のマイケルズは左に強く、左打者のチューは左に弱く、一塁も守れるブレイクはあまり得意苦手は無しといったところです。下表はチュー以外の4人の最近3年の左右別打撃成績です。

Playervs. Rightvs. Left
ABHRAVGOBPSLGOPSABHRAVGOBPSLGOPS
Nixon (L)74524.297.378.471.8491933.207.325.295.620
Dellucci (L)94956.264.366.509.875813.185.284.321.605
Blake (R)107138.269.340.454.79444032.250.336.500.836
Michaels (R)67913.267.340.380.72040310.300.385.444.829

ってわけで一塁、左翼、右翼のスタメンは右投手先発時にはブレイク、デルーチ、ニクソン、左投手先発時にはガルコ、マイケルズ、ブレイクかな。チューが余るのでトレード候補と言えますが、現時点では補強ポイントが無いくらい戦力が充実してるのでトレードとなると将来を見据えたトレードとなりそうです。いやーそれにしてもインディアンス強そうやなー。

そして、ベテラン左腕のウェルズは噂通りパドレス入り。これでパドレスのローテーションはピービー、ヤング、マダックス、ヘンスリー、ウェルズの5人にほぼ決定。リリーフも通算482セーブのホフマンを始めラインブリンク、メレディスなど頼れるメンバーが揃っていて後は打線の強化、ジェンキンス獲得なるかって感じですww

【2007/01/20 23:32】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

年俸調停、球団と選手がそれぞれ希望額を提出
調停を申請していた106人の選手のうち今日までに50選手が契約を締結。残り56人の選手が希望額を提出しました。全50選手の球団提示額、選手希望額、差額のリストはこちら

1000万ドルを超えるのはザンブラーノだけです。昨年の年俸は650万ドルなのでザンブラーノ側が今オフのFA市場を見てか強気できました。ちなみに去年はソリアーノ(ナショナルズ)の1000万ドルが最高でした。

ザンブラーノの447.5万ドルの差も大きいですが、ナショナルズのジョン・パターソンなんて球団提示が850万ドルなのに対してパターソンの希望額は185万ドルと倍以上。両者の評価に大きな開きがあるようです。

それにしてもこの年俸調停、良い制度だと思います。日本のプロ野球もこんな感じになったら良いのになぁ・・・調停制度が無いわけじゃないけど無いに等しいようなもんだし。今のところ活躍度が同じでもチームによって年俸全然違うし。そこらへんの不公平は何とかしないと・・・。

続きを読む

【2007/01/17 20:45】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

マルダーはカージナルス残留&残りFA選手チェック
クレメンス以外では最後の大物FAといってもいいマルダー、結局カージナルス残留です。保障されてるのは2年1300万ドル。契約詳細はこんな感じです。

 2007年:500万ドル
 2008年:650万ドル
 2009年:違約金150万ドル(球団がオプションを行使すれば1100万ドル)

2007年は先発試合数によってインセンティブがついていて30試合に登板すれば652.5万ドルが支払われます。さらにこの2007年のボーナス分が2008年の基本給650万ドルに加算されます。2008年の活躍によるインセンティブもあり最高で35先発すれば375万ドルもらえます。2009年の球団オプションの額は基本的に1100万ドルですが、2008年にそれ以上貰うとオプションの値段は2008年の給料と同じになります。

つまり、2007年に30先発、2008年に35先発すると出来高がマックスになり2007年に500+652.5=1152.5万ドル、2008年に650+652.5+375=1677.5万ドルを手にすることになり、さらに2009年のオプションは1677.5万ドルとなっているのでこれを球団が行使すると合計4507.5万ドル、約$45Mにもなります。まぁ実際のところは復帰は6月くらいと予想されているので今シーズン30試合に先発するのは難しそうですが。

スプリングトレーニングまで残り1ヶ月ちょっとですが、FA市場も中堅クラスならまだ残ってます。

 先発投手:大家、ウィーバー、レッドマン、アーマス、トラクセル、ウェルズ
 救援投手:グアルダード、ハーマーソン、J・ソーサ
 一塁手:C・ウィルソン
 二塁手:ベリヤード
 三塁手:D・ベル、ランダ
 左翼手:フロイド、スチュワート、P・ウィルソン
 中堅手:アースタッド、フィンリー
 右翼手:ニクソン、B・ウィリアムス

ある程度資金が残ってそうなチームの空きポジションだと、パドレスのレフト(ブラニヤンとホセ・クルーズ)、レンジャーズのライト(ネルソン・クルーズ)、ホワイトソックスのセンター&レフト(アンダーソンとポドセドニック)が思い浮かびます。

あと資金力は無いけどナショナルズは空きポジションだらけ・・・最下位はほぼ確実?特に先発ローテは酷く現段階で名前の通った選手といえばケガから復帰を目指すパターソンくらいしかいません。大家、アーマス、ベリヤード、P・ウィルソン、ニクソンでも一気に獲得して欲しいものですww

【2007/01/11 14:05】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ランディ・ジョンソン、Dバックスへ復帰
ここ数日噂になっていたランディ・ジョンソンのトレードがダイヤモンドバックスとヤンキースの間で基本合意に達したようです。

この基本合意というのは正式にトレード成立が決定したわけではありません。両球団がともに合意したというだけで、ジョンソンはトレード拒否権を持ってるので彼がこれを破棄しないとトレードは成立しません。トレード拒否権を破棄してもらうためにダイヤモンドバックスはジョンソンと契約延長するようです。この契約延長交渉、コミッショナーの許可が与えられてから以後72時間以内にまとめる必要があります。今回の場合だと現地時間の7日(日)17時、日本時間では8日(月)6時までとなります。

こうしてジョンソンがトレード拒否権を行使しないことを正式に決定するとトレードが成立します。まぁたぶんDバックスと契約延長→トレード成立というステップが濃厚でしょうが、2004年12月にはDバックス、ドジャース、ヤンキースの3球団の間で基本合意に達していたトレードがショーン・グリーンがトレード拒否権を行使して結局成立しなかったなんて例もあります。

Dバックス:R・ジョンソン+200万ドル⇔
 ヤンキース:L・ビスカイーノ、R・オーレンドルフ、A・ゴンザレス、S・ジャクソン

ひとこと:先発投手が欲しかったDバックス、年俸削減を狙ったヤンキース
分析:ヤンキースが受け取った若手3名についてはあんまり知りませんが、Minor Leagues blog featuring John Sickelsのランキングではチーム内で18~20位。その分ヤンキースのジョンソンの年俸負担額が少なくなってますが。ビスカイーノは安定しているとはいえ3点台後半の防御率が予想され大きな期待はできません。
ジョンソンは昨年の防御率は5.00と散々でしたがいまだに先発2番手クラスの実力はあります。契約延長を入れて実質2年2400万ドルなので今オフのFA市場を考えると安上がり。慣れ親しんだ古巣に復帰するのもプラスでもしかすると3年4700万ドルでドジャースと契約したシュミットと同レベルの活躍をするかも。またDバックスは既に有望株の宝庫で放出した若手の穴もあまり感じさせません。
D-BacksYankees


上にも書いたようにジョンソンはまだ先発2番手レベルの活躍はできそうなので、Dバックス的にはかなり良い感じの戦力になりました。先発はウェッブ、ジョンソン、ヘルナンデス、デービスと計算できる投手が4人。中軸打者の迫力不足は否めませんが若手選手たちの成長次第によっては優勝の可能性もありそうです。

続きを読む

【2007/01/05 15:59】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(1) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2006オフシーズンFA契約ワースト5
では、今度はFA契約のワースト5です。今オフは市場高騰が凄まじく今までの感覚からすれば明らかに払いすぎの感がある契約が目立ちます。FA契約ベスト5はここ

1.ギル・メッシュ(ロイヤルズ、5年5500万ドル)
故障から復活後の4年間の平均成績は161イニングで防御率4.75という実に平凡な成績の先発投手です。ERA+は92~95が予想されロイヤルズでは防御率5.00というラインが現実的で、ロイヤルズではエース扱いも実力は先発4番手レベル。さらに故障が多いとくればこの契約は完全なダメ契約!

2.ホアン・ピエーレ(ドジャース、5年4400万ドル)
最も過大評価されてる選手の一人。確かに盗塁の数は多いけど盗塁失敗が多くその盗塁挑戦はほんとに意味があるのかは不明。ここ2年は打撃もイマイチで最近2年の出塁率は.328と1番打者としては物足りなさ過ぎます。ディフェンスもセンターとしては平均以下。年齢的にも来シーズン8月で30歳を迎えるので若くなくスピードが衰えたらただの控え選手になりそう。

3.アダム・イートン(フィリーズ、3年2450万ドル)
メッシュより故障が多く実力でも劣ります。期待値的にはERA+90といったところでフィリーズなら防御率5.00くらいになりそうな先発5番手レベルの投手。いくら打者天国とは言えナショナルリーグで5点台では・・・。

4.ダニス・バイエズ(オリオールズ、3年1900万ドル)
防御率4.53のリリーフ投手にこの契約は・・・。ボールの質は良いのかもしれないけどいつまでたってもパッとしない成績。期待に結果が伴わずに終わりそう。途中解雇も十分有り得ます。

5.カルロス・リー(アストロズ、6年1億ドル)
2006年は打率.300、37本塁打と好調なシーズンを送ったものの基本的には打率/出塁率/長打率-.290/.350/.510のバッター。左翼の守備はかなり下手な部類で契約期間の後半はフィル・ネビンのパドレス時代終盤のようになりそう。金額が金額なだけにアストロズに今後かなり大きなダメージを与えるはず。

【2006/12/31 10:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

2006オフシーズンFA契約ベスト5
ジトの移籍先も決まったし2006年も残りわずかとなったので、ここまでのFA選手との契約を斬っちゃいます。タイトル通りまずは評価できる契約ベスト5!ワースト5はまたそのうちアップします。なお、ここでランキングの対象とした契約は総額500万ドル以上のものだけです。

1.ジム・エドモンズ(カージナルス、2年1900万ドル)
2006年はカージナルスに移籍して以来最低のシーズン。しかし36歳となった今でもセンターとして素晴らしい守備力を持ち攻撃力もOPS.900程度期待できます。それにもし2006年くらいの活躍に終わったとしても貢献度はそれなりにあると言えます。2007年は1億ドルを手にしたカルロス・リーより活躍すると予想!

2.モイセズ・アルー(メッツ、1年850万ドル)
故障が多く2006年はわずか98試合の出場。それでも試合に出ればいまだOPS.900くらいの攻撃力を持った一流のバッターです。それに1年契約というのもリスクが少なく評価できます。

3.トム・グラビン(メッツ、1年1050万ドル)
160イニング投げると2008年のオプションが自動的に行使されるので、最近のグラビンの成績を見るとクリアできそうなので2年契約になりそうですが。もう40歳ですが急激な衰えの可能性は低そうで2006年くらいの活躍-198イニング、防御率3.82-を予想。

4.レイ・デューラム(ジャイアンツ、2年1400万ドル)
一種の賭けではありますが一応選んどきました。守備範囲がかなり狭くなっていてもし打てないとなると起用に困りますが、2006年の打撃開眼を評価して2年くらいならまだやれると読みました。

5.松坂大輔(レッドソックス、6年1億311万ドル)
ロイ・オースワルトとはいかなくてもカルロス・ザンブラーノ級の活躍-215イニング、防御率3.30-をすると予想しての評価。それに26歳と若いことや収益アップが期待できることなども含めると結構お買い得なんじゃないかと。入札額は高くつきましたが松坂に支払う額自体は低くまとめたなぁと思います。

番外編1.マーカス・ジャイルズ(パドレス、1年375万ドル)
2006年は不振だったとはいえ本来は攻守ともに優れた二塁手。何故かかなり低い金額。デビルレイズが3年契約をオファーしたなんて話もあったのでパドレスだからこんなに安いのかな?とにかくパドレス的にはお買い得。

番外編2.ホセ・クルーズ(パドレス、1年65万ドル)
マリナーズと1年550万ドルで契約したホセ・ギーエンとそんなに差がないように思いますが・・・とにかく安い。出塁率/長打率-.350/.430くらいの実力はあるはず。守備力も平均くらいあるのでレギュラーを任せられなくもないです。

【2006/12/30 11:31】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ジト、投手史上最高となる7年1億2600万ドルでジャイアンツへ
契約詳細
2007年:1000万ドル
2008年:1450万ドル
2009年:1850万ドル
2010年:1850万ドル
2011年:1850万ドル
2012年:1900万ドル
2013年:2000万ドル
2014年:球団オプション
レンジャーズは無いっぽいからメッツ移籍かなぁと思ってたんですけどね。ジャイアンツですか・・・。しかし1億2600万ドルってまた凄い契約だな。投手ではハンプトンの1億2100万ドルを抜いてトップ、全体では先日のバーノン・ウェルズがブルージェイズと結んだ契約と並んで歴代6位になります。これだけ大型契約が続くって事はやっぱMLBは相当儲かってるのかな。

他球団のオファーはメッツが5年7500万ドル、レンジャーズが6年8400万ドル(違約金400万ドルの1500万ドルのオプション付き)だったらしく、両球団ともこれ以上引き上げるつもりはないという雰囲気だったので、ジト側としてもYESと言わない理由は無かったようです。

アリーグからナリーグへの移籍に加え、ジャイアンツの本拠地AT&Tパークはメジャーで最も本塁打の出にくい球場でフライボールピッチャーのジトには向いていること、などを考えれば防御率3点台は期待できます。今オフにFAでドジャースに移籍した同じくフライボールピッチャーのジェイソン・シュミットもパイレーツからジャイアンツに移籍してから被本塁打が減少し好成績を残しましたし。

ただ、アスレチックスの方が守備力やブルペン陣は上なのでその点は多少苦労するかもしれません。まぁそれでもナリーグ+AT&T効果は大きいはず、ジト本来の力を出せば先発/イニング/防御率-35/220/3.70くらいの活躍は期待できます。

ジャイアンツはこれでシュミット、アルー、ヒレンブランドが抜けジト、ロバーツ、オーリリア、モリーナが加入したわけで、チーム力としては大きな変化は無さそうです。さらにこのチームの特徴として1年経てば自ずと戦力ダウンするというのがあるので、2007年も優勝を狙うにはちょっと厳しそう。

あーそれにしても結局、松坂(6年1億311万ドル)より高くつくことになりました。俺の予想としてはジトよりも松坂と契約する方が良いと思いますが。

ジトについてはこっちもどうぞ⇒パワプロ風能力査定

【2006/12/29 04:20】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

MLB2006オフシーズンのトレード分析(2)
ロッキーズのヘルトンがエンジェルス移籍なんて噂もありますがどうなんでしょうねぇ・・・俺としては打者天国を出てどうなるか見物なので移籍して欲しいですが。まっとりあえずトレード分析第2弾。第1弾はこちらに。

レンジャーズ:B・マッカーシー、D・パイサノ⇔
 ホワイトソックス:J・ダンクス、N・マセット、J・ラスナー

ひとこと:先発投手が欲しかったレンジャーズ、マッカーシーを見限った?ホワイトソックス
分析:レンジャーズNo.1の有望株というダンクスですが、マイナーでの成績はイマイチ(ここ3年間のマイナーでの防御率は3.78→4.38→4.24)です。マセットにも同じことが言えます。ダンクスはまだ21歳とかなり若いので成長の余地は大いにあるかもしれませんが。ただマッカーシーとダンクスを比較すると同年齢の成績はマッカーシーの方が上です。2006年はやや期待はずれでしたが先発ローテを任されるとなるとまた違った結果になる可能性も。一発病のマッカーシーにとってはUSセルラーを離れられるのもプラス。マッカーシーを評価してレンジャーズ有利と判定。
RangersWhiteSox

レッズ:J・コナイン⇔フィリーズ:J・モラン、B・キー
ひとこと:右打者が欲しかったレッズ、一塁&外野が余剰気味だったフィリーズ
分析:コナインは右打者ですが左右に対してそれほど得意不得意があるわけではありませんが、ハッテバーグはやや左を苦手にするのでそれなりに意義はあります。コナインは40歳で成績も下降気味ですが年俸200万ドルと負担が少ない事と交換相手のマイナーリーガーが期待できそうにないことを考えるとレッズにとっては良いトレードだと言えそうです。年俸削減を達成したフィリーズにとってもそれほど悪くありません。難しいところですが引き分けとしときます。
RedsPhillies

エンジェルス:P・セイベル⇔レッドソックス:B・ドネリー
ひとこと:若返りを狙ったエンジェルス、リリーフが欲しかったレッドソックス
分析:ドネリーは2003年の前半戦で40試合で防御率0.38という成績でオールスター出場を果たした好リリーフですが、ここ数年はやや落ち目。メジャー経験5年ですが既に35歳で下降線にある可能性が高いです。交換相手のセイベルは今年マイナーで80イニングで防御率1.24という抜群の成績を残した28歳の左腕。これだけマイナーで素晴らしいと来年はメジャーでもそこそこやるんじゃないかと思えます。ただそれ以前のマイナーでの成績はそれほどでもないのでビミョーといえばビミョー、年齢もそんなに若くないし。ってわけで・・・際どい勝負ですがエンジェルスに軍配!
AngelsRedSox

アストロズ:J・ジェニングス、M・アセンシオ⇔
 ロッキーズ:W・タベラス、J・ハーシュ、T・バックホルツ

ひとこと:ペティートに代わる有力な先発投手が欲しかったアストロズ、来オフFAになるジェニングスで有望株の欲しかったロッキーズ
分析:ロッキーズに行く選手は3人ともガーランドとのトレードが噂になったときの交換要員だったようです。そう考えるとガーランドの代わりにジェニングスというのは物足りない気も・・・まぁそれはおいといて・・・交換要員の目玉はハーシュ、身長203センチの大型右腕で2006年は3Aで最優秀投手に輝きました。それだけにジェニングスが2006年並の活躍をしてさらに引き留めに成功しないとアストロズが損かなぁという気がします。
AstorsRockies

ナショナルズ:C・スネリング、E・フルート⇔マリナーズ:J・ビドロ+400万ドル
ひとこと:年俸削減と若返りを図ったナショナルズ、意味不明のマリナーズ
分析:スネリングとフルートがどんな選手になるかはとりあえず置いといても、ビドロは守備は下手でOPS.800はちょっと苦しいけど高年俸というお荷物気味の選手でそれを獲るマリナーズはどうかなぁと・・・しかもマリナーズにとっては何の意味もありません。もうマリナーズは無能なバベジGMを解雇する以外は何もしない方が良さそうです。ナショナルズからしたらラッキーって感じでしょう。
NationalsMariners



【2006/12/24 13:57】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

バーノン・ウェルズ、7年1億2600万ドルで契約延長
契約詳細
契約金:2550万ドル
2008年:50万ドル
2009年:150万ドル
2010年:1250万ドル
2011年:2300万ドル
2012年:2100万ドル
2013年:2100万ドル
2014年:2100万ドル
2007年オフにFA権を取得する予定だったバーノン・ウェルズ、ブルージェイズとの契約延長に合意しました。総額1億2600万ドルの7年契約で、総額だとソリアーノが結んだ8年1億3600万ドルに次いで歴代6位となります。

契約期間は2008年から2014年で2011年のシーズン後にはウェルズ側に以降の契約を破棄する権利-3年6300万ドルなので年俸の上昇を考えてもたぶんこの権利を行使する事はないと思いますが-も盛り込まれてます。ちなみに来シーズン2007年は2003年春に結んだ5年契約の最終年で、この契約がそのまま履行されます。

それにしてもシーズンごとに豪く年俸が違います。一般的に発表される年俸は各シーズンの年俸に契約金を契約年数で割った金額を合計したものが使われることが多いですが、これだと2011年の年俸は$26,642,857に。これはA-RODの契約が2010年で切れるので現段階だとカルロス・ベルトランの$20,071,429を抑えてダントツのトップです!市場拡大を考えてもこのままトップになるかも。

で、ウェルズがこの契約に見合う価値がある選手かというと・・・今シーズンは打率/本塁打/打点/出塁率/長打率/OPS-.303/32/106/.357/.542/.899と攻撃面でもかなり良い働きをしましたが、本拠地球場と過去の実績を考慮すると実力的には打率/出塁率/長打率-.285/.340/.480のバッター。過去3年のPF(パークファクター)を考慮した成績は↓

ウェルズの修正済み打撃成績-基本編
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
2004 Tor134 590 538 143 33 2 22 49 2 2 84 1 0 9 2 17 .267 .330 .458 .787
2005 Tor156 678 617 164 29 3 25 50 3 3 84 8 0 8 3 13 .265 .319 .443 .763
2006 Tor154 677 609 184 40 4 29 56 0 3 89 9 0 17 4 13 .302 .359 .521 .880

守備面ではゴールドグラブを2004年以来3年連続受賞中ですがやや過大評価されてる感も・・・去年はまだ良かったとしても今年はゴールドグラブに値する守備では無かったです。特にこれ以上デブるとスピードには致命的。といってもセンターじゃなくて外野手全体で見ればまだまだ平均より上ですが。

現時点でソリアーノと比較すると攻撃力で劣るも守備力で勝っていて総合力では大きな差はありませんが、契約期間の年齢だとソリアーノは31~38歳なのに対してウェルズは29~35歳と若く、トータルで考えるとソリアーノよりは良い買い物かなぁと思います。

が、上にも書いたようにウェルズはOPS.800-.850程度の攻撃力を持つ平均的な守備力のセンター。センターというポジション、注目FA選手の中では若い部類に入ること、などのプラス要素を考えてもやはりこの契約は高過ぎると言えるでしょう。

あと、ウェルズの能力についてはこっちもどうぞ⇒パワプロ風能力査定

【2006/12/17 21:22】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(4) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

マリナーズまたもや迷走、ナショナルズからビドロを獲得
マリナーズがナショナルズからホセ・ビドロを獲得。今までは二塁手としてやってきましたがマリナーズではDHのレギュラーとして出場するようです。それに伴ってDHを任せる予定だったベン・ブロウサードを放出する見込みとか。

いやーしかしこのトレード、簡単にまとめるとスネリングとフルートを放出してブロウサードをビドロに代えるということで、全くもって意味不明です。まずは実力を比較。球場差を加味した2004年から2006年の最近3年間の成績から予想した2007年の(平均的な球場でプレーした場合の)成績で比較してみます。

PlayerGTPAABH2B3BHRBBIBBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
Broussard143 482 442 124 25 3 21 31 4 5 98 3 0 2 2 7 .281 .332 .493 .826
Vidro110 449 402 118 25 1 9 40 4 2 41 4 1 1 0 13 .295 .359 .427 .786

打率や出塁率こそビドロが上回ってますが、長打力は大きな差が見られます。ビドロはファーストだけでなくセカンドも守れますがDHでの出場がメインということなのであまり関係ありません。それにビドロのセカンドの守備というのも下手な部類ですし。

BroussardVidro
年齢3032
試合数425323
年俸$5M??$12M
ビドロはここ最近は故障も多く2004年以降ではシーズン平均で108試合しか出場できてません。故障暦だけでなく年齢の面でもブロウサードの方が2歳若いです。

さらに年俸の面でもビドロに対しては今後2年間で1200万ドルを負担しなければなりませんが、ブロウサードは今シーズンの年俸が250万ドル弱で調停2年目なので来シーズンは450~500万ドルと予想されブロウサードの方がお買い得なのは確実。

というわけでどう考えてもブロウサードの方が価値があります。FOXのサイトにもいつか書いてあったようにマリナーズはとりあえずGM始め首脳陣の一掃から始めないとどうしようもないですね・・・。

【2006/12/14 17:51】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ジャイルズ弟やピネイロも、新たに28人がFAに
年俸調停申請の権利を持ちながら来期の契約をオファーされなかった選手、いわゆるnon-tenderってやつ、が発表になりました。この選手たちは新たにFAとなりどのチームとも交渉できます。

では、ここでnon-tender-FA選手のリストを。リック・アンキールなんて懐かしい名前もありますがここでは主な選手だけをリストアップ。全28人のリストはこちら

トッド・ウィリアムス(BAL)、ジェローム・ウィリアムス(OAK)、ジョエル・ピネイロ(SEA)、
クリス・リーツマ(ATL)、マーカス・ジャイルズ(ATL)、ホルヘ・ソーサ(STL)、
トビー・ホール(LAD)、ビクター・ザンブラーノ(NYM)、ブランドン・クラウセン(CIN)

やはり何といっても注目はジャイルズ弟。攻守ともに実力は下降傾向ですが、それでも守備力は平均よりやや上で攻撃力もOPS.770程度期待できるので欲しいチームは多いはず。今年の年俸は385万ドルなので調停に持ち込んだとすると600万ドルくらい?ブレーブスも残しても良いと思うけどなぁ・・・それだけ財政が厳しいってことかな、うん。

他には地味ながらオリオールズのウィリアムズ。メジャー経験はまだ4年目ですが既に35歳の右腕。こう聞くとダメそうだけど、ここ3年間の成績は163試合で164.2イニングを投げ防御率3.72。結果non-tender。一方、同じ期間に186試合に登板して200イニングを投げ防御率3.60のダニス・バイエスは先日3年1900万ドルでオリオールズと契約。来年は案外ウィリアムズの方が活躍したりして・・・。まっ金額ほど差が無い事だけは確かでしょう。

それとメッツのザンブラーノ。2004年の7月にトレードでデビルレイズから獲った選手で交換相手はスコット・カズミアー。トレード当初から批判されまくったトレードでしたが、この2年半の活躍度はカズミアーの方がよっぽど上、しかも2005年と2006年で払った年俸はカズミアーの70万ドル弱に対してザンブラーノは510万ドル、という結果でメッツに何のメリットも与えないままの退団となりました。

ところでこのnon-tender。案外オイシイかもって思うのは俺だけ??ww一応FAになるんだし。まぁFAになってオイシイ思いをする選手は基本的にnon-tenderにならないし大抵は安く買い叩かれるだけだけど。でも2年前のエクスタインなんかは結局カージナルスから3年総額1025万ドルの契約をゲットしてます。これなんかエクスタインにとっては結果的に良かったんじゃないですかね。

続きを読む

【2006/12/13 21:38】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

MLB2006オフシーズンのトレード分析(1)
このオフに行われたトレードチェック。というわけで大き目のトレード、気になったトレードついて簡単に分析してみました。また新たなトレードが成立したら書き足していこうかなぁと思ってますが、とりあえずは6件。

ブレーブス:R・ソリアーノ⇔マリナーズ:H・ラミレス
ひとこと:先発投手不足のマリナーズ、ウィックマンに繋ぐ中継ぎ投手が欲しかったブレーブス。
分析:どう考えてもブレーブス有利。ソリアーノは2003年と2006年の2年間で93試合に登板して防御率1.91とリリーフ転向が見事的中、故障さえなければトップクラスの中継ぎ投手としての活躍が期待できます。ラミレスもうまくいけば先発3番手くらいの活躍は期待できるけどこっちもやや健康面に不安が。マリナーズとしてはソリアーノを出すんならもっと良い投手が獲りたかったところ。先発がある程度揃ってるブレーブスとしてはきっちりブルペンを補強できて上手くやったという感じ。
BravesMariners

フィリーズ:F・ガルシア⇔ホワイトソックス:G・フロイド、G・ゴンザレス
ひとこと:先発投手が余ってたホワイトソックス、ローテーションを強化したかったフィリーズ。
分析:フィリーズのやりたいことがイマイチわかりません。現時点で先発投手はマイヤーズ、ハメルス、モイヤー、リーバー、モイヤーと合わせて6人。防御率4点台未満も期待できタフなガルシアを獲るのは良いとして・・・リーバー放出の噂があるけど、それならイートンが一番要らない。どう考えてもリーバーの方が上だし。しかもイートンの契約は3年2400万ドル!ってこのトレードから話題逸れてますがwwこのガルシア獲得自体は賢いトレードだったと思います。
ホワイトソックスとしてはフロイドを評価してのトレードだと思うけどここ2年間のフロイドの成績はMLBでも3Aでも最悪でこのまま消える可能性もあります。もう一人のゴンザレスはトーミのトレードで放出した選手だったようです。実力の程は不明ですwwまぁ元々獲得する必要のなかったバスケスを無駄に獲ってなかったら(マッカーシーでも何とかなったと思うので)何の問題も無かったわけで・・・フィリーズ同様効率の悪い動き。
PhilliesWhiteSox

ロイヤルズ:B・バニスター⇔メッツ:A・バーゴス
ひとこと:先発が欲しかったロイヤルズ、バーゴスの将来に期待したメッツ
分析:そんなに大きなトレードってわけじゃないけどバーゴスなんて獲ってどうすんのかなぁって思ったので。正直バーゴスはセーブ失敗を繰り返してた印象しかないwwバニスターの方がお得かなぁと。マイナーでの成績もバニスターの方が良いし。
RoyalsMets

ダイヤモンドバックス:D・デービス、D・イブランド、D・クリンゼル⇔
 ブリュワーズ:J・エストラーダ、C・バルガス、G・アキーノ

ひとこと:エストラーダを放出したかったDバックス、攻撃力アップを狙ったブリュワーズ
分析:エストラーダはフロントとの確執があったのでオフの間に放出されるのは確実視されてました。そんなわけでブリュワーズに。ブリュワーズとしてはD・ミラーも控え捕手もいるので必ずしも必要というわけではないですが攻撃力アップを狙ってのことでしょう。ただ投手陣はデービスの代わりにバルガスなので弱体化。
Dバックス的にはデービスを獲れたのでまぁ良しってとこですかね。今年のような成績だとあんまり意味ないですが。イブランドもマイナーでは順調に好成績を残してる投手で案外活躍するかもです。
D-BacksBrewers

ヤンキース:H・サンチェス、K・ウィーラン、A・クラジェット⇔タイガース:G・シェフィールド
ひとこと:シェフィールドを放出したかったヤンキース、攻撃力アップを狙ったタイガース
分析:このトレード、ヤンキースが得たマイナー選手が未知数なため評価が難しいです。3人とも投手で、H・サンチェスが3A選手で2007年にメジャー昇格するかもというトッププロスペクト、K・ウィーラン、A・クラジェットはそれぞれA+、A級でクローザーを務めていた投手のようです。放出が決定的だったシェフィールドでこれだけ獲れたら十分でしょう。
タイガースとしてはテームスもシェルトンもいるので年齢による衰えが予想されるシェフィールドを有望な若手を手放してまで獲る必要はなかったかなぁと。しかも実質3年4100万ドルで契約延長しちゃいましたし。来年に限れば戦力アップなのはほぼ間違いないですが、2,3年度にはテームスかシェルトンの方が打つようになってたりして・・・。長期的に見ると大きなマイナスになりそうです。
YankeesTigers

パドレス:K・コーツマノフ、A・ブラウン⇔インディアンス:J・バーフィールド
ひとこと:三塁手が欲しかったパドレス、コーツマノフを放出したかったインディアンス
分析:このトレードを見たときはビックリしました。まさか期待の若手バーフィールドが放出されるとは思ってなかったので。パドレス的にはバーフィールドをそんなに高く評価してなかったんですかね。それと今オフのFA市場を考えたとき二塁手は獲りやすいってのもあったようです-結局トッド・ウォーカーと再契約。このままだとサードはコーツマノフがレギュラーの予定。マイナーでは2Aと3Aで計94試合に出場して打率.379、出塁率.437、長打率.656とMVP級の成績を残しましたがメジャーではどうか注目です。
インディアンスはルナとイングレットがいるけど、バーフィールドが獲れるなら獲っておこうかという感じでしょうか。球団的にはサードにはマーテを使いたいようなので。マーテが来年もダメならルナをサードにすることも出来るし、悪くは無いトレードでしょう。ただブラウンを手放した事でリリーフ候補が一人消えたのはマイナスですが。
PadresIndians


【2006/12/12 08:41】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

40歳マダックスは投手有利のサンディエゴに移籍
大物野手はほとんど行き先が決まったのに対して投手はジト、シュミットといった大物はまだですが、先発、リリーフともに動きは出始めてます。

マダックスはパドレスに。これでパドレスはピービー、クリス・ヤング、ヘンスリーと合わせてとりあえず4人は先発が決定。契約内容は2年目が600万ドルの選手オプションなので実質2年1600万ドルといったところ。既に40歳ですが故障には滅法強く大きな衰えがないとすると、200イニング以上、防御率でもペトコパーク効果で3点台が期待できます。エース球の活躍は無理でしょうが先発3,4番手の活躍は確実にするはず。

故障だらけで上手くいっても先発4番手の実力しかないイートン、良いシーズンもあるものの期待値的にはマダックスを下回るパディーヤとの契約(それぞれフィリーズと3年2450万ドル、レンジャーズと3年3400万ドルで合意)に比べたら遥かに賢い買い物です。

【2006/12/06 23:55】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

レッドソックス、ドリュー&ルーゴを獲得
ウインターミーティングもいよいよ2日目。マニー・ラミレスのトレードは相変わらず実現してません。ってかどうせ残留だろうって勝手に思ってます。さて、そんなレッドソックス、注目FAを2人獲得。

まずはルーゴと4年3600万ドルで合意。打撃力は平均的な球場でプレーした場合は打率/出塁率/長打率-.285/.350/.410といった感じ。フェンウェイ効果でもう少し打率は上がるかも。30盗塁を期待できるスピードの持ち主で出塁率もまずまずなので何とか上位打線を任せる実力はあります。守備はエラーは多いものの守備範囲はそこそこ。ドジャースで守ったようにセカンドやサードも守れます。

そして詳しくはまた後で書く予定ですが5年7000万ドルでドリューさん。やや引っ張り中心の傾向がありますがラインドライブヒッターなのでこちらもフェンウェイ効果で打率アップは期待できます。そうなれば得意の出塁率も自然と.400を超えてくるはず。

2007予想オーダー
1 1BYoukilisR
2 SSLugoR
3 DHOrtizL
4 LFRamirezR
5 RFDrewL
6 CValitekB
7 3BLowellR
8 CFCrispB
9 2BCoraR
問題は打順。オルティス、ラミレスの後の5番を任せるようですが、ドリューは明らかに3番打者タイプ。2アウト2塁とかで四球を選んでも実にビミョーです・・・。ただ松井秀や2001年のブレット・ブーンばりにランナーを置いた場面での打席が増えそうで、打点数は期待できそうですが。

これでレッドソックスはまた出塁率の高い選手が加わる事になりました。ドリューを仕方なく5番にするとオーダーはこんな感じに。ヤンキースには及びませんがかなり強力な打線になります。それにしてもレッドソックスもお金持ちですね~松坂とももうすぐ契約するだろうし。

【2006/12/06 23:47】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

マリナーズが狙ってる!?ルイス・ゴンザレスは危険!
2001年にはレギュラーシーズンで打率.325、57本塁打の好成績、ワールドシリーズ第7戦ではワールドシリーズ制覇を決めるサヨナラヒットを打った、ゴンゾーことルイス・ゴンザレス。チーム創設2年目の1999年からダイヤモンドバックスに在籍していた地元の人気選手でしたが、チームの若返り構想から外れ来シーズンからは新しいチームでプレーする事に。ここにきてマリナーズが狙ってるという報道も。

しかし、気になるのはゴンザレスの攻撃力。今までの本拠地球場は打者有利のチェイスフィールド、年齢も39歳。そんなわけでとりあえずパークファクターを考慮した最近3年間の成績です。計算方法なんかはこっちを。

ゴンザレスの修正済み打撃成績-基本編
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
2004 Ari105 451 379 96 27 4 15 68 11 2 59 2 0 2 2 9 .254 .369 .468 .837
2005 Ari155 672 580 155 36 0 24 77 12 11 92 4 0 4 1 14 .267 .361 .451 .812
2006 Ari153 668 588 153 50 2 13 67 10 7 60 6 0 0 1 14 .261 .340 .418 .758

ゴンザレスの修正済み打撃成績-統計編
YearRCXRRC27XR27AVG+OBP+SLG+OPS+RC27+XR27+
2004 65.7 64.8 6.00 5.92 94 108 107 115 116 115
2005 94.8 93.9 5.76 5.70 99 107 105 112 115 115
2006 83.6 82.1 4.95 4.86 96 99 95 94 94 93

やはりチェイスフィールドの打者への恩恵は相当大きいようです。それと年齢による影響なのか、明らかに下降傾向。特に2006年はOPS+などで100を下回りリーグ平均をも下回る結果になってます。守備力はレフトで平均程度といったところなので、2007年もこのような成績だとすると完全なレギュラーとして期待するのはちょっと厳しいかも。アリーグでDHを任せるにしてもDHでこの攻撃力だとやはり微妙と言わざるを得ません。

マリナーズはホセ・ギーエンと契約することがほぼ確実なので、ゴンザレス獲得の可能性は減ったのかな?まぁブロウサードに調停を申請せず両翼&DHをイバニエス、ギーエン、ゴンザレスで固める可能性もありますが。

そうそう、俺としてはギーエンは健康や性格の面で問題あるかもしれませんが結構いい買い物だったなぁと思ってます。リスクがあるのは確かですが、嵌ればいい活躍をするんじゃないかなぁと思うので。ただマリナーズの弱点である四球数の少なさをカバーする事は全く期待できませんが。その点はゴンザレスはプラスになりますね。

【2006/12/05 01:45】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ピエーレ、5年4400万ドルでドジャースに移籍
先程のマシューズに次いで今度はピエーレの契約についてです。5年4400万ドルでドジャースと契約。各シーズンの年俸は750万ドル→800万ドル→1000万ドル→1000万ドル→850万ドルとなります。

で、ピエーレさんはというと・・・2004年こそリーグ6位の高打率をマークしてますが、最近2年間は打撃不振でその間の成績は打率/出塁率/長打率-.284/.321/.378でOPSにいたっては.699と最低ラインの.700にも満たない数字です。04年の好調、05年の不調を考えて2007年はこんな感じで今年くらいの成績になると予想されます。攻撃力は期待できません。個人的には上位打線を打たせるのではなく7,8番あたりを打たせるべきだと思います。

YearTMGTPAABH2B3BHRBBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
2007LAD16273968120127933784021156208.295.338.373.711

また、ピエーレの武器である走塁についても盗塁数は多いものの盗塁失敗もかなり多いのがピエーレの特徴。通算盗塁成功率は73%でこの成功率では統計学的にはほとんど意味がありません。それに牽制死も少なくないのでさらに割引いて考えてるべきです。ディフェンス面でも走力自体は高いものの打球の読みは悪く肩もかなり弱いのでセンターとしては平均以下。

統計学をこよなく愛する俺としては、攻撃面においてのスモールボール(バントや盗塁)はビミョーだと思ってるわけで・・・盗塁数&安打数だけがウリで守備も良くないピエーレとのこの契約は評価できません。ってかピエーレにマシューズと市場の状況を考えても実力以上の契約を手にする中堅手が目立ちます。これなら同じく中堅手のキャメロン(実質1年650万ドル)やハンター(実質1年1000万ドル)のオプション行使は当然中の当然でしたね。もしこれを破棄してたら・・・。ところでドリューももうすぐ決定かな?この調子だと余裕で3年3300万ドル以上の契約しそうですが。

【2006/11/23 18:44】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

マシューズ、5年5000万ドルでエンジェルスに移籍
ゲーリー・マシューズがエンジェルスと5年総額5000万ドル、ホアン・ピエーレがドジャースと5年総額4400万ドルで契約しました。

マシューズ打撃成績
TermGAVGOBPSLG
~2005728.249.327.397
2006147.313.371.495
では、マシューズの契約から。今シーズンこそは課題だった確実性を大幅アップさせ、打率.313、OPS.866とセンターとしては十分な成績(ポジション別では打率はMLB1位、OPSは同5位)を残しましたが、今年ブレイクする前は右表のように完全に打てない選手だったので32歳という年齢を考えると今年の活躍がただのマグレだったという可能性も大いにあります。

さらに打者有利のアーリントンを離れる点もマイナス。アーリントンを離れる場合は打率で1.7%程度、長打率で3.1%程度マイナス(最近3年間のPFより、詳しくはこちら)して計算しなければならないので、今季の成績(打率/出塁率/長打率-.313/.371/.495)もこれを適用すると打率/出塁率/長打率-.308/.366/.481くらいになります。これらのことを考慮すると2007年の予想成績はこんな感じに。やはり打率の低下が予想されその結果OPS.800を切るということに。

YearTMGTPAABH2B3BHRBBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
2007LAA14565058416535417572102601059.283.345.442.787

守備力は現時点でセンターとしては平均ちょい上といったレベルで、これについては年を追うごとに確実に落ちていくと思われます。年平均1000万ドルで5年契約というのはさすがに払いすぎかなぁと思います。

これでエンジェルスの外野陣はレフトにアンダーソン、センターにマシューズ、ライトにゲレーロとなります。今年ブレイクしたホアン・リベラは主にDHでたまに外野を守る見込みです。

【2006/11/23 17:51】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

ソリアーノ、8年1億3600万ドルの超大型契約でカブスに移籍
今オフFA史上最大の目玉と言われていたソリアーノ、早くも移籍先が決まりました。カブスと8年1億3600万ドル(年平均1700万ドル)で契約。さすがにここまで高額になるとはちょっと予想外でした。

この総額1億3600万ドルというのはMLB史上5位の大型契約です。ではここで歴代大型契約トップ5をチェック!

MLB歴代大型契約ベスト5
 選手球団年数期間総額年平均締結時期
1ロドリゲスTEX102001-2010$252M$25.2M2000年12月
2ジーターNYY102001-2010$189M$18.9M2001年1月
3ラミレスBOS82001-2008$160M$20M2000年12月
4ヘルトンCOL92003-2011$141.5M$15.7M2001年3月
5ソリアーノCHC82007-2014$136M$17M2006年11月

この表にあるようにソリアーノ以外の4つの契約は全て00-01年オフに結ばれたもの。これ以外にもロッキーズがハンプトンと結んだ8年1億2100万ドルなんて契約もあったりと超大型契約が乱発され世間から批判の声が多く聞かれた頃です。

そして今回のソリアーノの大型契約。2年前にベルトランがメッツと結んだ契約が7年1億1190万ドルで年平均にすると1700万ドルで同じです。2年前のベルトランとソリアーノを比べると、攻撃力はややベルトランが上、守備力はベルトランの方が遥かに上、年齢はベルトランが3歳若い、と明らかにベルトランの方が価値があります。それにも関わらず平均年俸は一緒で契約年数はソリアーノが1年長いんです。この契約が終了する頃には38歳、今オフがいくら年俸高騰の雰囲気があるとは言えさすがにこれは払いすぎかなぁと。

さて、カブスがソリアーノをどう使うかと言うと、現時点では1番打者を任せるとのことですが・・・四球が少なく1番には向いてないけど中軸を任せようにもチャンスには結果を残せてないということで使い勝手の良くない選手でもあります。詳細はこちら。ちなみにポジションは外野を守るのは決定のようですが左翼なのか中堅なのか右翼なのかは未定との事。

移籍先も決まったことなので改めて2007年の(予定通り1番を打った場合の)予想成績を。カブスの本拠地リグレーフィールドはシーズンによってばらつきが大きいとは言え基本的にホームランの出やすい打者有利の球場。それを考慮するとこんな感じになりました。

YearTMGTPAABRH2B3BHRRBIBBHBPSBCSGDPAVGOBPSLGOPS
2007CHI154700639125177393418746935104.277.333.540.873

本拠地効果もあり予想本塁打数は41本に。中軸にはリーとラミレスがいるので得点王の可能性もあります。テキトーパワプロ風能力分析もここにあるのでよろしく。

【2006/11/22 02:44】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パドレス、キャメロンのオプション契約を行使、ピアザは破棄
パドレスがキャメロンのオプション契約を行使することを決定。オプション契約の価格は700万ドル、違約金は50万ドル。

来シーズンも今年レベルの活躍をしてくれるかは微妙なところですが、140試合程度に出場、打率/出塁率/長打率-.265/.360/.490(平均的な球場でプレーした場合の数値)、ゴールドグラブ級の守備力くらいの活躍は期待できます。その実力は先日ツインズ残留が決定したハンターと比較しても遜色ありません。ハンターは実質1000万ドルのオプションだったことを考えると、この実質650万ドルというのはかなり割安で行使は当然と言えるでしょう。

その他の選手では途中加入のブラニヤンとのオプション契約を行使。一方でピアザ、クレスコとのオプションは破棄。クレスコは移籍濃厚で、ピアザはオプションが800万ドル(違約金は75万ドル)と高額だったから破棄しただけでより低い金額で再契約する可能性はあるようです。

この2人も含めてということになりますが、パドレスはロバーツやウッディ・ウィリアムスを始めFAになる選手が多いですね。といっても投打ともに軸になる選手とは既に契約済みだったりしますが。

【2006/11/01 00:04】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

43歳モイヤー、フィリーズと2年契約
今シーズン途中にマリナーズとのトレードでフィリーズに移籍してきたモイヤー、約一ヶ月後には44歳になる超ベテランの左腕投手です。そんな高齢な彼ですが安定した活躍が評価されフィリーズと新たに2年契約に合意。総額1050万ドルで内訳はこんな感じです。
 契約金:100万ドル
 2007年:600万ドル
 2008年:350万ドル
08年の年俸は07年に170イニング投げれば450万ドルに、180イニング投げれば550万ドルに上昇します。さらに08年は出来高があり投球イニングで165,175,185イニングを達成するとそれぞれ50万ドルのボーナスがもらえます。つまり、07年に180イニング、08年に185イニング投げれば今後2年間で1400万ドルを手にすることに。しかも、タフさがウリのモイヤーさん、185イニングと言うのは最近10年間で9回達成しているのでその可能性は高そうです。

それにしてもモイヤーには遅咲きという言葉がぴったりです。96年までは複数球団を渡り歩いてたジャーニーマンにすぎませんでしたが、96-97年オフにFAでマリナーズに移籍(この時点で34歳)すると先発投手に定着。その後は10年間で規定投球回に満たなかったシーズンはたった1度だけ、防御率トップ10に5度ランクイン、20勝以上も2回記録し10年で144勝87敗という素晴らしい活躍でした。最大のウリはタフさで現在6シーズン連続で200イニング以上を投げていてこれはリバン・ヘルナンデスの7年に次いで(ジト、ガルシア、バーリーと並んで)2位タイです。

といってもここ3年間は防御率4.59、31勝34敗-その前の3年間は3.34、54勝21敗-とさすがに成績は下降気味・・・。さらにフィリーズの本拠地シチズンズパークは本塁打が乱発する打者有利の球場。3年で100本塁打を浴びているフライボールピッチャーのモイヤーには・・・。というわけで防御率は4.60程度になると予想され、ある程度ローテは守ってくれるとはいえ若干割高な感じもします。

これでフィリーズの先発投手陣はマイヤーズ、リーバー、モイヤー、ハメルスと4人が確定。
       投 試 防御率 投球回 安打 本 四 勝 負
 マイヤーズ 右 31  3.91 198.0 194 29 63 12- 7
 リーバー  右 27  4.93 168.0 196 27 24  9-11
 モイヤー  左 33  4.30 211.1 228 33 51 11-14
 ハメルス  左 23  4.08 132.1 117 19 48  9- 8
5人目はFAとなるウルフ?ギリックGMは「左投手が3人いるローテーションというのも好きだ、06年と同じ先発陣にしたい」と言っていますがどうなるか・・・。

【2006/10/26 00:51】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | MLB-06オフ
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。