真剣MLBしゃべり場
【MLB】MLBやプロ野球など野球に関する話題を中心に書いていきます【NPB】
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


人気blogランキング

ご協力お願いしますm(_ _)m

人気blogランキング


プロフィール

ばーねっと

Author:ばーねっと

野球好きの大学生です。ニックネームは来年からヤンキースに移籍する2008年アリーグ奪三振王のA.J.バーネットから決めました。

熱心に応援してるチームは特にありませんが、的外れな補強するチームは好きじゃありません。

メールはこちらからどうぞ!


お気に入りに追加


お気に入り選手

A.J.バーネット
ティム・ハドソン
ケン・グリフィー
J.D.ドリュー
ショーン・グリーン
スティーブン・ドリュー


カテゴリー

MLB-総合 (45)
MLB-球団 (60)
MLB-マリナーズ (13)
MLB-選手 (75)
MLB-A.J.バーネット (10)
MLB-T.ハドソン (13)
MLB-J.D.ドリュー (13)
MLB-日本人 (9)
MLB-06オフ (25)
MLB-データ (12)
MLB-PF (40)
NPB-総合 (32)
NPB-その他 (18)
WBC (5)
2006予想 (4)
2007予想 (23)
2008予想 (4)
俺流タイトル (21)
パワプロ風査定 (24)
ファンタジー (11)
未分類 (0)
全ての記事


月別アーカイブ

2009年02月 (2)
2009年01月 (5)
2008年12月 (10)
2008年11月 (7)
2008年10月 (6)
2008年07月 (7)
2008年06月 (9)
2008年05月 (11)
2008年04月 (1)
2008年03月 (8)
2008年01月 (1)
2007年11月 (4)
2007年10月 (7)
2007年09月 (6)
2007年08月 (9)
2007年07月 (14)
2007年06月 (13)
2007年05月 (13)
2007年04月 (19)
2007年03月 (22)
2007年02月 (14)
2007年01月 (26)
2006年12月 (23)
2006年11月 (22)
2006年10月 (17)
2006年09月 (20)
2006年08月 (22)
2006年07月 (17)
2006年06月 (4)
2006年05月 (5)
2006年04月 (3)
2006年03月 (7)
2006年02月 (24)
2006年01月 (30)
全ての記事


ブログ内検索


おすすめサイト(英語)


おすすめサイト(日本語)

MAJOR.JP
Yahoo!プロ野球
NPBオフィシャルサイト
NPB選手会公式HP
プロ野球選手成績
パリーグ予告先発投手
人気blogランキング
メジャーリーグ - ブログ村
FC2ブログランキング
テキトーMLB
管理者ページ


おすすめブログ


2007NPB成績その1

チーム打撃成績(3月)
チーム打撃成績(4月)
チーム打撃成績(5月)
チーム打撃成績(6月)
チーム打撃成績(7月)
チーム打撃成績(8月)
チーム打撃成績(9月)
チーム打撃成績(-4月)
チーム打撃成績(-5月)
チーム打撃成績(-6月)
チーム打撃成績(-7月)
チーム打撃成績(-8月)
チーム打撃成績(-9月)


2007NPB成績その2

チーム投球成績(3月)
チーム投球成績(4月)
チーム投球成績(5月)
チーム投球成績(6月)
チーム投球成績(7月)
チーム投球成績(8月)
チーム投球成績(9月)
チーム投球成績(-4月)
チーム投球成績(-5月)
チーム投球成績(-6月)
チーム投球成績(-7月)
チーム投球成績(-8月)
チーム投球成績(-9月)


2007NPB個人成績

個人打撃成績(-4月)
個人打撃成績(5月)
個人打撃成績(-5月)
個人投球成績(-4月)
個人投球成績(5月)
個人投球成績(-5月)


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


RSSフィード


FC2カウンター


     Since August 29, 2006


QRコード

QRコード



★☆おすすめカテゴリ☆★
  • パークファクター(PF)
    選手を正しく評価するのに必要不可欠なMLB30球団の本拠地のパークファクターをここ10年分掲載。しかもロードゲームでの有利不利も考慮しているというスグレモノww

  • 2008年のデータも公開中ア東ア中ア西ナ東ナ中ナ西

【2007/09/17 15:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | おすすめデータ
FC2ブログランキング  人気blogランキング  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風査定 - 記事一覧
 スポンサーサイト 
2006/02/24   パワプロ風能力査定-ジョー・マウアー 
2006/02/23   パワプロ風能力査定-ロイ・オースワルト 
2006/02/22   パワプロ風能力査定-バリー・ジト 
2006/02/21   パワプロ風能力査定-ジョフ・ジェンキンス 
2006/02/20   パワプロ風能力査定-アンドリュー・ジョーンズ 
2006/02/19   パワプロ風能力査定-バーノン・ウェルズ 
2006/02/18   パワプロ風能力査定-デレク・ジーター 
2006/02/17   パワプロ風能力査定-ボビー・アブレイユ 
2006/02/16   パワプロ風能力査定-ケニー・ロフトン 
2006/02/15   パワプロ風能力査定-アレックス・ロドリゲス 
2006/02/14   パワプロ風能力査定-エリック・チャベス 
2006/02/13   パワプロ風能力査定-トッド・ヘルトン 
2006/02/12   パワプロ風能力査定-城島健司 
2006/02/11   パワプロ風能力査定-井口資仁 
2006/02/10   パワプロ風能力査定-エイドリアン・ベルトレー 
2006/02/09   パワプロ風能力査定-ティム・ハドソン 
2006/02/08   パワプロ風能力査定-A.J.バーネット 
2006/02/07   パワプロ風能力査定-イチロー 
2006/02/06   パワプロ風能力査定-ケン・グリフィー 
2006/02/05   パワプロ風能力査定-マイク・キャメロン 
2006/02/04   パワプロ風能力査定-ショーン・グリーン 
2006/02/03   パワプロ風能力査定-アルフォンソ・ソリアーノ 
2006/02/02   パワプロ風能力査定-松井秀喜 
2006/02/01   パワプロ風能力査定-J.D.ドリュー 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 Permalink | Edit | スポンサー広告
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-ジョー・マウアー
マウアーミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投左打|||||||
1983.04.19|13| 8|11| 9|13|13| 
2006成績|AVG .347|HR 13|RBI 84|OBP .429|SLG .507
チャンス3対左投手3   ケガしにくさ3
盗塁4走塁3送球3  安定度3
バント安打○高め○流し打ち   

●打撃
2005年は右投手に対してOPS.889だったのに左投手にはOPS.514とかなり苦しんだもが、2006年は右.994/左.826とかなり克服した。特に打率に関しては左相手に.331をマークしこれが首位打者獲得につながったと言える。またミートを重視していてラインドライブが多いのが特徴で内野フライで凡退する事は非常に少ない。

●守備&走塁
ディフェンス面においては盗塁阻止や捕球能力といった捕手に必要な能力をほとんど兼ね備えている。所属するアメリカンリーグではイバン・ロドリゲスに次ぐ守備力を持つ。
足がそれ程速いわけではないがセーフティーバントが非常に上手く、ここ2年で14回試みて11回成功させている。盗塁も上手い。

●その他
2001年のドラフトでツインズから全米1位指名を受け入団。2004年メジャーデビューを果たし、フルシーズン2年目となる2006年にはアメリカンリーグ史上初となる捕手で首位打者という偉業を達成。

●標準化した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
2004 Min35 122 106 32 8 1 6 12 0 1 13 3 0 1 0 1 .305 .369 .575 .944
2005 Min131 554 480 142 26 2 9 70 14 1 61 3 0 13 1 9 .297 .385 .419 .804
2006 Min140 608 509 174 35 4 14 91 24 1 51 7 0 8 3 23 .341 .437 .504 .941

●契約
ツインズ、4年3300万ドル
 2007年: 375万ドル
 2008年: 625万ドル
 2009年:1050万ドル
 2010年:1250万ドル
スポンサーサイト


【2006/02/24 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(3) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-ロイ・オースワルト
オースワルトスピード|制球力|スタミナ|守備力|
スライダー 
スローカーフ 
チェンジアップ
右投右打|||||
年齢:29|156| 13| 10| 10|
2006成績|G 33|IP 220.2|AVG .263|BB 38|SO 166|ERA 2.98
対ピンチ3対左打者3対ランナー3打たれ強さ3 ケガしにくさ3
ノビ4キレ3クイック4回復3 安定度4
逃げ球     

●投球
主な武器はノビのあるファストボールとスローカーブ。ファストボールは90マイル、スローカーブは70マイル近辺と相当な速度差があり打者のタイミングを外すことができる。第3の球種として右打者にはスライダー、左打者にはチェンジアップを投げる。
コントロールに優れており打者有利のカウントでも際どいコースでストライクを取ることができる。そのため毎年240イニング近く投げているが被本塁打は少なく最高でも18本しか打たれていない。

●守備
盗塁阻止に長けていて盗塁を許すことは少ない。たとえ相手が盗塁を狙ってきても半分程度はアウトに出来る。バント処理などの打球処理も素早い。

●その他
最近3年で約750イニングも投げている。2004年には最多勝、2005年には2年連続の20勝、そして2006年には防御率タイトルを獲得とまさに今を時めく投手である。またメジャーデビュー以来の6年で5度サイヤング賞投票で5位以内にランクインしている。現在ナショナルリーグで最高の投手といっても過言ではない。

●契約状況
2006年8月にアストロズと5年7300万ドルで契約延長をして2011年(2012年は球団オプション)までアストロズに残留する事が決定。メッシュが5年5500万ドル、リリーが4年4000万ドルという今オフのFA市場を考えればかなり割安な感じがする契約だ。

●2007年展望
上記のように毎年サイヤング賞候補に挙げられながらサイヤング賞獲得には至ってない。ヨハン・サンタナ級の圧倒的な活躍をして獲得して欲しいところ。

【2006/02/23 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-バリー・ジト
ジトスピード|制球力|スタミナ|守備力|
 スライダー
 カーブ
チェンジアップ
左投左打|||||
年齢:28|143| 9| 12| 8|
2006成績|G 34|IP 221.0|AVG .257|BB 99|SO 151|ERA 3.83
対ピンチ3対左打者2対ランナー3打たれ強さ3フライ系ケガしにくさ5
ノビ4キレ3クイック3回復3 安定度3
リリース○開幕×四球病   

●投球
変化の大きさではMLBトップとの呼び声もあるカーブだが、ここ数年は打者も大分慣れてきたのが以前のような威力はなくなってきている。速球は90マイルに届かない程度のスピードだが、他の球種とリリースがほとんど変わらないので意外と打たれない。
フライを打たせるタイプの投手だが2006年は31回も併殺打に仕留めた。フォアボールの数が増加傾向にあり2006年はリーグ2位の99四球を記録してしまった。

●守備
2005年は26回走られて22回盗塁を許したが2006年は20回走られて8回しか許さなかった。基本的には盗塁されやすくもされにくくもない。かつては弱点だった守備も改善された。

●その他
メジャーデビュー以来ケガで登板を回避した事が一度もないというタフネス左腕。ここ6年間で4回もリーグトップとなる先発数をマークしており、ここ6年で208先発というのはもちろんメジャーNO.1。タフさこそがジトの最大の長所である。

●2007年展望
現在FAで来期の球団を選択中。サイヤング賞を獲った2002年のような働きをする可能性は低いがローテーションをきっちり守りそこそこのピッチングは計算できるので、どのチームに入ってもそれなりに戦力になる。

【2006/02/22 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-ジョフ・ジェンキンス
ジェンキンスミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投左打|||||||
年齢:32| 9| 9| 8| 7|12| 9| 
2006成績|AVG .271|HR 17|RBI 70|OBP .357|SLG .434
チャンス3対左投手1 強振多用 ケガしにくさ2
盗塁3走塁3送球3  安定度2
後半戦○死球男三振男   

●打撃
かなりのアッパースイングの持ち主。スイングスピードの速さもトップクラス。こう聞くと典型的な一発屋を思い浮かべるが、実際は本塁打はそれ程多くなく打率もまずまず残せるバッター。ただ三振数は多く試合数くらい記録する。左投手に弱いのが特徴で、2006年はその傾向が顕著で打率/長打率-.133/.214という酷い成績に終わった。

●守備&走塁
デビュー当時はレフトとしてはかなり上手い部類だったが度重なる故障のせいでその能力も落ちてしまった。守備範囲の広さはライトとしては平均~平均よりやや上のレベルだが肩の強さは魅力的である。
早いわけでもなければ遅いわけでもない平均的なランナー。盗塁はほとんど期待できない。

●その他
上にも書いたように三振が多く2004年6月のエンジェルス戦では7打席で6三振を記録した。オールスター後に調子を上げてくるタイプの打者であるが、2006年は前半戦の不振から8月上旬にレギュラーを剥奪されその後予想通りに調子を上げてきた(9月以降は79打席ながらOPS1.264と大爆発)が出場機会に恵まれず不本意なシーズンとなってしまった。ケガが多いのが特徴でそのせいで伸び悩んだ感はある。

●2007年展望
ブリュワーズはジェンキンスの放出を画策している。年俸もそれほど高くない(2007年は700万ドル、2008年は900万ドルの球団オプションでこれを行使しない場合は50万ドルの違約金)ので2007年は違うチームでプレーする可能性が高い。2006年は不運な面もありパッとしない成績に終わったが、本来は打率/出塁率/長打率-.280/.360/.470くらいの実力はある。新たなチームでの復活劇を期待したい。

【2006/02/21 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-アンドリュー・ジョーンズ
ジョーンズミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投右打|||||||
年齢:29| 6|13|10| 8|10|12| 
2006成績|AVG .262|HR 41|RBI 129|OBP .363|SLG .531
チャンス2対左投手3 強振多用 ケガしにくさ4
盗塁3走塁3送球3  安定度2
引っ張り高め○初球○2ストライク×内野安打× 

●打撃
メジャーを代表するプルヒッター。高めの速球をレフト~センター方向へホームランにするのが得意。カーブやスライダーといった逃げていく変化球に弱くそのため確実性はあまりない。流し打ちをすることは滅多にない。また前を打つ打者に恵まれているため打点は多いもののチャンスではあまり打てていない。大家が苦手にしてる打者としても有名。

●守備&走塁
かつてはメジャーNo.1のセンターとまで言われたが、ここ数年は体重増加に伴い守備範囲もだいぶ落ちてきた。平均よりはまだまだ上のレベルだがゴールドグラブは名前で獲ってる感があるのは否定できない。
最近はスピードを失ってきている。盗塁も三塁打も大きく減少している。打席から飛び出すのに時間がかかるためか併殺打が多い。

●その他
若干19歳で出場した1996年ワールドシリーズで初打席からいきなり2打席連続ホームランを記録して一躍その名を全米に轟かせた。当時から外野守備力はずば抜けておりレギュラー定着を果たした1998年には早速ゴールドグラブを獲得。また故障に強い選手でレギュラー定着後9年間で平均158試合に出場している。

●2007年展望
2007年オフにFA権を取得する予定でブレーブスの財政状況を考えるとFA市場に出る可能性は極めて高い。1歳だけ若いが攻守の両面で能力の劣るウェルズが7年1億2600万ドルの契約を手に入れたので、当然アンドリューはそれ以上の契約を求めると予想されている。

【2006/02/20 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-バーノン・ウェルズ
ウェルズミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投右打|||||||
年齢:28| 9|10| 8|10|10|10| 
2006成績|AVG .302|HR 32|RBI 106|OBP .357|SLG .542
チャンス3対左投手3  積極打法ケガしにくさ3
盗塁3走塁3送球3  安定度3
固め打ち     

●打撃
積極的に打っていくバッターで2003年のリーグトップを始め2002年のレギュラー定着後、打席あたりの球数の少なさでは毎年リーグトップ10入りを果たしている。そのため四球は年平均50個程度といったところでワンランク上のバッターになるには忍耐力がもう少し欲しい。固め打ちが多いのが特徴で2006年は4安打が4試合、2本塁打が5試合、3本塁打が1試合あった。

●守備&走塁
3年連続でゴールドグラブを獲得中だが実はセンターとしては平均レベル。
ぽっちゃりとしたルックスの割にはスピードがあって2006年にはキャリアハイとなる17盗塁をマーク、三塁打も5年で19本放っている。

●その他
ちょっとしたケガで1試合または数試合欠場することはあるが大きなケガは5年間で1度だけで健康面は特に問題なし。2003年には安打(215)、二塁打(49)、塁打(373)、長打(87)の4つの部門でリーグトップの数字をマーク。FAを1年後に控えた2006年オフに総額では史上6位となる7年1億2600万ドルの超大型契約でブルージェイズとの契約を2014年まで延長した。

●2007年展望
積極的な投資を続けるチームを地区優勝に導くため、巨額契約を正当化するため、打撃では2006年レベルの成績(打率/出塁率/長打率-.300/.360/.540)を、守備では2004年や2005年のような活躍をしたい。

●標準化した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
1999 Tor24 92 88 22 5 0 1 4 0 0 18 0 0 1 1 6 .254 .284 .340 .624
2000 Tor3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2001 Tor30 103 96 30 7 0 1 5 0 1 14 1 0 5 0 0 .310 .347 .419 .766
2002 Tor159 648 607 169 31 4 22 28 0 3 85 8 2 9 4 15 .278 .309 .452 .761
2003 Tor161 735 677 211 45 5 31 43 2 7 80 8 0 4 1 21 .312 .356 .531 .887
2004 Tor134 590 537 142 33 2 21 50 2 2 82 1 0 9 2 17 .264 .329 .452 .781
2005 Tor156 678 612 162 30 3 25 55 4 3 85 8 0 8 3 13 .265 .325 .448 .773
2006 Tor154 677 607 179 39 4 28 58 0 3 88 9 0 17 4 13 .294 .354 .512 .866

●契約
ブルージェイズ、5年1470万ドル
 2007年: 560万ドル
ブルージェイズ、7年1億2600万ドル
 契約金:2550万ドル
 2008年: 50万ドル
 2009年: 150万ドル
 2010年:1250万ドル
 2011年:2300万ドル
 2012年:2100万ドル
 2013年:2100万ドル
 2014年:2100万ドル

【2006/02/19 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-デレク・ジーター
ジーターミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投右打|||||||
年齢:32|13| 8|11|12|12|11| 
2006成績|AVG .343|HR 14|RBI 97|OBP .417|SLG .483
チャンス3対左投手3   ケガしにくさ4
盗塁4走塁5送球3  安定度3
先頭打者○状況判断○流し打ちバント○  

●打撃
インサイドアウトと言えばジーターの名前が思い浮かぶほどコンパクトなスイングをする。ゴロが多いのが特徴で2006年はゴロフライ率(フライ1本に対してゴロを何本打つか示すデータ)でメジャートップの3.42を記録した。

●守備&走塁
数年前までは守備範囲の広さに致命的な問題を抱えていたがここ2~3年の間にそれもだいぶ改善された。現在では平均以上のショートストップと言える。
2006年にはキャリアハイとなる34盗塁をマーク。メジャー昇格当初は盗塁失敗も目立ったが2000年以降は盗塁成功率85%という高水準を誇る。ランナーに出た時のベースランニングの上手さはメジャー屈指と言われている。

●その他
スマートな(賢い)選手と言えば名前が挙がる選手。ヤンキースの生え抜きスターでその実力とルックスと抜群のスター性で全米で絶大な人気がある。レギュラー定着して11年、規定打席に到達しなかった事はない。

●2007年展望
32歳で迎える来シーズン、堅実なシーズンを送ってまた一歩殿堂入りに近づく事になるだろう。

【2006/02/18 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-ボビー・アブレイユ
アブレイユミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投左打|||||||
年齢:33|10| 9|14|12|11| 7| 
2006成績|AVG .297|HR 15|RBI 107|OBP .424|SLG .462
チャンス4対左投手3  慎重打法ケガしにくさ5
盗塁4走塁3送球3積極盗塁 安定度3
センター返し     

●打撃
センター返し中心の基本に忠実なバッティングをする。ホームランはヒットの延長という完全な中距離バッター。トップクラスの選球眼を持つだけでなく忍耐強さもトップクラスで早いカウントから打って出る事は少ない。その忍耐強さっぷりは近年さらに磨きをかけてきていて打席当たり球数では現在3年連続でメジャートップの座を維持している。その結果8年連続で100個以上のフォアボールを選んでいて、出塁率も.400を下回ったのはレギュラーに定着して9シーズンで1度しかない。それほど長打力があるわけではないのにこの四球数なので四球を選ぶ能力はメジャー1と言っても過言ではない。
かつては苦手だった左投手もミートに徹する事である程度は対応できるようになった。

●守備&走塁
強肩ではあるが打球の読みやキャッチング能力は平均以下で2005年のゴールドグラブは本人もビックリ。そして俺もビックリ。
滅茶苦茶俊足と言うわけではないが盗塁技術には長けていて最近3年間で83%という成功率を誇りながら101盗塁を記録している。塁に出てもなお相手チームにプレッシャーを与えられる選手である。

●その他
1999年以降、シーズン平均で158試合&693打席をマークしているタフネスガイ。

●2007年展望
超強力なヤンキース打線でも3番を打つ。前にデーモンとジーター、後ろにはA-RODとジアンビに松井にカノーにポサーダ、とフツーにやっていれば間違いなく100打点100得点はクリアできる。

【2006/02/17 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-ケニー・ロフトン
ロフトンミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
左投左打|||||||
年齢:39|11| 6| 9|11| 7| 8| 
2006成績|AVG .301|HR 3|RBI 41|OBP .360|SLG .403
チャンス3対左投手2 ミート多用 ケガしにくさ2
盗塁5走塁4送球3積極盗塁積極走塁安定度3
      

●打撃
2000年頃からやや長打狙いの傾向が見られ成績を落としたが、2003年のシーズン途中にカブスへ移籍してからは打率.309でホームランは120打数に1本と完全にミート中心のスタイルに戻っている。2006年はどういうわけか併殺打が激増、キャリアの2.5倍のペースで量産し自己ワーストの16個のダブルプレーに引っかかってしまった。

●守備&走塁
打球に対する読みも肩もイマイチ。スピードでカバーしたいがもうすぐ40歳ということでそのスピードも落ちてきた。といっても体調管理はばっちりでまだまだ速い方である。
そのスピードは当然走塁でも生かされ、むしろこっちがメインで2006年も32盗塁に12三塁打をマーク。38歳という年齢もそうだが三塁打が出にくいドジャースタジアムを本拠地としての記録だからなおさら驚かされる。盗塁成功率も高く通算でも80%をマークしている。通算600盗塁まであと1つ。

●その他
来期のレンジャーズを合わせると実に7年間で9チームに在籍する事になる典型的なジャーニーマン。1992年から1996年まで5年連続盗塁王に輝いた実績を持つ。近年は故障に悩まされ2006年の規定打席到達は3年ぶりのことだった。

●2007年展望
レンジャーズと1年600万ドルで契約、1番センターを任せられる予定。急激な衰えが無ければアメリクエスト効果もあり打率/盗塁/出塁率-.310/30/.370というラインを期待したい。

【2006/02/16 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-アレックス・ロドリゲス
ロドリゲスミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投右打|||||||
年齢:31|11|12|10|11|12| 7| 
2006成績|AVG .290|HR 35|RBI 121|OBP .392|SLG .523
チャンス3対左投手3   ケガしにくさ4
盗塁4走塁3送球2  安定度2
固め打ち初球○三振男   

●打撃
初球に滅法強くここ2年間の初球を打ったときの成績は打率.386、長打率.829という驚異的な成績を残している。その反面2ストライクに追い込まれると弱く三振も多い。打撃スイングは独特で上から叩きつけボールに激しいバックスピンをかけている。そのおかげで平凡な外野フライかと思った打球がセンターバックスクリーンへ消えていくシーンはしばしば見られる。

●守備&走塁
マリナーズやレンジャーズにいた時に守っていたショートではそこそこ上手い部類に入っていたが、ヤンキース移籍と同時にサードにコンバートされてからは経験不足もあり平均レベルに成り下がった。そして、三塁手3年目となる2006年はエラーを連発。失策数、守備率、レンジファクターRF、ゾーンレイティングZRでいずれもリーグワーストとなってしまった。
1998年に46盗塁をマークした経験もあるが基本的には毎年15~20盗塁期待できる選手である。通算盗塁成功率80%と盗塁失敗も少なく、優れたベースランナーと言えよう。

●その他
メジャー最高年俸。2000年オフにレンジャーズと結んだ契約はなんと10年2億5200万ドル!!ただ給料が高いだけの選手でなく実力もメジャーナンバー1・・・と言いたいところだが2006年は自己最低のシーズンを送ってしまいその座もビミョーに。それでも打撃面ではOPS.914をマークしアリーグの三塁手では最も攻撃力を発揮した。
ファンやメディアからは可哀想なくらい過小評価されている。ヤンキースは嫌いだしA-ROD自体も特に好きというわけではないけど彼には頑張ってほしいと思う。

●2007年展望
現在31歳でまだまだ落ち込む年齢ではない。肉体的なものか精神的なものか不明だがとにかく守備力を改善したい。ここ3年で1回しか達成していない40本塁打オーバーも期待したい。

【2006/02/15 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-エリック・チャベス
チャベスミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投左打|||||||
年齢:29| 6|10|11| 9|12|13| 
2006成績|AVG .241|HR 22|RBI 72|OBP .351|SLG .435
チャンス2対左投手1   ケガしにくさ3
盗塁3走塁3送球3  安定度3
内角×     

●打撃
ここ数年選球眼は良くなってきているものの長打力はやや下降気味、打率の方はさらに深刻で2006年はリーグワースト2位の.241しか残せなかった。右投手のスピードを殺した球をホームランにするのが得意。左投手には滅法弱く2006年は.197という低打率に終わった。真ん中から外角の球に対してはセンター方向へ大きな当たりを打てるが内角の速球に弱点を抱える。

●守備&走塁
2001年以来6年連続でゴールドグラブを獲得してるように守備ではトップクラスの実力を誇る。スタイリッシュな感じではないが打球に対する反応が素晴らしく守備範囲はかなり広く、リリースも素早い。
あんまり注目してみた事がないのでよくわからないけど、意外とスピードもあるとか。アスレチックスにいる限り積極的に盗塁を試みる事はないだろうが。

●その他
緊縮財政を強いられてるアスレチックスが唯一人長期契約を結んだチームの柱だが、当初の期待からするとやや伸び悩んでる感がある。特に打撃面ではここ2年間大きく成績を落としてしまっている。また意外なことにオールスターに選ばれた事はない。

●2007年展望
契約は2010年まで残っておりチーム的にも大きな動きはなく環境的には大きな変化は無い。守備での貢献度は大きいとはいえ打撃成績は低調なので、来年は打率/出塁率/長打率-.270/.360/.500くらいの成績を残してオールスター初出場を果たしたい。

【2006/02/14 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(2) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-トッド・ヘルトン
ヘルトンミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
左投左打|||||||
年齢:33|11|10|12| 6| 8|10| 
2006成績|AVG .302|HR 15|RBI 81|OBP .404|SLG .476
チャンス3対左投手2   ケガしにくさ3
盗塁3走塁3送球3  安定度3
      

●打撃
2004年まではリーグ有数の強打者だったが2年続けて大きく成績を落とした。ここ2年間の敬遠四球37個全てが右投手によるものというデータもヘルトンに以前のような怖さが無い事を物語っている。現にこの2年で左投手から打ったホームランは2本しかない。この長打力の衰えは顕著で、以前は逆方向にも本塁打が打てるバッターだったが2006年は15本中13本がライトへ引っ張って打ったホームランでもはやレフトフェンス超えを期待するのは難しい。

●守備&走塁
打撃同様守備でも衰えが見られ、ゴールドグラブを2年続けて逃してしまったのも頷ける。可能性が無いわけでないが復活は厳しそうだ。
スピードに欠け走塁面での活躍はあまり期待できない。

●その他
2001年のスプリングトレーニング時に結んだ2003年から2011年までの総額1億4150万ドルの9年契約のうち残るは5年9010万ドル。いくら年俸が上昇傾向にあるとは言え、現段階のヘルトンの状況を考えるとロッキーズが幾分か負担しない限り引き取るチームは無いだろう。

●2007年展望
クアーズフィールド効果を取り除くと2006年の成績は打率/出塁率/長打率-.287/.389/.455。貰う年俸を考えてもこのままでは終われない。打者天国クアーズを本拠地とする限り最低でもOPSでリーグトップ10に入るくらいの活躍はしてほしいものだ。

●標準化した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
1997 Col35 101 93 24 2 1 5 8 0 0 12 0 0 0 1 1 .256 .314 .454 .768
1998 Col152 595 532 153 38 1 23 51 5 6 57 5 1 3 3 16 .288 .353 .489 .843
1999 Col159 656 586 163 37 4 25 60 5 6 84 4 0 7 6 14 .277 .348 .479 .827
2000 Col160 697 596 195 56 2 30 87 19 4 64 10 0 5 3 12 .328 .411 .577 .988
2001 Col159 696 591 181 50 2 38 94 14 5 102 5 1 7 5 14 .305 .402 .589 .991
2002 Col156 667 560 171 37 3 25 92 20 5 94 10 0 5 1 10 .306 .402 .518 .920
2003 Col160 703 584 200 47 3 29 110 21 2 75 7 0 0 4 19 .342 .443 .580 1.023
2004 Col154 683 559 178 44 2 29 115 17 3 76 6 0 3 0 12 .319 .434 .558 .992
2005 Col144 626 509 151 42 2 21 106 22 9 84 1 1 3 0 14 .297 .425 .508 .933
2006 Col145 649 550 156 39 4 14 87 14 6 66 6 0 3 2 10 .283 .383 .443 .826

●契約
 ロッキーズ、9年1億1450万ドル
 2007年:1660万ドル
 2008年:1660万ドル
 2009年:1660万ドル
 2010年:1660万ドル
 2011年:1910万ドル
 2012年:球団オプション2300万ドル(違約金460万ドル)

【2006/02/13 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-城島健司
城島ミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投右打|||||||
年齢:30|10| 9| 5| 7|10| 9| 
2006成績|AVG .291|HR 18|RBI 76|OBP .332|SLG .451
チャンス3対左投手3  積極打法ケガしにくさ3
盗塁3走塁3送球3  安定度3
引っ張り     

●打撃
メジャーデビュー戦となる開幕戦でコロンからライトスタンドにホームランを放ったがライト方向へのホームランはそれだけで基本的には引っ張り中心の打者。また積極的な打撃が持ち味で四球で出塁する能力に欠けている。ヤマを張るタイプのバッターでどんな球種であれ勘が当たれば高い確率でヒットにすることができる。

●守備&走塁
リードを熱心に考えているようだが評判はピッチャーによって大きく違うようだ。盗塁を阻止する能力は平均程度だったが、パスボールがやや目立った。2006年は捕手としてジェイソン・ケンドールに次いでメジャーで2番目に多いイニング出場した。
走塁は城島の野球の中でそれほど重要ではない。

●2007年展望
マークがきつくなると予想される2年目のシーズン。実際、日本人野手の中で2年目に成績を上げたのは松井秀だけで後の選手-イチロー、松井稼、井口、新庄-は度合は異なるものの成績を落としている。年俸も年平均550万ドルとそれほど高くないので今シーズン同様の成績を残せたら十分合格だと言える。

【2006/02/12 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-井口資仁
井口ミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投右打|||||||
年齢:32| 9| 7| 9|10| 7| 7| 
2006成績|AVG .281|HR 18|RBI 67|OBP .352|SLG .422
チャンス3対左投手3   ケガしにくさ3
盗塁3走塁3送球3  安定度3
広角打法流し打ちバント○高め○  

●打撃
ヒットの方向別ではライト方向が最も多いように流し打ちが得意。長打力のある選手ではないがホームランも全方向に均等に打てる。高めの球は上手く打つが低めの球に弱い。球種別ではストレートやチェンジアップには対応できるがカーブ、スライダーといった横の変化がある変化球に対して弱点を抱えている。

●守備&走塁
エラーは多くないもののダブルプレーを完成させるのはうまくない。イメージはともかく守備データは芳しくなくBaseball Prospectusによると1シーズンで平均的な二塁手に比べて15点程失点してるらしい。
日本では盗塁王になった経験があるがメジャーでは2年続けて盗塁の数は10台。

●2007年展望
メジャーに来て2年間、ほぼ同じような成績残した。来シーズンも同様の成績が予想される。

【2006/02/11 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-エイドリアン・ベルトレー
ベルトレーミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投右打|||||||
年齢:27| 9|10| 6|10|13|11| 
2006成績|AVG .268|HR 25|RBI 89|OBP .328|SLG .465
チャンス3対左投手3 強振多用 ケガしにくさ3
盗塁3走塁3送球3  安定度3
広角打法後半戦○    

●打撃
常にフルスイング。スイング自体は鋭いが当然のようにタイミングが合わず凡打の山を築く。という俺にとっては実に親近感の沸く選手ww逆方向へ本塁打を打つパワーもある。外角に逃げる変化球にはクルクル回る。

●守備&走塁
かなりの強肩の持ち主で守備範囲も広い。打撃では期待はずれも守備ではチームに貢献している。
2006年、終わってみれば11盗塁だったがチーム最初の39試合で9回盗塁を試み全て成功。膝への負担を減らすためにスリムになりそれがスピードアップにもつながった。

●その他
FA前の2004年だけリーグ4位の打率.334、同トップの48本塁打、同4位の121打点と大爆発。もともと潜在能力は高いと言われていて、そのオフにはこのシーズンをマグレではなく実力と見誤ったマリナーズと5年6400万ドルで契約。2005年以降は元のベルトレーに戻ってしまった。通算で.096、2006年にいたっては.182もOPSがオールスター前後で違っていて後半戦に強いのが特徴である。

●2007年展望
2005年の不振に続き、2006年も5月終了時点で打率/本塁打/長打率/-.230/2HR/.300と目を当てられないような酷い成績だったが、6月以降は打率/本塁打/長打率-.286/25HR/.543と持ち直し2007年に期待を持たせる数字を残した。打率/本塁打/打点-.280/30HR/100RBIぐらいを期待したい。これくらい打てば守備力は高いので、今オフの年俸高騰を考えるとまずまず許せるコストパフォーマンスとなる。

【2006/02/10 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-ティム・ハドソン
ハドソンスピード|制球力|スタミナ|守備力|
スライダー 
 シンカー
SFFチェンジアップ
右投右打|||||
年齢:31|150| 8|12|10|
2006成績|G 35|IP 218.0|AVG .273|BB 79|SO 141|ERA 4.86
対ピンチ3対左打者2対ランナー3打たれ強さ3 ケガしにくさ4
ノビ3キレ3クイック2回復3 安定度3
ムービング闘志    

●投球
ツーシームファストボール、シンカー、スライダーを徹底して低めに投げ込みゴロの山を築く。ゴロ/フライ比率は毎年安定して2.0を超えている。ここ数年指摘されていた球威の衰えに加え、今年はコントロールにも苦しみ、打者有利のカウントから度々長打を食らっている。また各チームの主力打者に対して強気に攻めた結果、ホームランを浴びせられる機会も目立った。以前に比べて実力が落ちてるのは明らかなので攻め方についてもう考え直した方がいいかもしれない。

●守備
メジャー昇格して最初の3年間弱点だった盗塁対策は克服したように思えたが、ここにきて再び盗塁を許す機会が増えてきた。バント処理、ピッチャーゴロの処理などは問題ない。

●その他
2006年は開幕から不安定な投球が続き、防御率、勝率、負け数などほとんどの数字で自己ワーストを更新。もはやアスレチックス時代の面影はない。しかし、まだ31歳。老け込む年ではないはず。

【2006/02/09 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-A.J.バーネット
バーネットスピード|制球力|スタミナ|守備力|
スライダー 
Kカーブ 
チェンジアップ
右投右打|||||
年齢:29|161| 6|10| 6|
2006成績|G 21|IP 135.2|AVG .264|BB 39|SO 118|ERA 3.98
対ピンチ3対左打者3対ランナー2打たれ強さ2 ケガしにくさ2
ノビ2キレ4クイック2回復3 安定度2
ムービング奪三振    

●投球
100マイルを記録することもある速球と非常にキレのいいナックルカーブが持ち味。最近はストライクゾーン低めに微妙に沈むファストボールを投げゴロを打たせることが多く、2005年からゴロ/フライ比率が急上昇。2006年も2005年程ではなかったが依然この傾向は続いており、現在ではリーグ有数のグラウンドボールピッチャーだと言える。これに伴い併殺打に打ち取るケースも増えた。三振を奪う時の決め球はナックルカーブ、切れ味抜群で変化も大きいのでストライクゾーンを大きく外れていても空振りを取れる。このボールがあるために2ストライク後に被打率は極めて低い。
移籍1年目の2006年は135.2イニングで被本塁打14と特筆すべき数字ではないが、マーリンズ時代は本拠地が広いこともあって被本塁打が少ないのが特徴だった。四球数は年々減ってきており以前に比べたらコントロールは改善されてるようだ。とはいえ打者有利のカウントでは甘くなった速球を狙い打ちされるケースが多い。細かいコントロールはまだまだのようだ。

●守備
投球モーションが大きいため簡単に盗塁を許してしまう。最近3年間で73試合に先発し71回も盗塁を試みられそのうち56回盗塁を成功させられている。また、投げ終わったら一塁方向に体が傾いてしまうので、守備動作に入るのが少し遅れる。

●その他
2003年にトミー・ジョン手術を経験。2006年序盤には右肘のケガで2度故障者リスト入り。ローテーションに定着して以来、規定投球回に到達したのは3シーズンだけ。健康に問題を抱えている。
また、メンタル面の弱さが指摘されてるように得点圏での成績が悪く、被打率、被出塁率、被長打率がトップクラスの割りには防御率は悪い。持ち球のレベルは非常に高いだけにこの点を克服できれば大幅な成績アップが期待できるはず。

【2006/02/08 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-イチロー
イチローミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投左打|||||||
年齢:33|13| 6| 6|14|14|15| 
2006成績|AVG .322|HR 9|RBI 49|OBP .370|SLG .416
チャンス2対左投手5 ミート多用 ケガしにくさ4
盗塁5走塁4送球4 慎重走塁安定度3
粘り打ち内野安打○バント○   

●打撃
通算打率は.331で現役選手トップ。どんな球種に対しても安定した高打率を残すことが出来る。ゴロを打つことが多く内野安打の本数は毎年トップクラス。また左方向へのヒットが多いのも特徴だ。本塁打は60~70打数に1本しか期待できず、メジャーリーグのレギュラー選手ではイチローよりパワーの無い選手を探すのが難しいほどだ。徐々に早打ちではなくなってきてるものの依然として四球で出塁する能力は低く、安打数は多いが出塁率は大したことない。OPSは2年続けて.800を下回っており攻撃力は一流とは言えない。

●守備&走塁
守備範囲、状況判断、肩の強さ、送球の正確さ、どれをとってもメジャートップクラス、総合的な守備力は現役外野手ではトップだろう。今シーズン途中から移ったセンターでも抜群の身体能力を生かし無難にこなした。今後数年もゴールドグラブを獲得し続けるだろう。また、選手間投票では最も肩の強い外野手に選ばれた。
スピードに関しても守備同様メジャートップクラス。打席から一塁へ到達するスピードではナンバー1だ。平凡な内野ゴロでさえヒットにしてしまうこともあり、相手チームの内野手にとっては脅威となる。ただ、内野安打の数はやや減少傾向にありスピードの低下を指摘する声も。盗塁にも長けており、現在アリーグの連続盗塁成功記録を更新中。

●その他
ケガを避けるためだろう、ホームでのクロスプレー、併殺崩しのためのスライディング、ダイビングキャッチなど危険なプレーを避ける傾向にある。その甲斐あってかメジャー移籍後は大きなケガはない。

【2006/02/07 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-ケン・グリフィー
グリフィーミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
左投左打|||||||
年齢:37| 7|11| 7| 5| 6| 6| 
2006成績|AVG .252|HR 27|RBI 72|OBP .316|SLG .486
チャンス3対左投手2   ケガしにくさ1
盗塁3走塁3送球3慎重盗塁 安定度3
      

●打撃
未だに長打力だけは期待できる。2005年は打率3割をマークしたが、内角高めの速球や外角低めのスピードを殺したボールに弱く基本的に打率は期待できない。高めの釣り球に手を出す事も多く選球眼は良くない。2006年に至っては.316という低い出塁率に終わってしまった。本拠地はかなり打者有利なので実力は差し引いて考えるべき。

●守備&走塁
かつての名手も今ではセンターを守れる能力は無い。守備範囲の狭さは致命的で、数多くのポテンヒットを生んでいる。
下半身の故障でここ数年はスピードを失っていて、今シーズンは大幅な体重増加のせいでさらに遅くなった。

●その他
ここ6年間で規定打席に到達したのはたったの1シーズン、シーズン平均92試合にしか出場できていない。また、レッズに移籍してから故障しなかったシーズンは1シーズンもない。ここ数年は明らかに太りすぎで、故障のリスクを減らすためにもスピード回復のためにももっと体重を減らす必要あり。

●2007年展望
レッズとの契約も残り2年。センターとしてやっていくのは不可能なのでそろそろDH制のあるアリーグに移籍するべきだが年俸が高くなかなか引き取るチームが無い。守備での失点をカバーするためにも2005年のような打撃復活を期待したい。

●標準化した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
1989 Sea127 506 452 120 25 0 21 47 9 2 93 4 1 16 7 4 .265 .335 .462 .796
1990 Sea155 666 602 189 31 7 32 58 11 2 91 4 0 16 11 12 .313 .373 .546 .919
1991 Sea154 633 547 185 47 1 27 72 21 1 85 9 4 18 6 10 .338 .410 .575 .985
1992 Sea142 617 565 177 39 5 37 44 15 5 74 3 0 10 5 14 .313 .366 .597 .964
1993 Sea156 691 591 187 40 4 58 87 23 6 94 7 0 17 9 14 .317 .405 .689 1.094
1994 Sea111 493 441 142 22 4 40 48 16 2 72 2 0 11 3 8 .322 .389 .657 1.046
1995 Sea72 314 267 69 7 0 17 45 5 0 52 2 0 4 2 4 .256 .360 .474 .835
1996 Sea140 638 552 164 26 2 45 71 12 7 102 7 1 16 1 7 .298 .380 .596 .976
1997 Sea157 704 615 186 34 4 56 69 21 8 111 12 0 15 4 12 .302 .373 .641 1.014
1998 Sea161 720 640 180 32 4 57 69 10 7 116 4 0 20 5 14 .282 .356 .609 .965
1999 Sea160 706 613 169 25 4 44 84 16 7 108 2 0 24 7 8 .276 .369 .545 .914
2000 Cin145 631 535 138 21 3 35 79 14 9 120 8 0 6 4 7 .258 .358 .507 .865
2001 Cin111 417 365 104 19 3 20 43 6 4 69 4 1 2 0 8 .285 .362 .516 .879
2002 Cin70 232 200 52 7 0 7 25 5 3 39 4 0 1 2 6 .258 .345 .404 .748
2003 Cin53 201 166 41 12 2 12 27 5 6 43 1 1 1 0 3 .247 .369 .549 .918
2004 Cin83 348 300 79 19 0 18 44 3 2 65 2 0 1 0 8 .263 .359 .509 .868
2005 Cin128 555 490 145 27 0 33 55 3 3 94 7 0 0 1 9 .295 .365 .552 .916
2006 Cin109 472 430 105 19 0 23 37 6 2 74 3 0 0 0 13 .245 .305 .449 .754

●契約
 レッズ、9年1億1650万ドル
 2007年:1250万ドル
 2008年:1250万ドル
 2009年:球団オプション(違約金400万ドル)

【2006/02/06 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-マイク・キャメロン
キャメロンミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投右打|||||||
年齢:33| 7|10|10|12| 8|13| 
2006成績|AVG .268|HR 22|RBI 83|OBP .355|SLG .482
チャンス3対左投手3   ケガしにくさ2
盗塁4走塁3送球3 積極走塁安定度3
初球○高め○守備職人三振男  

●打撃
2002年に三振でリーグトップだったように三振が多く、通算打率は.251と確実性が弱点なのは間違いない。しかし、30本塁打の経験もあるように長打力はまずまずでシーズンを通して20本塁打は期待できる。ストライク球を空振りする事が多い反面、ボール球に手を出すことは少なく選球眼はなかなか良い。高めの球を長打にするのが得意である。
マリナーズ、メッツ、パドレスと本拠地がかなり投手有利なチームばかりに在籍してる事実を考慮すれば、総合的な攻撃力はセンターとしては十分。

●守備&走塁
全盛期に比べてやや落ちたとはいえ、守備力こそキャメロンの武器だ。たまに凡ミスがあるのがマイナスポイントだが、守備範囲の広さはトップクラス。特に後方へ飛んだ打球に対する追い方が素晴らしい。今シーズン3年ぶり3度目のゴールドグラブ賞を受賞。
通算254盗塁、今シーズンも25盗塁と塁上でもチームに貢献できる。三塁打も今シーズン自己最多の9本を記録しており、加速、トップスピードともに文句なし。

●その他
弱点になるほどではないにしろ、ハッスルプレーが多い影響かややケガが多い。現在33歳ともう若くはないが衰えはそれほど見られないので今後数年は守備力のあるセンターとしてやっていけるはず。上記のように打者不利の本拠地を持つチームにばかり在籍しているせいで打撃はやや過小評価されている。2006年のパークファクターを加味したOPS.864という数字はヘルトンとガルシアパーラをも上回っている。

●2007年展望
パドレスは650万ドルのオプション契約を当然のように行使。2007年オフにFAとなる予定だがとりあえず1年はパドレス残留が決定した。今オフの年俸高騰ぶりを考えるとマシューズやピエーレより遥かに実力のあるキャメロンは相当な大型契約を手にすることになるだろう。

●標準化した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
1995 CWS28 44 38 7 2 0 1 3 0 0 16 0 3 0 0 0 .185 .239 .334 .572
1996 CWS11 12 11 1 0 0 0 1 0 0 3 0 0 0 1 0 .090 .158 .090 .248
1997 CWS116 446 381 99 18 3 15 53 1 5 101 5 2 23 2 8 .260 .354 .444 .798
1998 CWS141 443 397 81 16 5 8 36 0 6 104 3 1 27 11 6 .205 .279 .333 .611
1999 Cin146 636 554 140 34 10 19 68 2 6 146 3 5 38 12 4 .254 .340 .454 .795
2000 Sea155 643 554 153 31 6 20 67 0 9 127 6 7 24 7 10 .276 .360 .459 .819
2001 Sea150 633 536 148 31 7 27 73 3 10 150 13 1 34 5 13 .277 .366 .509 .875
2002 Sea158 640 548 136 28 5 28 76 3 7 168 5 4 31 8 8 .248 .345 .469 .814
2003 Sea147 612 533 139 36 4 18 71 1 5 140 2 1 17 7 13 .261 .352 .444 .796
2004 NYM140 562 495 113 30 1 32 55 2 8 140 3 1 22 6 5 .228 .314 .487 .801
2005 NYM76 343 308 84 23 2 13 29 0 4 85 1 1 13 1 5 .272 .340 .491 .831
2006 SD141 634 554 153 37 7 21 69 2 6 132 5 0 25 9 8 .276 .359 .484 .842

●契約
 メッツ、3年1950万ドル
 2007年:球団オプション700万ドル(違約金50万ドル)

【2006/02/05 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-ショーン・グリーン
グリーンミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
左投左打|||||||
年齢:34| 8| 8| 8| 8| 9| 7| 
2006成績|AVG .277|HR 15|RBI 66|OBP .344|SLG .432
チャンス2対左投手3   ケガしにくさ4
盗塁3走塁3送球3  安定度3
      

●打撃
年齢と共に長打力は大きく低下、今シーズンはレギュラー定着以降ワーストの15本塁打に終わってしまった。打率はフツーレベルで.275くらいは計算できる。選球眼は平均かやや平均を下回る程度。
パワーヒッターだった頃に比べてスイングスピードに衰えが目立ち、かつては引っ張ってホームランにしていた内角の球に対応できなくなっている。それに伴い流し打ちは増加傾向にある。走力を生かす打撃をするわけではないのにゴロが極端に多くそのせいで併殺打の数が多い。

●守備&走塁
現在は外野手としては平均レベル。肩の強さは依然平均をやや上回るが、かつては平均よりやや上だった守備範囲は年齢とともに衰え今では平均以下と言わざるを得ない。2004年にはファーストの守備も堅実にこなした。スピードに関してもも現在は平均レベルといったところ。

●その他
とにかく故障が少ない。1998年にレギュラーに定着してから昨年まで6試合以上欠場したのは1999年だけだった。今年は149試合の出場にとどまったがこれはケガの為ではなく、単にスタメン出場できなかっただけ。

●2007年展望
センターのベルトランは不動だがレフトのアルーは故障持ちで実質的に外野のポジションは1.5個分くらい空いてると言えるので何とかレギュラーとしてやっていけそう。

●標準化した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
1993 Tor3 6 6 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1994 Tor14 34 33 3 1 0 0 1 0 0 8 0 0 1 0 1 .091 .116 .124 .240
1995 Tor121 405 381 111 32 4 15 18 3 3 66 3 0 1 2 4 .292 .326 .512 .838
1996 Tor132 465 425 114 30 3 10 30 3 8 73 2 0 5 1 7 .268 .326 .424 .750
1997 Tor135 471 431 124 23 4 18 34 4 1 97 4 1 14 3 4 .288 .339 .483 .822
1998 Tor158 689 632 177 31 5 36 48 2 5 138 3 1 35 12 6 .280 .334 .515 .849
1999 Tor153 696 619 186 42 0 42 61 4 11 121 5 0 20 7 12 .300 .371 .573 .944
2000 LAD162 714 621 172 50 4 22 79 8 8 115 6 0 24 5 17 .276 .362 .476 .838
2001 LAD161 701 624 192 33 4 47 67 9 5 98 5 0 20 4 10 .307 .376 .601 .977
2002 LAD158 685 591 177 37 1 44 84 20 5 108 5 0 8 5 27 .299 .388 .589 .977
2003 LAD160 691 611 176 51 3 17 68 2 6 105 6 0 6 2 18 .288 .362 .463 .825
2004 LAD157 671 588 158 31 1 26 73 6 8 109 2 0 5 2 17 .268 .355 .459 .814
2005 Ari158 656 583 164 35 3 23 60 6 5 96 8 0 8 4 18 .281 .349 .468 .817
2006 Ari115 462 419 112 20 2 9 35 4 6 64 2 0 4 4 9 .268 .332 .392 .724
2006 NYM34 126 113 30 9 0 4 8 1 4 17 1 0 0 0 8 .261 .328 .445 .772
2006 ---149 588 532 142 29 2 13 43 5 10 81 3 0 4 4 17 .266 .331 .403 .734

●契約
ダイヤモンドバックス、3年3200万ドル
 契約金:700万ドル
 2007年:950万ドル
 2008年:相互オプション1000万ドル(違約金200万ドル)

【2006/02/04 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-アルフォンソ・ソリアーノ
ソリアーノミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投右打|||||||
年齢:30| 8|12| 6|13| 8| 7| 
2006成績|AVG .277|HR 46|RBI 95|OBP .351|SLG .560
チャンス2対左投手3 強振多用 ケガしにくさ3
盗塁3走塁3送球3積極盗塁 安定度3
初球○三振男    

●打撃
メジャーリーガーとしては小柄ながらも大きな体重移動と長くて重いバットでホームランを量産。その反面ボール球に手を出す事も多く、特に右ピッチャーのカーブやスライダーといった逃げる系の変化球に弱い。狙い球を絞れる打者有利のカウント時にはとてつもない好成績を残すが、追い込まれた時の成績は酷いの一言。
レギュラーに定着した2001年以降全打球におけるフライの割合が毎年上昇、今やメジャー屈指のフライボールヒッターになった。パワーを発揮するのはボールを引っ張ったときでホームランのほとんどがレフト方向に打ったものである。
パワーはあるが選球眼が悪く出塁率は良くないので1番打者にはあまり向いてない。中軸に据えようにも勝負弱いところがあり、使い勝手の難しい選手でもある。

●守備&走塁
2006年から外野手に転向。当初は経験不足もありミスを連発したがシーズンが経過するにつれ改善、終わってみれば相手走者が挑戦的な走塁をしたこともあり外野手ではメジャートップの22捕殺を記録。
レギュラー定着後6年間で208盗塁の俊足の持ち主。2006年には40本塁打40盗塁を狙ったためかオールスター後に盗塁死が目立ったものの自身3度目の40盗塁以上となる41盗塁をマーク。シーズン30盗塁は確実に計算できる。

●2007年展望
大型補強を行い巻き返しを図るカブスでは1番打者を任せられる予定。ポジションはレフトかセンターを守ることになる。2006年はやや出来過ぎの感があるも本拠地が打者不利のRFKスタジアムから本塁打の出やすいリグレーフィールドになるのはプラス。現実的な予想としては打率.270~.280、40~45本塁打といったところ。

●標準化した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
1999 NYY9 8 8 1 0 0 1 0 0 0 3 0 0 0 1 0 .127 .127 .511 .638
2000 NYY22 53 50 9 3 0 2 1 0 0 15 0 2 2 0 0 .174 .189 .336 .525
2001 NYY158 614 573 156 34 4 16 30 0 3 124 5 3 43 14 7 .272 .309 .428 .737
2002 NYY156 741 695 216 53 2 38 24 1 14 150 7 1 41 13 8 .311 .344 .558 .902
2003 NYY156 734 679 200 39 6 39 41 8 12 132 2 0 35 8 8 .295 .345 .540 .884
2004 Tex145 658 607 163 31 3 26 34 4 10 123 7 0 18 5 7 .269 .315 .461 .776
2005 Tex156 682 633 167 43 2 33 37 3 7 131 5 0 30 2 6 .264 .309 .493 .803
2006 Was159 728 645 179 42 1 47 69 17 9 157 3 2 41 17 3 .278 .355 .567 .922

●契約
カブス、8年13600万ドル
 契約金: 800万ドル
 2007年: 900万ドル
 2008年:1300万ドル
 2009年:1600万ドル
 2010年:1800万ドル
 2011年:1800万ドル
 2012年:1800万ドル
 2013年:1800万ドル
 2014年:1800万ドル

【2006/02/03 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-松井秀喜
松井ミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投左打|||||||
年齢:32|11|10|10| 7| 7| 6| 
2006成績|AVG .302|HR 8|RBI 29|OBP .393|SLG .494
チャンス3対左投手3   ケガしにくさ4
盗塁3走塁3送球3  安定度3
      

●打撃
日本でトップクラスだったパワーはメジャーリーグにおいては平均よりやや上と言ったレベル。アベレージ、選球眼においても同じことが言えるバランスの取れた打者である。ゴロフライ比率、打席あたりの球数など色んなデータをみても特に目立つところは無い。打点の多さはチャンスで強いというよりヤンキースで主に5,6番を打ってることによるもの。

●守備&走塁
外野手としては平均以下。前に飛んだ打球は無難に処理できるも後方に飛ぶ打球に対する処理に問題を抱えている。肩も強いとは言えず送球の正確さもイマイチ。
体重増加に伴ってスピードダウンし今や平均以下の走者。

●その他
2006年は手首の骨折で長期離脱もそれまではメジャーデビューして以来連続試合出場を続けていた。メジャー移籍前も日本で連続試合出場を続けていて、本来は故障に強い選手である。

【2006/02/02 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(0) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

パワプロ風能力査定-J.D.ドリュー
タイトル通りパワプロ風に選手能力を分析してみました。打撃などの各分野に対しての簡単なコメントもあります。第1弾は2009年までのドジャースとの契約を破棄してFAになる道を選んだ我がJ.D.ドリューさん!!

ドリューミート|パワー|選球眼|走力|肩力|守力|守備位置
右投左打|||||||
年齢:31|10|11|13|10|10|11| 
2006成績|AVG .283|HR 20|RBI 100|OBP .393|SLG .498
チャンス3対左投手2  慎重打法ケガしにくさ1
盗塁3走塁4送球3  安定度3
内野安打     

●打撃
ドリューの打撃での優れた点は何と言っても選球眼。そしてもう一つの特筆すべき点はとにかく見逃し三振が多いこと。特に外角の際どいところを攻められようものならたとえ2ストライクに追い込まれていても平気で見逃すほどだ。この2つの理由から四球はかなり多い。四球攻めにされるほど長打力があるわけでもないので、純粋に四球を選ぶ能力はかなり高いと思われる。
もちろんただ四球を選ぶだけのバッターではなく確実性とパワーともに高いレベルにある。ややプルヒッターの傾向がありホームランのほとんどがライトスタンドに打ち込んだものだ。
そんな彼の弱点、それは左投手。ドジャース2年間での左投手に対する成績は打率.240、3本塁打と酷いものだった。ただ、そこは四球神ドリュー、多くの左バッターとは異なり左投手に対しても右投手と同じように高い割合で四球を選んでいる。
また、併殺打がかなり少ないのも特徴でトータルで完成度の高いバッターだと言えよう。

●守備&走塁
守備範囲はライトの中ではかなり上のレベル。ダイビングキャッチも上手い。主にライトを守っているがセンターも十分こなせるほどの守備力はある。肩は目立って強いとまではいかないが平均以上は確実にある。
ひざに爆弾を抱えてるためかここ2年は盗塁をほとんどしてないがスピード自体はまずまず。ベースランニングが上手いためか三塁打が多い。

●その他
とにかく怪我が多くメジャーに定着して8年間のうち規定打席に到達したのは2シーズンしかない。ただし健康ならMVP級の活躍・・・のはずだったが2006年は自己最多の146試合に出場しながらもパワー不足が目立ちその評価も確かなものではなくなってしまった。2006年オフにドジャースとの残り3年3300万ドルの契約を破棄するオプションを行使してFAに。レッドソックスと5年7000万ドルで契約間近。

●2007年展望
新加入のレッドソックスではオーティス、ラミレスに次ぐ5番を任される予定である程度試合に出場すれば2006年にマークした自己最高の100打点を突破するのは確実。

●標準化した打撃成績
YearTMGTPAABH2B3BHRBBIBHPSOSFSHSBCSDPAVGOBPSLGOPS
1998 StL14 41 36 15 3 1 5 4 0 0 10 1 0 0 0 4 .421 .464 .989 1.453
1999 StL104 430 374 89 17 8 12 44 0 6 80 3 3 19 3 4 .238 .325 .419 .744
2000 StL135 486 420 123 18 2 16 54 3 6 96 1 5 17 9 3 .294 .381 .456 .837
2001 StL109 443 378 122 19 5 25 54 4 4 69 4 3 13 3 6 .323 .410 .596 1.006
2002 StL135 496 430 112 19 1 19 51 4 8 99 4 3 8 2 4 .261 .348 .448 .796
2003 StL100 328 287 84 13 4 17 36 0 3 48 0 2 2 2 6 .292 .376 .534 .910
2004 Atl145 645 524 161 29 9 28 112 2 5 108 3 1 12 3 7 .307 .432 .557 .989
2005 LAD72 311 254 75 12 1 15 49 3 5 48 3 0 1 1 3 .295 .414 .532 .946
2006 LAD146 594 502 138 33 7 18 81 7 4 102 6 1 2 3 4 .274 .375 .472 .846

●契約
レッドソックス、5年7000万ドル
 契約金:
 2007年:
 2008年:
 2009年:
 2010年:
 2011年:

【2006/02/01 00:00】 Permalink | Edit | Trackback(1) | Comment(0) | パワプロ風査定
FC2ブログランキング  人気blogランキング にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。